名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ツルゲーネフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ツルゲーネフのプロフィール

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ。19世紀ロシアを代表する小説家。ロシア帝国の貴族。『猟人日記』『父と子』『初恋』などの名作を残す。日本でも国木田独歩、田山花袋をはじめ多くの作家が影響を受けた。

ツルゲーネフの名言 一覧

人間には、不幸か、貧乏か、勇気が必要だ。そうでなければ人間はすぐに思い上がってしまう。


疲れた人は、しばし路傍の草に腰を下ろして、道行く人を眺めるがよい。人は決してそう遠くへは行くまい。


乗りかけた船には、ためらわずに乗ってしまえ。


ツルゲーネフの経歴・略歴

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ。19世紀ロシアを代表する小説家。ロシア帝国の貴族。『猟人日記』『父と子』『初恋』などの名作を残す。日本でも国木田独歩、田山花袋をはじめ多くの作家が影響を受けた。

他の記事も読んでみる

星野佳路

好きなことであれば、やる気を持って取り組めるので、成功体験も積みやすくなる。


後藤忠治

普段の生活から仕事まで人生のあらゆる事象がスポーツに通じているように感じる。競技スポーツをすることで人生の勉強ができる。


島田政直

アメリカでしょうゆのセールスを始めたとき、ライバルはアミノ酸を合成した化学しょうゆでした。天然醸造しょうゆの良さを訴えるために、販売店に「This is better than other one(うちのは他よりもっといい)」と説得しました。しかし販売店は「ライバルはあんた(キッコーマン)の4倍も売れている。いいか悪いかは関係ない。お客はこっちが好きなんだから、そんなこと言われても困る。帰ってくれ」と言いました。私は相手の立場を考えられていなかった。それからは「Quality is different(うちは品質が違う)」と、色や味、製法の具体的な違いを説明するようにしました。


星野源

倒れて入院していた時に、人は死ぬんだなってことが色濃く実感として分かった。死んだ後って何もないんだなってことが分かったので、死ぬまで楽しく生きないともったいないなって。もっと色んな人に会いたいし、色んな景色を見たい。その時に初めて大人になれたような、エゴっていうものから解き放たれたような感覚があった。


澤田秀雄

私はハウステンボス再建を引き受けたときから現場の一線に立って取り組んできましたが、社員全員にお願いしたのは3つの目標だけです。18年間にわたる赤字で人材はほとんど流出し、平均年齢も高く、負け癖のついた職場でした。そこでまず、基本をみんなでやることからはじめようと話しました。

  1. みんなで朝15分だけでも掃除をして、常に清潔に保つよう心掛ける。
  2. 売上と利益を上げること。とくに経費を下げること。
  3. 嘘でもいいから明るく元気で仕事すること。

【覚書き|このあと1年かからずに開園以来初の黒字化が達成された】


長本吉斉

リスニング教材は耳で聴くだけでなく、声に出して音読をすると、英語の音に早く慣れることができて、聞く力も短期間で伸びやすくなります。


トム・ケリー(IDEO)

日本人は分析的思考や論理的思考に関しては、もうかなり高いレベルにまで達しています。でも、新しい発想を得るためには、これまでとは違う新しいアプローチが今後ますます求められていくでしょう。


小田真弓(加賀屋女将)

旅館は家。客室係は私にとって大事な娘です。親なら、自分の娘につらい仕事はさせたくないと考えるのが心情です。しかも料理の運搬は、重労働で、モノを運ぶだけです。お客様への気働きには何の関係もありません。料理の自動運搬システム導入で、客室係の負荷が軽減できました。


澤田秀雄

日本の経営者の中には、経営に未熟な人が少なくない。会社員として優秀でも、いざ経営者となると、力を発揮できない人が多い。それは経営の経験値が少ないからです。知っていれば成功できたのに、知らないから失敗する。


姫野友美

大脳辺縁系は、感情や意欲を司る部分。女性はこの辺縁系が非常に発達しているんです。気持ちの浮き沈みが激しいのはそのせいだと考えられています。「機嫌がいいのはいつだろう」と悩むより、最初から女性の情緒は不安定なものだと諦めたほうがいいですね(笑)。


梅野勉

仕事を円滑に行うのにスキルはあった方がいいし、足りない知識を補うために自分で勉強するのもまた大事なことです。ただ、それには弊害もあることを忘れてはいけません。実際のビジネスで、ケーススタディでやったことがそのまま当てはまる状況などまずないのに、なまじMBAを持っていたりすると、自分が勉強したケーススタディの範囲だけで答えが出ると思ってしまうのです。こうなると、環境の変化に対しダイナミズムをもって対応できなくなります。そんな人に、大きな仕事を任せようという気にはなりません。


内田和成

いきなり経営者の立場で全体を俯瞰しようとしても、肌感覚がつかめなくて、ピンとこないと思います。そこで、係長なら課長、課長なら部長というふうに、ひとつ上の立場の上司になったつもりで、意思決定のシミュレーションをしてみるといいでしょう。