名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ツルゲーネフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ツルゲーネフのプロフィール

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ。19世紀ロシアを代表する小説家。ロシア帝国の貴族。『猟人日記』『父と子』『初恋』などの名作を残す。日本でも国木田独歩、田山花袋をはじめ多くの作家が影響を受けた。

ツルゲーネフの名言 一覧

人間には、不幸か、貧乏か、勇気が必要だ。そうでなければ人間はすぐに思い上がってしまう。


疲れた人は、しばし路傍の草に腰を下ろして、道行く人を眺めるがよい。人は決してそう遠くへは行くまい。


乗りかけた船には、ためらわずに乗ってしまえ。


ツルゲーネフの経歴・略歴

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ。19世紀ロシアを代表する小説家。ロシア帝国の貴族。『猟人日記』『父と子』『初恋』などの名作を残す。日本でも国木田独歩、田山花袋をはじめ多くの作家が影響を受けた。

他の記事も読んでみる

宮坂学

数千人のグループ社員を前にして実感するのは、長々としたスローガンや説明調の目標ではなかなか理解してもらえません。直接的で端的で、わかりやすい言葉を何度も繰り返さなければ、思いは浸透していかないということがわかりました。


坂本史郎

当社の「CACHATTO(カチャット)」は、スマートフォンに向けたリモートアクセスサービスを開始したところから大きく発展し、おかげさまでトップシェアを頂いています。社員の手元のスマートデバイスから社内システムにアクセスし、快適なテレワークを実現します。使用時の快適性が特長ではありますが、盤石なセキュリティが決め手となり、導入していただくことが多いですね。


保木将夫

経営のセンスは伝授できるものではありません。経営のできる人を探し出して、必要なところに当てはめる以外にはない。


長谷川武彦

ヒット商品になっている当社の電動ハイブリッド自転車「パス」は、94年の発売まで10年以上もかかりました。最初は補助動力としてエンジンを使ったのですが、快適な自転車にはとてもならなかった。モーターに切り替えてからも、ギクシャクとした感覚を解消し、違和感のない乗り物にするのはとても困難な仕事でした。それでも製品化でき、ヒット作に育ったのは、人力をアシストする乗り物、との発想には自信があり、そこにこだわり続けたからです。


新浪剛史

ローソンには新しいものに積極的に取り組む企業文化があります。ローソンは、から揚げなどのフライヤーを使った店内調理や、チケット手配ができる情報端末を最初に始めたコンビニです。新規事業への挑戦にはリスクが伴いますが、自分たちの論理にしがみついているだけでは、社会の大きな流れから取り残されてしまいます。


荒蒔康一郎

考え抜いた末に出した方針を簡単に変えてはいけません。軸がブレてはいけません。「新キリン宣言」に対して、いろいろ言う人はいましたが、そこで私が躊躇したら、社内が混乱しますから。


芦田昭充

トップがマネジャー・クラスに直接語りかけることが非常に重要だと思っています。私は「キャンドゥー・ミーティング」というものを、いろいろなくくりでやっています。キャンドゥーは「為せば成る」です。営業部門、海務・技術部門、管理部門、ときにはフレッシュマンだけを集めてやるときもあるし、女性の総合職だけでやるときもあります。


桜田厚(櫻田厚)

私は今年で66歳になります。歳をとったつもりはないのですが、考えてみれば、20代そこそこでこの会社に入社してから、ずいぶんと時間が経ちました。ということは「モスバーガー」のフランチャイズオーナーの中にも、おそらく同じことを感じている方がいるはずなんです。古い方だとは30年~40年、次の方でも20~30年はモスバーカーをやっていますから、中にはすでに60歳を超えている方もいます。今の60代は皆さん、体力もあって元気ですから、「やれるところまでやろう」と言う方が多いのですが、それでも段々と蓄積された疲労が出てきます。また、あるとき急に、体力や気力が萎えてしまうという方もいるでしょうから、どこかのタイミングで(事業継承の)準備をしておく必要があるんです。いざという時にスムーズに事業承継できるようにしようと、次世代オーナー育成研修を始めました。


小山昇

成績が落ちてきた人は、過去の自分の数字を見るといいでしょう。1週間前の自分、1か月前の自分、1年前の自分をライバルにして、それを超えることを目標にすればいいのです。というのも、以前よりも成績が落ちている人は、単にサボっているというケースが多いからです。過去の自分よりも頑張れば、少なくとも自己記録を更新することができるはずです。


小池利和

一部の根強い反対を押し切って、情報通信機器事業に生き残りを懸けるために、安井さん(安井義博社長)は一計を案じます。90年のことです。社内に「21世紀委員会」を設置して、ブラザーの将来あるべき姿や事業構造について社員に議論してもらったのです。ここで絶妙だったのは、委員会の中に30代、40代、50代の世代別に3つのチームを作って、それぞれのチームが議論した結果を提言してもらう形にした点でした。時代の変化に敏感な人が多い若手で構成される30代社員のチームが、現状を否定する大胆な提言をしてくれると期待してのことだったそうです。実際、3つのチームで最も大胆な提言をまとめたのが、30代のチームでした。


宿澤広朗

私が実際に早稲田でキャプテンをやった経験から言えば、ラグビーのキャプテンは、プレーが続く80分間はとにかく決断の連続である。途切れることなく決断しつづけなくてはいけない。判断し決断することの繰り返し。


熊谷正寿

私にも寿命がありますから、会社を100年単位で動かそうと思ったら、勝手に動く仕組みを作らなければなりません。経営者がいなくなっても、その想いが生き続けて、成長を続ける会社こそが優秀な会社であり、そうした組織を作れる経営者こそが優秀な経営者だと思います。