名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

チャールズ・レッドドアーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・レッドドアーのプロフィール

チャールズ・ベアファイター・レッドドアー。アメリカの軍人、危機管理専門家。グリーンベレーの隊員としてベトナム戦争に従軍。また、イラク戦争にも参戦。その後、危機管理の専門家として活躍。

チャールズ・レッドドアーの名言 一覧

積極的に打って出ないところに成功のあったためしはない。困難と危機にみずから勇気をもって対してこそ、本当に役立つ危機管理が出来る。


なぜ危機管理は多くの場合、失敗してしまうのか。それは正しいことを行うことに、十分な注意を払わないからだ。


一度たりとも危機に身を投じたことのない人には、己自身の勇気は請け合えない。


今日、多くの人たちが、なにごとにおいても傍観し、手をこまねいているが、これほど恥ずべきことはない。


通常の社員教育では、タスクマンやスタッフは育つが、リーダーシップはなかなか育たない。ものごとを成功させるには、ホンモノのリーダーシップが必要なんだ。


チャールズ・レッドドアーの経歴・略歴

チャールズ・ベアファイター・レッドドアー。アメリカの軍人、危機管理専門家。グリーンベレーの隊員としてベトナム戦争に従軍。また、イラク戦争にも参戦。その後、危機管理の専門家として活躍。

他の記事も読んでみる

梶浦玄器

今後は日本にいても外国人と接するのが不可避な時代です。また、年金不安から、定年後に物価の安い東南アジアに移住する、といった動きも出てくるでしょう。そんなとき、日本語を教えることができれば、現地にすぐに溶け込めるはずです。日本語教師になるには、日本語教育能力検定試験に合格するか、四大卒の方ならスクールで420時間の授業を受けることが推奨されています。中小企業診断士のような資格よりはるかに容易で、何歳からでも、仕事をしながら学ぶことも十分に可能です。将来を見据え、検討してみてはいかがでしょうか。


三木雄信

「まずは計画をたてて、何を実行するか絞ろう……」なんて1つひとつ実行してから検証していたら、今のビジネス環境では遅すぎなんです。何よりも計画し続けているうちに「できない理由」ばかり見えて、結局挑戦できませんよ。


鈴木喬(経営者)

マーケティングのデータは、アイデアが有効かどうかの裏付けの一つにはなりますが、データからアイデアが生まれるわけではない。


八剱洋一郎

日本という枠を取り払ったとき、あなたの市場価値を測る尺度は、所属している企業ブランドでもポジションでもなく「自分の力で何をしたか」という仕事の中での経験です。


宮内寿和

柱や梁など、木がここに使ってくれと訴えているのが分かるんです。大事なことは木が教えてくれる。


渡部陽一

戦下の国のひとつ屋根の下にも、僕ら日本人と同じ家族の日常がある。


菊原智明

「根回し」と聞いたら、普通思い浮かべるのは、上司や社内のお偉方、または利益をもたらしてくれるお客様や受注先への根回しですよね。しかし、私が重要視しているのは、社内のパートさんや、仕事を発注している下請けさんへの根回しです。自分より立場が上の人に根回しするより、そのほうが仕事の成功に結びつくことが多いからです。苦難のときに、「助けてくれる下請けさん、パートさん」が多い人ほど、ゆくゆくは成功していくものなのです。


堀義貴

「さまぁ~ず」はコンビ名こそ変えましたが、コンセプトは変えなかった。ブレることなく基を変えずに続けていった結果、今や売れっ子になることができました。


寺尾玄

コップを買うとき、重さがどうだとか、「あのコップよりも何cc多く入る」とかは、あまり気にしないでしょう。そのコップが自分の気に入るかどうかのほうが大切です。人はモノを選ぶとき、数字で表わせる技術的な価値以上に、数字では表わせないアート領域の感覚を重視しているのです。


相田雪雄

滅私奉公を旨とする日本の「法人社会主義」が、頻発する企業不祥事の一因です。「会社のためなら法を踏み外しても」との論理です。ビジネスマンが会社に依存するのではなく、自立した精神を持っていれば不祥事の多くは避けられたはずです。


小林節(経営者)

宿泊客の6割強が外国のお客様になりましたから、言葉も文化も違えばより鍛えられることも多い。それと、新しいホテルでは国家元首をお迎えすることもありますから、それもまた自分のレベルを上げようとするスタッフのモチベーションになったのではないでしょうか。


古屋大貴

いつも「数字を上げなければいけない」という意識は持っていました。やっても意味がない、効率が悪いと思ったら、すぐにやめて「違う道があるのでは?」と探していましたね。先輩たちがやっていることでも、違うと思えば変えていました。仕事のスタイルはずっとそうですね。