名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

チャールズ・レッドドアーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・レッドドアーのプロフィール

チャールズ・ベアファイター・レッドドアー。アメリカの軍人、危機管理専門家。グリーンベレーの隊員としてベトナム戦争に従軍。また、イラク戦争にも参戦。その後、危機管理の専門家として活躍。

チャールズ・レッドドアーの名言 一覧

積極的に打って出ないところに成功のあったためしはない。困難と危機にみずから勇気をもって対してこそ、本当に役立つ危機管理が出来る。


なぜ危機管理は多くの場合、失敗してしまうのか。それは正しいことを行うことに、十分な注意を払わないからだ。


一度たりとも危機に身を投じたことのない人には、己自身の勇気は請け合えない。


今日、多くの人たちが、なにごとにおいても傍観し、手をこまねいているが、これほど恥ずべきことはない。


通常の社員教育では、タスクマンやスタッフは育つが、リーダーシップはなかなか育たない。ものごとを成功させるには、ホンモノのリーダーシップが必要なんだ。


チャールズ・レッドドアーの経歴・略歴

チャールズ・ベアファイター・レッドドアー。アメリカの軍人、危機管理専門家。グリーンベレーの隊員としてベトナム戦争に従軍。また、イラク戦争にも参戦。その後、危機管理の専門家として活躍。

他の記事も読んでみる

ドナルド・トランプ

過ちの処理を誤らないための一つの方法は、過ちはいつでも起こりうると心得ておくことである。悲観論者になる必要はないが気持ちの準備をしておくのだ。問題、失敗、過ち、損失はすべて人生の一部。受け入れなければならないことだ。もし起こったとしても、いつ起こったとしても、ショックを受けてはいけない。物事に振り回されて逆上したり、頭が真っ白になったりしてしまってはいけない。自分が相対しているのは何かを知って平常心を保とう。


はあちゅう(伊藤春香)

昨年出版した著書『半径5メートルの野望』に、感想をたくさんいただいたのですが、「落ち込んでるときに読んだら、怒られている気分になる」という意見がありました。私としては、けっこうマイルドに変換したつもりだったのですが、それでもまだ強く響いてしまったのかなと反省し、そして考えました。同じ言葉でも、エッセイやコラムのように著者対読者の形ではなく、物語の形にしたら、読者の方も読みながら怒られている気分にはならないかもしれない。書く側としても、登場人物の口を借りていいたいことをすべて詰め込められる、と。


山崎照幸

どんなに苦しくても、努力を怠らなかったからこそ、世界中のニーズを集め、他のメーカーが真似できない機械を開発してこられたのです。そして他社ができないようなきめ細かいアフターサービスを提供してきた結果、欧米の有力メーカーにも勝てるようになりました。


岡田斗司夫

目的を深く考えずに、単に書くということをずっと続けて、そのノートをどう使うかは未来の自分に任せてしまえばいい。大事なのは毎日記録することなのです。ボールペンもこだわる必要はありません。色も一色でいい。私の経験からすれば、継続的に書きとめたノートは使い勝手のいい「自分の百科事典」になっているはずです。


野村克也

人間は、恥ずかしさという思いに比例して進歩する。恥ずかしいと感じることから進歩は始まる。監督になってからも選手たちに「プロとして恥ずかしくないのか」と声をかけてきた。


和田秀樹

厳しくするときは相手の反応を見ながら、段階的に厳しさを増すことに注意してください。最初から「バカヤロー、やる気がないなら辞めろ」なんて怒鳴ると、打たれ弱い人には耐えられませんから。海外のあるトイレタリー会社が、成果が下から5分の1の社員を定期的に解雇すると決めました。ところが、結果的に生産性はガタ落ち。恐怖政治は社員を萎縮させるのがオチです。


堀義人

私の周りはいつも元気なんです。仮に嫌なことが起こったとしても、それを解決することに一生懸命になるから嫌だと思う暇もないんですよね。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

僕は社員に「世界を止める習慣を作りましょう」とよく話しています。人間とは、毎日の生活や行動がパターン化してしまえば、そのパターンで動き続けてしまうもの。すると、「こういうものだ」「こうしなければいけない」という呪縛にとらわれます。普段の仕事でも、一度世界を止めれば今何が起きていて、どんな行動パターンがあって、その行動パターンを続けるのか、途中で止めるのか、方向性を変更するかなどと考えられる。言い換えれば「客観視」していろんな角度や距離から考える癖がつけば、「常識を破る力」や「新しい価値を生み出す力」が自然と身につくわけです。


逢沢明

格差社会っていうと、なんか大上段に構えて話してしまう人が多いけど、そこで勝ち上がっていくのは、意外に小さなことの積み重ねだったりします。それができない人が負け組に落ちてしまう。


ケリー・マクゴニガル

私たちは、「自分は自分の望むことを実現できる存在である」ということを常に意識すべき。


長谷川穂積

トレーナーっていうのは普通、自分が選手時代にやってきたことや勉強してきたことを教え、それを選手が実践することに喜びを感じる人が多いんです。でも、山下(真正ボクシングジム会長・山下正人)さんはそうじゃなかった。すごく高い評価を受けるトレーナーになったいまでも、自分が考えてきたコンビネーションを「どうや?」と言って、俺が「これは打たないですね」と応えたら「じゃあ、やめようか」で終わるんですよ。いい意味で、プライドがない。自分の技術を押し付けるわけでもなく、勝たせるために全力になってくれる。選手はそういうところを見て、惚れるんです。だから、他のジムからも「山下会長にミットを持って欲しい」と言う選手が絶えない。情熱がミット越しにボクサーへ伝わっていくんですよ。


永守重信

最も重視する能力は一生懸命働く意識の高さですね。ウサギとカメと同じですよ。仕事が楽しいと言っている社員は本物です。