名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

チャールズ・ディケンズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・ディケンズのプロフィール

チャールズ・ディケンズ。ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家。12歳で一家離散し、親戚の靴墨工場の丁稚となる。その後、法律事務所の事務員、法廷の速記記者などを経て、報道記者となる。BOZというペンネームでエッセイを書きはじめ、雑誌に投稿。小説家の才能を認められ、人気作家となる。イギリスの国民作家と評され、著書『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』は読み継がれ何度も映画化された。

チャールズ・ディケンズの名言 一覧

今日できることを明日にしてはいけない。遅延は時間の盗人だからだ。


「あの人のご主人は心臓が張り裂けて……、心臓が張り裂けたのは、なぜでしたっけ」
「ペルーの鉱山から水を汲み出そうとしてでしょう」とトックスが答えた。
「自分でポンプを回していたんじゃありませんよ、もちろん」とチャックが弟の目を見ながら口を挟んだ。トックスの話を聞いて、ポンプのハンドルで胸を打って死んだのだと誤解しているようだったのだ。
「そうじゃなくて、鉱山株の投機にお金をつぎ込んで失敗したのです」【チャールズ・ディケンズ。ドンビーと息子より】


チャールズ・ディケンズの経歴・略歴

チャールズ・ディケンズ。ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家。12歳で一家離散し、親戚の靴墨工場の丁稚となる。その後、法律事務所の事務員、法廷の速記記者などを経て、報道記者となる。BOZというペンネームでエッセイを書きはじめ、雑誌に投稿。小説家の才能を認められ、人気作家となる。イギリスの国民作家と評され、著書『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』は読み継がれ何度も映画化された。

他の記事も読んでみる

孫泰蔵

立ち上げた会社を成功させるためには、「成功するまで諦めずにやる」という一言に尽きる。


仲村トオル

「積極的に忘れる」ことを心がけています。撮影が終わったら台詞を忘れて、頭の中のハードディスクが空っぽになるように。撮影が終わった役柄の台詞が急に蘇ってくることもありますが、そんなときは忘れるために別のことを考えます。


藤井孝一

目的意識を常に高く持っておくためには、見える化が重要です。私は以前、目覚まし時計に「早起きして起業家になる」と書いた紙を貼っていました。


香山リカ(精神科医)

自分のキャパシティを超えて頑張ってしまうのは、周囲に自分を肯定してもらいたい気持ちがあるからです。その気持ちは、「仕事を投げ出すと評価が下がるのではないか」「会社から見限られるのではないか」という不安の裏返しなのです。では、本当に頑張れば評価されるのでしょうか。いまは残業しない人が評価される時代です。仕事を抱え込んでズルズルと仕事をしていると「効率が悪い」と上司に叱られて、むしろ評価を下げてしまいかねません。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

企業のみなさんも、言いたいことをほとんどすべて、10のうちの「9」までをデザイナーに聞いてもらえたら、最後にこちらがふと提案する「1」の話を聞いてもくださるんですね。


宮本恒靖

少しでも役に立てるように、いつも目線を上げ、誇りを持って、これからも挑戦を続けていきたい。


清水宏保

運動をする人によく言う言葉が「患者学を身に付けなさい」です。自分の体と向き合うことが、病気なり、ケガを改善して仕事への活力を生む第一歩だと思っています。


柳井正

本を読むことは、ビジネスマンに限らず、誰もがやらなくてはならないことでしょう。そして、本を読むうえで大切なことは、頭でっかちにならないこと。ビジネスマンならば読書を通して知識を増やすことよりも、仮説を頭に描きながら、考えながら読むこと。本来読書とはそういうものでしょう。脳から汗を流して読むこと。


荘司雅彦

人の協力を得るうえで大切なことは、貸しをつくることに尽きます。これは報恩の法則というもので、借りをつくればつくるほど、その人に恩を返したくなる心理が働くのです。


施崇棠(ジョニー・シー)

従来のようなスペックだけにこだわってモノを作るのは古い考え方になっています。今の時代に必要なのは理性と感性の両方を持ち合わせた発想であり、右脳と左脳のバランスのとれた製品づくりです。それを実現するために、ヒューマニティやエンジニア両方の考え方のパーフェクトなバランスを求めています。


駒崎弘樹

2年くらいITベンチャーをやって、これは自分が本当にやりたいことではないなと。じゃあ何をやりたいのかと自問自答して浮かんできたのが、社会をもっとよくすることでした。


坂根正弘

本質を見抜く目は一朝一夕に身につけられるものではありません。日々の仕事において現場を見たり、自分の考えを実行していく中で、徐々に磨いていくしかないでしょう。