名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

チャールズ・ブコウスキーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・ブコウスキーのプロフィール

ヘンリー・チャールズ・ブコウスキー。アメリカの詩人、作家。ドイツ・アンダーナッハ出身。幼少期、第一次大戦前の経済崩壊によりドイツからアメリカに移住。ロサンゼルス・シティ・カレッジで芸術、ジャーナリズム、文学を学ぶ。本格的な創作活動を開始。芽が出ず作家の夢を諦めるも、入院したことを機に詩を書き始める。その後数々の作品を書いた。

チャールズ・ブコウスキーの名言 一覧

小さな種火を残し、その火を絶やさないで。種火さえあればまた燃え上がるから。


チャールズ・ブコウスキーの経歴・略歴

ヘンリー・チャールズ・ブコウスキー。アメリカの詩人、作家。ドイツ・アンダーナッハ出身。幼少期、第一次大戦前の経済崩壊によりドイツからアメリカに移住。ロサンゼルス・シティ・カレッジで芸術、ジャーナリズム、文学を学ぶ。本格的な創作活動を開始。芽が出ず作家の夢を諦めるも、入院したことを機に詩を書き始める。その後数々の作品を書いた。

他の記事も読んでみる

藤由達藏

行動力というのは「雪だるまづくり」に似ています。いきなり大きな雪の塊を作るのは大変かもしれませんが、小さな塊を作って転がしはじめれば、あとは自然に大きくなります。これと同じで、何かを成し遂げるためには、「はじめの小さな一歩」が重要になってくるんです。


徳岡晃一郎

1日10円程度であれば、人は深いことを考えず金を払う。


永持孝之進

人生は会うべき人に、必ずしかるべき時に会える。
運は必ずしかるべき時にやってくる。


ジョン・レノン

希望、それ自体は幸福の一様態にしか過ぎない。だが、ひょっとすると、現世がもたらし得る一番大きな幸福であるかもしれない。


辻亨

人間とは本来、性善なるものに違いありません。人間には、本質的に気配りの精神が宿っていると思うのです。実際、人生の中でそういう人間の本質的な気配りに何度となく触れてきました。


滝久雄

従来どおりのビジネスのまま、何もしないで儲かる時代ではない。


平岡昭良

若手時代に営業担当として仙台に勤務していた頃、システム開発案件が受注寸前でライバル社に奪われそうになりました。役員の親戚がライバル社に勤めていたのが理由とのこと。納得できないので、交渉してその会社の役員会で再提案する機会をいただきました。そのかいあって何とか受注できました。ただ、なぜ逆転できたのか分かりませんでした。後日、親戚がいるというその役員から「君の説明はまるっきり分からなかったけど、真剣に提案してくれたのは伝わった。親戚うんぬんではないと思ったよ」と言われました。うれしかったですね。


藤田晋

ダサい会社員になるな。「ダサい会社員」というのは、端的に言えば、仕事をなめていたり、仕事を適当にこなしている人のことを指します。社会人の場合、どれだけプライベートが充実していても、結局のところ仕事ができなければダサく見えます。例えば、普通の人は麻雀が強くてもモテませんが、プロの雀士は麻雀が強いとモテる。それはプロの雀士は麻雀が仕事だからです。今は仕事がそれほどできなくても、できるようになりたいと努力している人はかっこいい。


中野貴利人

クラウドソーシングでは、仕事が完了すると実績が一つ増えて、発注元から評価されます。成果物のクオリティ、業務の進め方、納期遵守、経験値などを、五段階で評価するサイトが多く、これは、今後、別の企業が仕事を依頼する際の判断材料にもなります。重要度の高い仕事ほど企業側は慎重になりますから、より報酬が高く、質の高い仕事を受注する確率を高めるには、実績と評価を固めておくことが大きなアドバンテージになります。とはいっても、最初は誰でも実績ゼロ。初心者ができるだけ早く実績を積み上げていくには、最初は受注単価を安くして、難易度の低い仕事を数多く引き受け、実績と評価を一気に高めていく方法もあります。「半年間は低価格で実績を積む」「案件が20件を超えたら、価格設定を上方修正する」などと下積み期間を決めて、同業のワーカーのプロフィールを参考に定期的に条件を引き上げていくなど自分なりのロードマップを描くこと。


高岡本州

別に世界を席巻しようと海外へ進出するわけではありません。寝具には国ごとのスペックがないですし、薄いマットレスパッドですから輸送コストもかかりません。つまり、日本のメーカーが液晶テレビの優位性を保てなかったことと同じように、遠からず技術はキャッチアップされ優位性は失われてしまいます。だからこそグローバルに出て行かねば、やがて立ち行かなくなる。


江上治

ダダでだれかのお役に立つなんてバカバカしいとケチっていると、結局、稼ぐところからドンドン遠くなる。


小池正一郎

投資には、虫と魚と烏の3つの目を使い分けるというのが私の主張です。目前で何が起きているか注意深く観察するのが虫の目。現在の流れや変化をつかむのが魚の目。目先の動きにとらわれず俯瞰するのが烏の目。