チャールズ・R・ホッブズの名言

チャールズ・R・ホッブズのプロフィール

チャールズ・R・ホッブズ。アメリカのビジネストレーナー。主な著書に『時間の力』などがある。

チャールズ・R・ホッブズの名言 一覧

何をいつやるかは、あなたの信念と調和したところで決まる。あなたが信じるものとは、最高の真実であり、あなたは、個人の生産性を最も満足のいく形で手に入れ、最も納得できる形の自己評価を味わうこともできる。


チャールズ・R・ホッブズの経歴・略歴

チャールズ・R・ホッブズ。アメリカのビジネストレーナー。主な著書に『時間の力』などがある。

他の記事も読んでみる

マハトマ・ガンジー

過ちを告白することは掃除に似ている。箒で埃を払ったあとは、すっきりときれいになり晴れやかな気分になる。告白することは、より強くなることなのだ。


後田良輔

社会人として先を行く者の役割は、次の走者に自分が持つ知恵のエッセンスを渡すこと。次代を担う存在を育てることです。


佐々木眞一

1960年代以降、日本の多くのメーカーはQCサークル(小集団改善活動)に力を入れ、登録数は右肩上がりで増えました。しかし90年代初めのバブル崩壊で日本経済が低迷。製造業は新興国に追い上げられ、コスト削減の圧力が高まりました。そんな中、QCサークルをやめる会社が増えてきた。それでも、突然品質が悪くなって、生産性がすぐに落ちるわけではありません。それは5年後、10年後に効いてくる。人材を育てて、プロセスをきちんと管理しないといけません。


澤田秀雄

うまくいかないことも当然ある。そういう時は、強行突破するのもひとつの手です。既存のルール内でうまくいかない時は、見切り発車で事業を始めるくらいの思い切りが必要です。


野呂敏彦

売り上げを下げても利益率をアップすれば資金、利益、運転資金が同時に改善する。


赤羽雄二

新事業に関しては、社長直属か、あるいは副社長か事業本部長直属の新事業立ち上げチームを複数置き、市場導入まで、社内での開発競争を促すとよいでしょう。チームリーダーには経営者の視点で、部下に徹底的に要求し、議論し、最善の手を打っているかどうか、とことん追求させねばなりません。それがトップの責任です。


城岡陽志

私自身もチャレンジ好きで、挑戦しては失敗していました。新しいことをするから、失敗が多い。よく上司に怒られました。でも、同僚の一人は、何もチャレンジしないから失敗もしない。そのために、挑戦している私より社内の評価が高いんですよ。これはおかしいと思いました。そんな会社にしてしまったら、社員はだれ一人挑戦しなくなります。


小林栄三

社員にはいつも夢を持てと言っています。まず、それがなければダメです。そして、次に夢をビジョンに落とせ、そのビジョンを戦略に落とせ、戦略を戦術に落として実践しろと言っています。


北方謙三

僕の志は、125歳まで生きて、小説を書き続けることだ。書きたいテーマを数え上げて、年を取って書ける枚数が減ってくることも計算に入れると、その年齢まで生きなければいけないとわかった。でもそれは無理だから、毎回「この一作で125歳までの仕事をしたな」と思える充実感のある作品を書きたいと机に向かっている。


江崎利一

私はやがて81歳になる。この年まで現役の社長をやっているのは、よほどの物好きか道楽者と言われても仕方あるまい。もともと好きな仕事ではあり、それに商売というものにはキリがないのだから致し方ない。もし、私から商売を取り上げてしまったら、いったい何が残ろう。趣味の少ない私にとって商売こそ私の生命であり、生涯かけた唯一の仕事である。幸い精神年齢では、若い者に決して引けはとらない。自慢ではないが、私の内臓器官に至っては40歳代だと医者が証明してくれた。これは一昨年の胆石手術の際にわかったことである。
【覚書き|80歳当時の発言】


野路國夫(野路国夫)

当社は購買本部など東京にあった機能を石川県小松市に移転している。地方創成の観点ではなく、合理性に基づいているだけだ。銀行との交渉が多い財務など、東京にとどめるのは一部機能だけでいい。経営会議や入社式も地方でやればいいと思っている。


松下幸之助

家康でない人が家康の通りにしたら失敗する。そんなん読んで真似したらあかんぞ。
【覚え書き|歴史小説をハウツー本であるかのように読んでいる経営者に対して】


勝海舟

行いは己のもの。批判は他人のもの。知ったことではない。


本田圭佑

死に対して怖さはあまり感じませんが、何か大きなことをやりたいので、時間の有限さには、すごく危機感を持っている。そういう意味でも、いつ死ぬかわからないということを、日々、意識しています。


ダレン・ヒューストン

当社は単に製品を売るだけでなく、日本に根付いた企業になることを目指しています。具体的には「日本における投資の拡大」「政府や教育機関、産業界とのより深く明確なパートナーシップ」「企業、コンシューマー双方における技術革新の促進」という3つの柱を掲げています。


ページの先頭へ