名言DB

9413 人 / 110706 名言

ティム・オライリーの名言

twitter Facebook はてブ

ティム・オライリーのプロフィール

ティム・オライリー。アメリカの経営者。コンピューター関連メディア企業「オライリーメディア」設立者。アイルランド・コーク出身。ハーバード大学で西洋古典学を専攻。オライリーメディアを設立。フリーソフトウェア、オープンソース運動などを積極的に支援した。

ティム・オライリーの名言 一覧

作家の敵は著作権侵害ではなく、世に知られないでいることだ。


ティム・オライリーの経歴・略歴

ティム・オライリー。アメリカの経営者。コンピューター関連メディア企業「オライリーメディア」設立者。アイルランド・コーク出身。ハーバード大学で西洋古典学を専攻。オライリーメディアを設立。フリーソフトウェア、オープンソース運動などを積極的に支援した。

他の記事も読んでみる

宇佐美里香

ずっと世界一を目標に空手を続けてきたので、それを達成したときの感動はこの先二度と味わうことはないだろうと思えるものでした。選手としてやるべきことはやりきったという気持ちから、大会の翌年に引退を決めました。


小堺桂悦郎

経営というものは常に順風満帆というわけにはいかず、逆境で会社を支えるために、ときには泥水をすするようなこともしなければなりません。そのとき、トップに立つ人間に清濁併せ呑む度量がないと、従業員も心細いのではないでしょうか。


青野慶久

時間に余裕を持てるようになったのは、発想の転換をしたからです。「やるべき仕事を探す」のではなく、「やらなくていい仕事」を探すようにしたんです。


むらかみかずこ

文書を見せる・送るときに相手に好印象を与えるには、「手書きのひと言」を添えるのが効果的。今の時代、資料はパソコンで作るものですし、コミュニケーションツールも電話やメール、社内チャットなどがほとんど。だからこそ、手書きのメッセージによって、相手に強く印象づけることができるのです。すべての文書に手書きを添える必要はありませんが、目にとめて欲しいとき、より大事な資料として相手に認識して欲しいときなどは、手書きメッセージがあるとプラスアルファになります。


小島順彦

守るのではなく、競争力を付けるという発想が必要。


三喜俊典

失敗を恐れる気持ちは誰にでもあるでしょう。私も若いころはとくにそうでした。ただ、若い時代に失敗することなしに、いいビジネスマンになることはできない。これを否定する経営者はいないはずです。


藤野英人

フェイスブックでは自分のコメント欄をオープンにしていて、基本的には誰でも書き放題になっています。その時自分が関心を持っている問題について問いを投げかければ、コメント欄から多くの意見を得ることができます。コメントの内容が公序良俗にあまりにも反していた場合には削除することはありますが、ひとつひとつのコメントに対する反論はしません。SNSでの発信は多くの人々の意見を聞くためのものであって、自分の意見を通すためのものではないからです。


伊集院静

私は「人の行く裏に道あり、花の山」という相場師の言葉が好きだ。全員が「安全だ」と向かっている方向には、絶対に間違いがある。


北方謙三

水滸伝を書こうとしたのは、人が志を持って生きるとはどういうことなのかに尽きる。とはいえ、そもそも志とはいったい何なのか。果たして人間の幸不幸を志で測ることができるものなのか。僕自身も書きながら、答えを探している。


堀之内九一郎

私の考え方は「必要ならいくらでも出す。ただし、そのぶんは必ず儲けろ」です。これからも利益を生まない経費をバンバン削減し、利益を生む経費はバンバン使い、次の成功に向かってバンバン進みます。


和田完二

我々は一滴の油、一枚に紙をも粗末にしない。一切の冗費を省いて会社伸長の用に供し、社力低下の原因になる災害防止に万全を期する。


上田比呂志

上司が帰らないから、用もないのに、残業したりするのは無用の気配りですね。礼は大事だが「私の仕事は終わりましたけどお手伝いすることありますか」とかひと言かけるといい。上司に帰る時間を合わせるのは、なんの意味もない。会社にもメリットがない。


池井戸潤

本って本当に面白くてね。ガンガン宣伝して売れても、嘘っぱちだったら次の本は全然売れない。だから、帯に「最高傑作」なんて書くのはあまり意味がないと思う。そんな評価は読者が下すものでしょう。読者が読みたいと思える正しい情報を出さなければダメ。一生懸命書いて一生懸命売る。そういう姿勢でないと買ってもらえなくなります。


吉山勇樹

最後の締め切りまでの間に、一次締め切り、二次締め切りを設け、その時点での完成度をこまめにチェックすると、余裕を持って質の高いものを完成できる。


和地孝

頻繁に人が入れ替わっていたのでは、いいモノづくりはできません。モノづくりをするうえでは、仕事に愛着を持っている、モノづくりの好きな人材の蓄積が重要です。だからこそ、人を財産と考え、長期雇用を維持することが経営の合理性だと思うのです。