ティム・オライリーの名言

ティム・オライリーのプロフィール

ティム・オライリー。アメリカの経営者。コンピューター関連メディア企業「オライリーメディア」設立者。アイルランド・コーク出身。ハーバード大学で西洋古典学を専攻。オライリーメディアを設立。フリーソフトウェア、オープンソース運動などを積極的に支援した。

ティム・オライリーの名言 一覧

作家の敵は著作権侵害ではなく、世に知られないでいることだ。


ティム・オライリーの経歴・略歴

ティム・オライリー。アメリカの経営者。コンピューター関連メディア企業「オライリーメディア」設立者。アイルランド・コーク出身。ハーバード大学で西洋古典学を専攻。オライリーメディアを設立。フリーソフトウェア、オープンソース運動などを積極的に支援した。

他の記事も読んでみる

濵口道成

才能を開花させるには、文化や環境が必要です。ノーベル賞受賞者にとっての環境とは、師匠の存在にほかなりません。環境に恵まれなければ、「隠れた才能」で終わってしまいます。


塚本隆史

時代の変革をきちんとキャッチし、従来から多少の揺らぎがあっても持続するものと、本当に変わっていくものとを見分けなければいけません。ノイズとシグナルを見分ける力が必要です。ノイズとは、いろんな事象が起きても実は本質的はあまり変わらない雑音のことで、シグナルとは、本当に大きなトレンドが変わっていく兆しのことです。


スティーブ・ジョブズ

我々は自らのビジョンに賭けているんだ。そうする方が横並びの製品をつくるよりいいと思っている。そういうものは他社に任せるよ。我々にとっていつも大事なのは次の夢なんだ。


佐藤優

僕らの周りには常に自分と違う他者や異質な人たちがいる。でも自分の中にも同じように異質で悪い部分がある。もしかしたら自己愛的なものがあるかもしれない。そう認識すれば自分も他者ももっと受け入れることができるはず。


福田國幹

長崎屋に来て一番びっくりしたのは、社内改革に動いたときです。何か制度を変えようとすると、経営幹部が「労働組合に聞いてみないと」「根回ししないと」と言い出す。事の是非を客観的に考える前にまず組合の鼻息をうかがうわけです。世間の常識から乖離し、内向き志向になっていました。


冨安徳久

市場性や為替を言い訳にしてはいけない。


峰岸真澄

長期的な数値目標は示しませんが、長期的な戦略ビジョンは掲げています。それは、リクルートのサービス領域すべてで、世界一になることです。まず、中期目標に掲げたように人材関連事業が先行して世界一を目指し、販促支援事業はアジアでナンバーワンになる。その後、時期は定めていませんが、全事業でグローバルナンバーワンの座を狙います。


梶村尚史

夜に趣味の時間を設けている人は要注意。それは就寝時間を遅らせる原因になります。しかも「楽しいこと」をすると脳が活性化するので、寝つきも悪くなります。楽しい時間は、朝に設けると良いでしょう。


苦瓜達郎

買った銘柄が上がったこと自体に関しては「運が良かった」と思う方がいいと思いますね。いちいちの上げ下げに関しては。成功体験に縛られては駄目だと思いますね。成功体験というのはほんとに裏切られるもんだと。


近藤太香巳

いまでも社員と食事をする機会を多くとっています。これは人から言わせれば非効率なんですね。50人で1回行くのならまだしも、10人で5回なんて。だけど、人材育成に関しては効率がいいことなんて絶対にないんですよ。人材育成は僕の一番の仕事だと思っています。社員だけじゃなく、すべての若者に向けて、自分の経験を教えていくことが大人の役目だし、それで若者の心に少しでも風が吹けば、こんなうれしいことはないですね。


箭内道彦

僕は34歳で初めて金髪にした。最初の頃は「作品で目立て」とよく言われ、見た目に負けないインパクトを仕事でやらざるを得ない環境に身を置き、自分を追い込んでいった。


近藤史朗

世界最大の事務機器販社である米アイコン社を約1721億円で買収しました。この買収案件について社内会議に諮りながら、私の中では買うという結論が出ていました。会議では買収の課題やリスクについての議論だけでなく、慎重論も聞かれましたが、桜井会長(桜井正光会長)からは「(買収金額が)ここまでなら会議をしなくていい。任せたから君たちで判断して決めろ」と言われました。現場に権限が与えられるからこそ、リコーは意思決定が早いのです。


ロバート・キヨサキ

私たちが投資している対象の本質は「ビジネス」だ。株式投資をしている人は、企業という形態のビジネスに投資している。不動産を買おうが債券を買おうが、あなたがしていることはすべて「ビジネスへの投資」だ。だからこそ、投資家として成功したいなら、まず「ビジネスとは何か」を理解しなければならない。


鈴木修

シェアトップを選ぶか、売上や利益を選ぶかというと、経営者としては名誉ではなく売上が優先で、その次が利益だ。


平川昌紀

一般論として、若い社員が育ちにくい理由のひとつに、「失敗をさせない上司」の存在が指摘されています。何でも先回りして世話を焼き、部下が転ぶ前に支え続けることで、その部下はいつまでたっても経験値を高めることができず、結果として成長できない状態が続いてしまうのです。


ページの先頭へ