名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ティム・コラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ティム・コラーのプロフィール

ティム・コラー。アメリカのコンサルタント。「マッキンゼー・アンド・カンパニー」ニューヨークオフィス・パートナー。シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。コンサルティングと、企業価値評価・資本市場に関する調査研究活動を行った。

ティム・コラーの名言 一覧

考え方次第では見える景色が変わる。過去30年の黄金期と比較すれば、今後の見通しはひどく悪く見えるだろう。しかし、比較の対象を過去百年に広げれば、さほど悪くは感じられないはずだ。かつてのノーマルな水準に戻るだけなのだから。


外資に対する規制のある中国やインドのような国・地域を除けば、個人投資家が海外で対象となる企業を発掘して投資することは、昔に比べてはるかに容易になっている。ホームバイアス(自国の金融資産にウェイトを置きすぎる傾向)から脱却して海外に分散投資できれば、より良いリターンを得られるだろう。


投資のリターンだけでなく、運用コスト(信託報酬や手数料などの諸経費)にも目を配ることが、運用難の状況においては一段と重要。


株価指数に連動するインデックス型の投信の中には、信託報酬が低いものがある。それでも実際に掛かっている運用コスト(信託報酬や手数料などの諸経費)を丹念に調べるべきだ。その結果、運用コストを引き下げることができれば、たとえ引き下げ幅がわずかでも長期的にはリターンが大きく変わってくる。


指摘しておきたいのは投資のコストにもっと注意を払うことだ。ファンド(投資信託)のマネジャーや投資アドバイザーに支払っている報酬の額にもっと敏感になった方がいい。購入した投信が市場平均を上回る運用成績を上げたとしても、リターンの多くが高い報酬の支払いに消えてしまっては元も子もない。


投資のリターンは、企業が上げる利益と金利の水準に大きく左右される。この点は変わらない。どんなに投資のツールが洗練されても、どんなに新しい金融派生商品が出てきても、投資家が市場平均を上回るのは概して難しい。


日本に限らず、どの国の個人投資家もグローバルに分散投資すべきだ。企業は既にそうなっている。グローバル化が進んでいる大企業にとって収益源となっている場所は本拠地ではなく、製品やサービスを提供している地域や、イノベーションを起こしている地域になっている。同じように個人投資家も、ローカルベース(自国単位)ではなくグローバルベースで、資産の運用益を上げていくことが求められる。


ティム・コラーの経歴・略歴

ティム・コラー。アメリカのコンサルタント。「マッキンゼー・アンド・カンパニー」ニューヨークオフィス・パートナー。シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。コンサルティングと、企業価値評価・資本市場に関する調査研究活動を行った。

他の記事も読んでみる

木暮太一

ワークとライフのバランスを取るのは、十分な地力をつけた後でいい。


水木しげる

私には驚く力が常人の十倍ぐらいありました。81歳を超えたいまでも、「フハッ!」と驚くことが1日に何度もあるのです。こうした能力は勉強しても伸びない。才能なんです。


鳥越淳司

「大企業出身者が地道な仕事をどこまでやれるか」という疑いを解くため、まず自分で豆腐を作れるように、深夜まで職人さんと修業した。
【覚書き|雪印を辞め、妻の実家の相模屋に入社した当時を振り返っての発言】


西川世一

あまりにも贈答文化の形だけが残り、本来の意図を失っているように思える。


鮎川義介

元来、生物だけが意識を持っていると思うのは人間の錯覚で、神は万物にそれを与えている。それを善用できるのは、愛のつながり以外にはない。金は金を愛する人を慕って集まるが、粗末に扱ったり、貧乏神にまつわられた人には近寄りつかない、たんに紛れ込んでもすぐ逃げていく。それは金に精があるからだ。


武田双雲

自分がどう思われるかばかりが先行している時は、うまくいかない。「どうだ!」という劣等感からくる変な強気は、全部空回りする。むしろ、「この人を元気づけたい。どうしたらいいかな?」と、好奇心を持って接するようにしたら、人が集まるようになっていった。つまり、こちらの心構えが変われば、相手も変わってくると知った。


福田健(話し方)

素直に自分から謝罪できる人は、謝ることで自分の価値が下がったり、傷つくことはないとわかっているから率先して気持ちよく謝ることができる。そして、それがまた評価につながっていくという好循環が生まれる。


西村和義

人を評価するにあたり、私は、「平等」「公平」な処遇が大事だと思います。誰にでも機会を均等に与えて、その能力によって仕事を創造することが大切。


鍵山秀三郎

私は、「平凡な人を非凡に育てましたね」と言われました。しかし、そうではありません。「平凡な人が平凡な仕事をしても成り立つ会社にした」だけなのです。だから、平凡な人が非凡な仕事をしたわけでもなく、平凡な人が非凡な人になったわけでもありません。経営者である私自身も非凡ではありません。ですから人に非凡なことは求めませんでした。自分だってそうではないのですから。平凡な人でも気を入れて、責任感を持ってふつうに仕事をしていたら、経営は成り立つものです。


笠倉健司

21世紀に入って、時代変化のスピードはさらに速くなっています。成功体験を積み重ねることで人は自分に自信を持てるわけですが、過去の成功体験が環境変化によって失敗の原因になることもあります。成功体験を大事にしつつも、ゼロベースで考える自由な発想法がますます大事になりつつあるのではないでしょうか。


出雲充

私の電子メールのメールボックスには、フォルダが一個しかありません。「受信トレイ」だけです。フォルダやフィルタを使って、相手によってフォルダを分けたり、「緊急」「あとでやる」「プライベート」といった細かい分類をしたりしている人もいますが、私の場合は優先順位をつけずに届いた順番に処理していきます。受信トレイがすべて既読になることを目指すのです。


蟹瀬誠一

決断力を身につけるトレーニングのために、たとえばレストランで注文するような小さなことでも、メニューを見てサッと決めるようにしていました。