ツルゲーネフの名言

ツルゲーネフのプロフィール

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ。19世紀ロシアを代表する小説家。ロシア帝国の貴族。『猟人日記』『父と子』『初恋』などの名作を残す。日本でも国木田独歩、田山花袋をはじめ多くの作家が影響を受けた。

ツルゲーネフの名言 一覧

人間には、不幸か、貧乏か、勇気が必要だ。そうでなければ人間はすぐに思い上がってしまう。


疲れた人は、しばし路傍の草に腰を下ろして、道行く人を眺めるがよい。人は決してそう遠くへは行くまい。


乗りかけた船には、ためらわずに乗ってしまえ。


ツルゲーネフの経歴・略歴

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ。19世紀ロシアを代表する小説家。ロシア帝国の貴族。『猟人日記』『父と子』『初恋』などの名作を残す。日本でも国木田独歩、田山花袋をはじめ多くの作家が影響を受けた。

他の記事も読んでみる

土光敏夫

考えるより当たれ。体当たりによって生きたアイデアが生まれる。


田中雅子(経営学者)

理念と現実の仕事とのあいだにギャップや矛盾がある場合、理念の浸透はおぼつかなくなる。


鎌田恭幸

日本の株式市場や顧客とかかわる中で実感しているのは、企業にとって無形の価値がますます重要になっていることだ。目に見えない企業価値が企業の本当の強さになってきている。


小早川智明

何も見たことのない人間が伝聞で何かを語るのは危ない。勘違いで物事が進む恐れがある。現場の第一線に出て、汗をかいて、腹に落ちるまで見て回りたい。


三浦善司

結局、アメリカでもイギリスでも同じですけど、どんな人でも良い仕事をして認められたいと思っているのは同じ。


スガシカオ

結局、僕は作り続けるしかないっていうか、作ることしかできない。


井上礼之

私自身、海外の最前線に出向いて経営判断するとともに、刻々と変化する現地の状況に即して戦略を軌道修正してきました。これに現場が実行に次ぐ実行で取り組んだ結果、2010年に空調売上高で世界一を達成できました。空調の海外売上高比率は今や60%以上に達します。


古葉竹識

俺は球場へ行く。俺を待っているファンのためにどうしても打席に立つ。


中西大介

興味深いのは、受講した元一流のアスリートたちが、言語化はされていないものの、どうやったら自分が上達し、成長できるかというPDCAを非常に高いレベルでまわせること。そういった意味では、経営人材における一流アスリートの素養は高いですね。欧州では、往年の名選手であるカール=ハインツ・ルンメニゲさんがバイエルンミュンヘンの代表取締役社長を務めています。日本も元選手が経営者になる、そういった可能性は十二分にあると思っています。


カンニング竹山

テレビのバラエティ番組でも、まだまだやれることはいっぱいあるし。これからですからね。ネットとバラエティの融合など、オレならではの仕事は。ネット大好きですね。テレビとうまく連携して面白いことができないかなと、試行錯誤中です。


土井健資

弊社には、創業者の曾祖父や二代目社長の祖父が教えを書き記した古い冊子が伝わっています。曾祖父は明治34年(1901年)に「志ば漬」の製造と食品小売業を始めたわけですが、その冊子に創業期の苦労や家内工業ならではのノウハウなどを書き遺してくれました。祖父は、戦後、法人化するなど店を発展させましたが、「力以上のことをしてはいけない」といった商売上の教えを遣してくれていて、今も私どもの伝統として守り続けています。


宮田拓弥

ベンチャーが失速したからといって、ネットで買い物をしていた人たちが百貨店に戻ることは考えにくい。遅かれ早かれ変化は起きるのですから、時期が悪くても(ベンチャーへの投資は)やり続けるべきです。もともとベンチャー投資は失敗のほうが多い世界。投資を長いゲームとしてとらえて、失敗を重ねつつもレッスンとして学ぶ企業が最後には成功するはずです。


秋元征紘

本物に触れることが大切。DCではなく生演奏を聴く、美術館に行く。その感動体験が想像力の源になる。


川北英貴

銀行はなぜリスケジュールを行ってくれるのか、そしてリスケジュールを何年も続けてくれるのか。それは、銀行としてはリスケジュールを行い続けるほうが、メリットがあるからです。銀行が求めるメリットというのは、少しずつでも融資の回収が進むことです。そして融資の回収が進むためには、企業の利益が上がって返済が少しずつでも再開していくことが必要です。会社はいくら債務超過であっても、負債が多くあっても、足元の資金繰りがまわれば、継続することができます。割り切って銀行へは何年かかってでも返済していこうとすること、それもリスケジュール中の企業が考える方向の1つとして考えてよいのです。


永守重信

当社は若くても意欲のある人には、どんどん仕事を任せ、昇進させる世にしている。もちろん上手くいかなければ降格することもある。挑戦は責任と表裏の関係だからだ。でも、手を挙げれば何度でも挑戦できるから、一度降格しても復活する人はたくさんいる。


ページの先頭へ