名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

チャールズ・リンドバーグの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・リンドバーグのプロフィール

チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ。アメリカの飛行機パイロット。ミシガン州デトロイト出身。パイロットと整備士の訓練を受けた後、曲芸飛行士になる。アメリカ陸軍航空隊で飛行士の訓練を受けたのち、民間航空便のパイロットとして働く。その後、大西洋単独無着陸飛行を成功させ世界的名声を獲得した。また、心臓弁膜症の姉のために、生理学者アレクシス・カレルとともに世界初の人工心臓を開発したことでも知られている。

チャールズ・リンドバーグの名言 一覧

ヨーロッパ全行程にわたる完全無欠な好天候の確報など待っていられるものか。いまこそチャンスだ。よし、明け方に飛び出そう!
【覚え書き|この後、世界初の大西洋無着陸単独横断飛行に成功】


チャールズ・リンドバーグの経歴・略歴

チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ。アメリカの飛行機パイロット。ミシガン州デトロイト出身。パイロットと整備士の訓練を受けた後、曲芸飛行士になる。アメリカ陸軍航空隊で飛行士の訓練を受けたのち、民間航空便のパイロットとして働く。その後、大西洋単独無着陸飛行を成功させ世界的名声を獲得した。また、心臓弁膜症の姉のために、生理学者アレクシス・カレルとともに世界初の人工心臓を開発したことでも知られている。

他の記事も読んでみる

山本寛(経営学者)

20代後半の社員は仕事をひと通り経験し、仕事への慣れや会社への不満が噴出しやすい世代。この時期に資格取得や転職を考え始める社員が多いのは、先輩の働き方などからキャリアの限界や不透明感を感じたから、というケースが少なくありません。いわゆる「キャリア・ミスト(キャリアの霧)」といわれる状況です。このモヤモヤ感を解消するには、先輩がワクワクしながら働いている姿を見せることとともに、20代のうちにチームリーダーやプロジェクトリーダーを経験させ、人の上に立つことや新しい仕事を生み出すやりがいを体験させることが有効です。リーダーとして働く楽しさを早いうちに経験することが、「管理職になりたくない若手社員が増えている」という最近の問題の解決にもつながるかもしれません。


楠木建

利益を生み出す持続性こそ商売の王道である。


出口治明

仕事は「事業を継続、向上させること」という当たり前の原則がわかれば、チームをストレスなく、伸び伸びと活躍させ、成長させることができる。


藤田聰

ダイバーシティー(多様性)という言葉が一般的になりましたが、多様性のある働き方に対応するには、何より「人間の理解」が必要です。パーソナリティーは国籍や性差、世代や職種を問いません。まずは自分のパーソナリティーを理解し、そのうえで他者を理解し、リスペクトする。それができる人が社内で高い評価を得ていくのだと思います。


出口治明

ライフネット生命を立ち上げた時、会議室は最低限の数しか作りませんでした。部屋がなければ会議は減ります。どうしても会議が必要な時は、「情報をシェアする会議なら30分」「物事を決断する会議は1時間」と決めている。そうすれば、会議の目的もはっきりします。


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんが、かつて私にこう言ったことがある。「石油は価値ある資源だ。油田を持てたらなあと憧れる人は多い。だが、油田をいくつも持っているからといって金持ちになれるわけではない。キミに富をもたらすものは、どうすれば石油で金持ちになれるかについての理解だ。たとえば、原油は、精製されるまではほとんど何の価値もない。石油の精製過程は複雑で、化学の力と設備が必要になる。原油を精製し、燃料を生産するための知識が不可欠だ。燃料ができれば、そこに価値が生まれ、キミを金持ちにしてくれる。だが、原油がなければ燃料が得られないこともまた事実だ」この原則は、情報時代の今にもあてはまる。たとえあなたに、世界中のすべての情報を手に入れることができたとしても、重要な情報を選びとるための「知識」がなければ、あなたは貧乏なままだ。


柳井正

社員は上の人たちのことをよく見ていますよ。経営者自身が、自分では誰よりも仕事をしているつもりでも、社員から見たら全然やっていないように見えるもので、ごまかしはききません。


湯浅和夫

経営者に考えて欲しいのは、貸借対照表の棚卸資産(在庫)を削減すれば、投下資本の効率化につながるというメリット。また損益計算書の観点からも、無駄な供給をなくせば販売管理費の圧縮になり、利益は増大するということです。


大田正文

難しく考えることはないんですよ。直感でピンとくる手帳を使ってみる。手帳って万人にとって自由で楽しいものなんです。これをしなければいけない、という義務が出てきた瞬間に楽しくなくなります。人の使い方にとらわれるのでなく、楽しいかどうかを基準に、自分で使い方を確立していくのをお勧めします。


久米一正

まずは、相手の懐に飛び込んでいく。初対面は重要です。「今日来た奴は久米というのか。面白い男だな」というインパクトを残し、「また会って、話を聞いてみるか」と思ってもらう。まずは久米とはどんな人間か、そこを知ってもらって、次のステップへ進みます。


又吉直樹

芸人やめて違う職業についたヤツが不幸になったとは、僕はまったく思っていないんですよ。ずっとなんとなくいいことだけある人生って、僕は経験したことがないんで。嫌なことがあって、しんどいけど、それでもまあ生きていったら、そのうちええことあるっていう、そのあくまでも途中だから。今生きている限り「バッドエンドはない」という言葉にそれを託しているんですけど。


山崎将志

新しいアイデアなんてなかなか出てこないという人もいるかもしれませんが、自分で自分の発想を狭めなければ、誰でもいいアイデアは浮かぶものです。