名言DB

9419 人 / 110788 名言

チャールズ・ディケンズの名言

twitter Facebook はてブ

チャールズ・ディケンズのプロフィール

チャールズ・ディケンズ。ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家。12歳で一家離散し、親戚の靴墨工場の丁稚となる。その後、法律事務所の事務員、法廷の速記記者などを経て、報道記者となる。BOZというペンネームでエッセイを書きはじめ、雑誌に投稿。小説家の才能を認められ、人気作家となる。イギリスの国民作家と評され、著書『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』は読み継がれ何度も映画化された。

チャールズ・ディケンズの名言 一覧

今日できることを明日にしてはいけない。遅延は時間の盗人だからだ。


「あの人のご主人は心臓が張り裂けて……、心臓が張り裂けたのは、なぜでしたっけ」
「ペルーの鉱山から水を汲み出そうとしてでしょう」とトックスが答えた。
「自分でポンプを回していたんじゃありませんよ、もちろん」とチャックが弟の目を見ながら口を挟んだ。トックスの話を聞いて、ポンプのハンドルで胸を打って死んだのだと誤解しているようだったのだ。
「そうじゃなくて、鉱山株の投機にお金をつぎ込んで失敗したのです」【チャールズ・ディケンズ。ドンビーと息子より】


チャールズ・ディケンズの経歴・略歴

チャールズ・ディケンズ。ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家。12歳で一家離散し、親戚の靴墨工場の丁稚となる。その後、法律事務所の事務員、法廷の速記記者などを経て、報道記者となる。BOZというペンネームでエッセイを書きはじめ、雑誌に投稿。小説家の才能を認められ、人気作家となる。イギリスの国民作家と評され、著書『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』は読み継がれ何度も映画化された。

他の記事も読んでみる

哀川翔

「若いうちに3人ぐらいは、いい大人を見つけろ」って言いたい。甘えられるぐらいの器の大きな大人と出会うと、自分を変えるきっかけにもなるから。


秋田正紀

私は団体スポーツが大好きなんです。東大在学中、体育会系のヨット部に所属していました。年間の半分は合宿を行なっているような状態でして、かなり厳しい部だったんです。その部活動を通じて、みんなで力を合わせ、厳しさに耐えながら、大きな目標を達成する喜びを知りました。社内公募のアイデアは、そうしたヨット部での経験から考えたんです。


山岡孫吉

ブローカー商売はもう御免だ。自分は汗を流さないでおいて、口先だけで中間利潤をむさぼる商売は、いわば詐欺と同類である。


河合薫

「ダイバーシティ」を掲げる企業も多いですが、本来の意味でのダイバーシティをしている企業は非常に少ない。国籍、年齢、採用形態などあらゆる属性の人と一緒に協働するという概念なのに、なぜか女性登用の話ばかりなのです。「なんの目的でダイバーシティをなさっているんですか?」といっても、答えられるリーダーはほとんどいません。これでは、いつまで経っても多様な人が能力を発揮できる職場にはならないでしょう。


山崎武也

得意なことはかりやっていても、人は成長しない。不得意なことや難しいことにあえて挑戦することで、自分の器は大きくなる。


原島純一

内装業者は起業の先輩や気に入っている店の人などから紹介してもらうこと。ネットで見つけた悪質な業者に引っかかり、「ドアノブは別途費用がかかる」など、工事費がかさむケースも。支払い可能な金額を明言し、見積もり時点で明細をもらいましょう。


リチャード・カールソン

いい聞き手になると忍耐強い人になれるだけではなく、人間関係の質も向上させられる。みんな自分の話を聞いてくれる人と話したがるものだ。いい聞き手とは、相手の話を途中で遮る癖を持たないだけではない。自分の番が来るのをイライラと待つのではなく、相手が言いたいことをすっかり話し終えるまで満足して聞き手にまわるということだ。


野田順弘(オービック)

部下が成功を体験するまで待つというのは、相手に自分で自分の課題に気づかせるという意味合いもあります。上司が手取り足取り教えて指導しても、それでは部下の成長につながりません。部下が失敗をしたら、原因がわかっていてもあえて具体的に指導せずにおくのです。「上手くいかなかった原因を自分で考え、次にまた頑張りなさい」と声をかければ十分です。成功したときに、その答え合わせをしてあげればいい。


瀬戸薫

「社訓」の最初に記されている「ヤマトは我なり」とは、「自分自身=ヤマト」という意識を持ちなさいということを意味し、経験を踏めば踏むほど、味わいの出てくる言葉だ。特に当グループの場合、セールスドライバーが車で外出して一人になったとき、何を行動の規範にすればいいのか迷うことがある。だが「自分自身=ヤマト」であり、自分がこの地区でヤマトを代表する存在だということが分かっていれば、どうすればお客様に喜んでもらえるのか、そのためにどんな行動を取るべきか、おのずと答えが出てくるはずだ。社員たちは、日々の仕事のさまざまな場面で、「『ヤマトは我なり』とは、こんなことを言っているのか」と感じているのではないかと思う。


ジェフリー・フェファー

当社の競争戦略はこれでいいのか、成功の尺度はこれでいいのか。当社の本当のライバルはどこなのか――。それまで常識とされてきたことを疑ってかかり、大前提の再検討を促す人物は注意を引き、それが妥当であれば一目置かれるようになる。