名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

チャールズ・ディケンズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・ディケンズのプロフィール

チャールズ・ディケンズ。ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家。12歳で一家離散し、親戚の靴墨工場の丁稚となる。その後、法律事務所の事務員、法廷の速記記者などを経て、報道記者となる。BOZというペンネームでエッセイを書きはじめ、雑誌に投稿。小説家の才能を認められ、人気作家となる。イギリスの国民作家と評され、著書『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』は読み継がれ何度も映画化された。

チャールズ・ディケンズの名言 一覧

今日できることを明日にしてはいけない。遅延は時間の盗人だからだ。


「あの人のご主人は心臓が張り裂けて……、心臓が張り裂けたのは、なぜでしたっけ」
「ペルーの鉱山から水を汲み出そうとしてでしょう」とトックスが答えた。
「自分でポンプを回していたんじゃありませんよ、もちろん」とチャックが弟の目を見ながら口を挟んだ。トックスの話を聞いて、ポンプのハンドルで胸を打って死んだのだと誤解しているようだったのだ。
「そうじゃなくて、鉱山株の投機にお金をつぎ込んで失敗したのです」【チャールズ・ディケンズ。ドンビーと息子より】


チャールズ・ディケンズの経歴・略歴

チャールズ・ディケンズ。ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家。12歳で一家離散し、親戚の靴墨工場の丁稚となる。その後、法律事務所の事務員、法廷の速記記者などを経て、報道記者となる。BOZというペンネームでエッセイを書きはじめ、雑誌に投稿。小説家の才能を認められ、人気作家となる。イギリスの国民作家と評され、著書『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』は読み継がれ何度も映画化された。

他の記事も読んでみる

中村獅童(二代目)

育てられる側の若手も、ただ待っているだけではダメ。目の前を見渡せば、「尊敬できるな」と思える上司や先輩がきっといる。そういう人に自分から積極的に交わって学び、成長する。その醍醐味を味わってほしい。


山中伸弥

本当に偶然なのですが、私の場合、実験結果に導かれるように研究テーマがどんどん変わっていきました。実験をすると、全く予想していなかった結果が起きる。すると、なぜそんな結果が出たのか、俄然興味がわいてくる。それを追究するために研究対象が変わる。そんなことを繰り返してきました。自分で決めたというより、自然に導かれたように感じています。


野坂英吾

起業を志しても学生時代に出来ることは限られていますから、野球のキャプテンをしたり、学園祭の実行委員長をして、「リーダーとは何ぞや」を学びました。50人くらいの仲間を集めて皆が一つの目標に向かって取り組んでいくことを学べた経験が今でも活きています。


市居愛

銀行に預けたお金は見えない。どれくらい増えたか実感しにくい。対して500円玉貯金は、日々貯まっていくのを実感でき、貯金への意欲が湧いてくる。


午堂登紀雄

人より成果を上げるには、人より多く働くのは当然。大事なのは成果が上がる働き方をすること。


近藤太香巳

成功者を見て「自分には無理だ、あの人は特別だ」と思った時、気持ちを切り替えてほしい。成功者だって、ゼロの地点があったんですよ。最初から成功者じゃない。なんで成功できたのかと言うと、それは彼らが「成長者」だったから。ということは、自分だって成功できるわけです。極端な話、過去や未来なんてどうでもよくて、いま輝いていることが大事。未来はいまの連続なんだから、いま輝いていないと未来もダメなんですよ。


羽鳥兼市

もし、日ごろの小さな出来事に困難を感じる人がいるなら、その困難を取り除くよりも、自分の目標について考えてみるべきではないでしょうか。


大貫卓也

『TSUBAKI』は単なるネーミングではなく、女性像(これからの日本女性の象徴)であり、商品特性(椿油から抽出した美容オイルが入っている)であり、資生堂そのもの(花椿マークは資生堂の象徴)なんです。商品コンセプトとして僕がまず考えたのは、「日本発」ということでした。競合商品はアジアや欧米の美しさをコンセプトにしていましたが、資生堂ならやはり目の前にある日本の美しさだろうと。


加藤智治

リアル店舗には必ず人がいて、その人が新たな価値を生み出すのだと思いますと人を通じたサービスの提供と専門知識をもとにしたコンサルティングにより、商品購入以外にも来店価値を広げていきたいと考えています。


百田尚樹

あくまで僕の経験ですが、アイデアの独自性を左右するのは、インプットの「量」だと思います。一部の天才を除けば、ほとんどの人の脳味噌はゼロから何かを思いつくほど優れてはいない。ですから何かを生み出すには、とにかく「入れる」しかないのです。


山田隆持

変革の推進には、大きく2通りの方法があります。ひとつは本社に専属チームをつくり、そのチームが旗振り役になって進める方法。もうひとつは、現場にいる末端の社員まで含めて全員に参加してもらう方法です。当然、前者の方が迅速な推進が可能なわけですが、あえて後者の方法を選択しました。


高橋広敏(経営者)

企業は株主のものであり、従業員のものでもあるが、一定規模を越えて大きくなった企業はパブリック(公共的)な性格が色濃くなる。従って、社会や顧客の期待に応えるという視点が、経営上何にも増して大切になるはずだ。