チャールズ・ブコウスキーの名言

チャールズ・ブコウスキーのプロフィール

ヘンリー・チャールズ・ブコウスキー。アメリカの詩人、作家。ドイツ・アンダーナッハ出身。幼少期、第一次大戦前の経済崩壊によりドイツからアメリカに移住。ロサンゼルス・シティ・カレッジで芸術、ジャーナリズム、文学を学ぶ。本格的な創作活動を開始。芽が出ず作家の夢を諦めるも、入院したことを機に詩を書き始める。その後数々の作品を書いた。

チャールズ・ブコウスキーの名言 一覧

小さな種火を残し、その火を絶やさないで。種火さえあればまた燃え上がるから。


チャールズ・ブコウスキーの経歴・略歴

ヘンリー・チャールズ・ブコウスキー。アメリカの詩人、作家。ドイツ・アンダーナッハ出身。幼少期、第一次大戦前の経済崩壊によりドイツからアメリカに移住。ロサンゼルス・シティ・カレッジで芸術、ジャーナリズム、文学を学ぶ。本格的な創作活動を開始。芽が出ず作家の夢を諦めるも、入院したことを機に詩を書き始める。その後数々の作品を書いた。

他の記事も読んでみる

孫正義

失敗を恐れる必要はありません。厳しい環境でしか学べないことはあまりに多い。


出口治明

何かをやり遂げたい強い思いを持ち続ける人は、迷っても失敗しても、何度でも立ち上がる強さがある。周りも手を差し伸べたくなり、思わぬ応援を得られたりもする。


大山健太郎

アイリスは会社の核となる商品が次々に入れ替わることから、変化対応型の企業経営として紹介される機会が少なくありません。なぜ私が変化対応型の経営を身につけたのか。その背景には、幾度となく当社を襲った危機の存在があります。


高橋泉(経営者)

人生でも仕事でも、困難や悩み、苦労は必ずつきまといます。それがない世界を求めるのではなく、負けない心をつくることが本当の幸せなのだと考えて、日々仕事に打ち込んでいます。


冨田和成

富裕層は「相手にどう見られるか」という視点でファッションを選ぶ。一番大切なのは信用力だ。それゆえ、落ち着いたファッションで身を固め、「財力があるのに、それをひけらかさない堅実な人だ」と思ってもらえるように心がける。つまり、富裕層にとってはファッションでさえ、自分の評価を高めるための一種の投資なのだ。


中西哲生

知らない場所に行ったり、初対面の人に会ったり、読んだことのない本を手にしたり。未知のものと出会うことで人間は成長すると思っているので、いつも新しい出会いを求めています。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

限られた時間で効率的に勉強し、自分の市場価値を高めて組織に必要な人材になるには、スキルアップも戦略的に取り組む必要がある。スキルアップを目指す際に重要なのは、「自分が身につけるべきスキルは何か」を見極めること。「将来は経営層を目指したい」という目標があるなら、そのために必要なスキルは何かを考えてみる。あるいは「この会社にはコンプライアンスのプロが少ないから、自分がスキルを身につければ重宝されそうだ」というように、組織のニーズから逆算して考えるのもいいでしょう。


齋藤薫

美容って放っておいたらどんどん男っ気のないものになってしまいがちですから、男性の美容ジャーナリストがもっと増えてもいいのではないでしょうか。メイクや化粧品における男性クリエイターはかなりいるのですから、男目線で、別に変な意味でなく「そそる」であるとか、男性は女性のどのような気配に美しさを感じるのかなんてことを、丁寧に説明してくれたら、それは女性にとって参考になるのではないでしょうか。


臼井由妃

経験の浅い部下に仕事を任せるときは、寄り添うようなアドバイスや指導が必要です。私の場合は、仕事を任せるとき、まず最終的な到達地点を具体的にイメージできるよう説明し、納期を定めてスタートダッシュをかけ、次に中間地点で状況把握をするようにしています。


高橋泉(経営者)

絶対にあきらめず、おかしいことは相手が国でもおかしいと言い続けることが大事。


松本大

社員の前で話すときに私が気をつけているのは、社員の表情や仕草の変化です。話が理解されていないときは、社員の顔が下を向くのですぐにわかります。私と目を合わせないか、目が合うとスッと視線を外す人は、会社や私に不信を抱いているのかもしれません。会場を見渡して、そういう人が一定数以上目についたら、こちら側になにかしらの問題があると思って、話の内容を変更するなどの対策を立てるようにしています。


オダギリ展子

整理整頓はミスの防止に絶大な効果があります。大事な書類やメモなどの紛失は、乱雑なモノの配置が原因となって起きるものです。身の周りが常に整理整頓されていれば、そのリスクを限りなくゼロに近づけられるのです。


盛田昭夫

欧米の批判には的を射ていない部分も多々ある。集中豪雨的輸出と言われるが、実態は集中吸引的輸入なのだ。【覚書き:日米経済摩擦に対するコメント。日本が経済黒字になっているのは、強い需要があるところに商品を供給した結果、大きな利益が生まれただけだという趣旨の発言】


ニュートン

賞讃は非難ほど反発されないし、少なくとも嫌がられない。


植田統

人間、時間がないと思えば決断を先延ばししなくなる。即断即決しなければ仕事が回らない状況を作ることが大切。


ページの先頭へ