名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

チャールズ・レッドドアーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・レッドドアーのプロフィール

チャールズ・ベアファイター・レッドドアー。アメリカの軍人、危機管理専門家。グリーンベレーの隊員としてベトナム戦争に従軍。また、イラク戦争にも参戦。その後、危機管理の専門家として活躍。

チャールズ・レッドドアーの名言 一覧

積極的に打って出ないところに成功のあったためしはない。困難と危機にみずから勇気をもって対してこそ、本当に役立つ危機管理が出来る。


なぜ危機管理は多くの場合、失敗してしまうのか。それは正しいことを行うことに、十分な注意を払わないからだ。


一度たりとも危機に身を投じたことのない人には、己自身の勇気は請け合えない。


今日、多くの人たちが、なにごとにおいても傍観し、手をこまねいているが、これほど恥ずべきことはない。


通常の社員教育では、タスクマンやスタッフは育つが、リーダーシップはなかなか育たない。ものごとを成功させるには、ホンモノのリーダーシップが必要なんだ。


チャールズ・レッドドアーの経歴・略歴

チャールズ・ベアファイター・レッドドアー。アメリカの軍人、危機管理専門家。グリーンベレーの隊員としてベトナム戦争に従軍。また、イラク戦争にも参戦。その後、危機管理の専門家として活躍。

他の記事も読んでみる

伊藤一郎(経営者)

代表権と執行権を持たない会長は中立的な立場。社長の暴走を防ぐための監督役と言える。


竹内一正

人材は傍流でこそ育ちます。


福沢諭吉

西洋の人の言った言葉があります。「世の人すべてが自分の生活に満足して、そこに安住するならば、今日の世界は、天地創造のときの世界と異なることがないだろう」と。この言葉は、まことにその通りです。


麻生けんたろう

口を上下左右に動かして口の準備体操をし、お腹の中からしっかり声を出します。そして、言葉ひとつひとつに抑揚をつけます。これだけで通る声、印象の良い声に生まれ変わります。


ジョン・A・ソルハイム

モノ作りに対して、絶対に妥協はしない。追究し尽くしたクラブだから、常に300ヤード以上飛ばすツアープロのバッバ・ワトソンも、一般のアマチュアゴルファーも全く同じヘッドを使ってパフォーマンスを発揮できる。ここまでの商品開発へのこだわりは、当社だからできること。全てはゴルファーにとってのベストのためにです。


藤森義明

狭い世界にいると「同期よりも早く課長になった」「友達より給料が10万円高い」と小さなことで満足しがちです。そんな気持ちを捨てるためには、日常から抜け出して、圧倒的な実力を持つ人と会うことが大事です。私自身も、アメリカにMBAを取りに行ったり、GEに転職したりするなかで、とんでもなく優秀な人と出会ったことで、「こういう人と戦いたい」と向上心をかき立てられました。


細川馨

身に染みついた全部のクセを直すのはなかなか大変なので、最大の悪癖を1年から1年半かけて直してみるといいでしょう。ひとつを直すと、たくさんの癖が直っているというケースも少なくありません。


堤真一

駆け出しの頃は、仕事で家を1か月ぐらい空けることも多かった。その時は部屋をメチャメチャ綺麗に掃除してから出発することにしていました。もし、自分が死んだら、身内が部屋を片付けに来るでしょう。その時に迷惑を掛けたくなかったんです。当時は食べるのもやっとで、いつ野垂れ死にするかも分からないと思ってましたから。


田村公正

ビジネスマーケットでは、まず丁寧に一つひとつのサービスを提供していくことと、新たなサービスを着実に形にしていくことが大事。


田中一明

大学時代から本格的に食べ歩きを始め、課したノルマは年間700杯。足跡を残したいという思いもあり、7年前からブログなどで情報を発信するようになりました。私にとってラーメンを食べることは幸せで、そんな幸福な気持ちにさせてくれるお店、隠れた名店を多くの人に知っていただくことが、この上ない喜びですし、使命だと思っています。


川田修(ライフプランナー)

紹介客との最初の面談のときは、商品ではなく理念から話します。保険を売りたいのではなく「安心を提供したいんです」と。すると他の営業と違う、とお伝えできる。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

有能なビジネスマンは、迅速かつ正確に優先順位を決められるもの。対して、判断の精度が弱い人はスタートが遅れたり、とりあえず発生した順に着手してしまったり、想定外の案件に混乱したりする中で、時間と体力を浪費してしまいます。こんな人は、トレーニングとして「優先順位の点数化」の習慣を持つことをお勧めします。抱えているタスクを列挙し、重要度を計算してみましょう。基準は「ヒト」「モノ」「カネ」「時間」、いわゆる経営資源の四要素。タスクごとにその四要素を照らし合わせ、「不要なら0点、そこそこ必要なら1点、絶対に必要なら2点」と点数をつけて加算すると、得点の多いものほど重要度が高いとわかります。この方法に慣れてくると、書き出さなくても頭の中で即座に計算できるようになります。こうして判断力を鍛えることから、まずは始めてみましょう。