名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

チャールズ・スミスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・スミスのプロフィール

チャールズ・E・スミス。アメリカの事業家、経営コンサルタント。ニューメキシコのサンタフェで経営コンサルティング会社を経営している人物

チャールズ・スミスの名言 一覧

優秀な経営者は現在とはまったく異なる未来からの使者、マーリンのように行動する習慣を身につけ、企業の役割について画期的なビジョンを吹き込む。
【覚書き:マーリンとは『アーサー王物語』の登場する魔法使い。主人公を導くメンター(師)の役割を担ったキャラクターで、多くの知識を持ち、未来予知の能力を持つ人物】


チャールズ・スミスの経歴・略歴

チャールズ・E・スミス。アメリカの事業家、経営コンサルタント。ニューメキシコのサンタフェで経営コンサルティング会社を経営している人物

他の記事も読んでみる

平野岳史

自分の成長が会社に抜かれてしまうと、人は満足してしまうんです。そうなると、会社の成長も個人の成長も、僕は終わりだと思うんです。どの経営者も、自信をもって怖いものなしの時もあれば、自信がなくてなんでこれで俺は会社をやれているんだろうと思う時、その両面があると思うんです。人間ですから、ずーっと強気一辺倒で行ける人なんていないですよ。ただそれを言葉に出すかどうか、そういうふうに感じながらも考えないようにする意志の強さを持っているかどうか、それだけだと思うんです。


澤田秀雄

どうすれば変化の早い時代のオセロゲームの勝者になれるのか。勝敗を分けるのは、情報と時間である。


高橋大輔(フィギュアスケート)

完璧を目指すことはとても大事です。でも練習も何もかも完璧にこだわりすぎると、ケガなどのアクシデントでうまくいかなかった時に、「ああ、もう無理だ」と投げ出したくなって停滞したり、不安が生じたりします。そうした不安は、試合本番のメンタルに大きな影響を与える。完璧に準備できなかった中で、どれだけ本番で実力を出し切り、土壇場でも柔軟な対応を取れるかが大事だと思います。


宇佐美進典

私の仕事は、考える際の材料だしのための質問をすることと前提条件の擦り合わせです。会社が進みたい方向を理解していないまま、担当者が見えているところだけで突き進むと、会社の目指すところからズレてしまう。


徳重徹

いま、大企業にいる人にも変わってもらいたいし、年齢も関係ありません。50歳くらいならローンもかなり返済し、子供も成長しているはず。何かに挑戦したいという気持ちがあるのなら、むしろ動きやすくなっているのではないでしょうか。


堀木エリ子

スタッフに対して、作品の対処法をはじめ、書き綴っていきました。すると、予想以上にやるべきことが多く、「スタッフだけでは到底無理。とても死ねない。私がやらなければ!」と気づいたんです。そこで、どうしたらいち早く達成できるかを真剣に考えて、次々と行動に移しました。全身麻酔の手術をした4日後に、東京に出張に行ったくらいです。先生も驚いていました。
【覚書き|悪性ガンの手術をしたときを振り返っての発言】


久代敏男

毎年、毎年、適性要員化というのばかりやってきました。希望退職の募集や指名解雇などはまったくせず、取引先や関係団体に受け皿をつくって、出向なり転籍という形で、人を減らしてきました。人事とは、人間が相手だから、義理人情の世界です。人間って論理で負けたら、怨念しか残さないんです。でも、全人格的に負けたら、子分になってしまいます。
【覚書き|人事部長時代を振り返っての発言。水産部門のリストラでは従業員を路頭に迷わせないよう活動したことを語った言葉】


佐々木常夫

大事なのはスキルではなく、「志」をもつこと。どう働きたいのか、あるいはどう生きたいのか、その志さえあれば、スキルは後から自然とついてきます。


有本隆浩

やるからには1等賞になるぞという思いがあった。ただ、総合型に走っても大手には勝ちにくいので、特化型でやろうと。そこで、管理部門に特化した紹介業をスタートさせた。


福原裕一

「月商○○○万円。達成できたら給与アップ。できなければ給与ダウン」と、飴と鞭を与えたところでチームワークは生まれません。職場、つまりチームで自分が必要とされているという安心感と、感謝の気持ちを介した信頼関係の構築によって、はじめてチームワークが醸成されていくのだと信じています。


宋文洲

正直に言って、管理職は「いい時」よりも「悪い時」の方が多い。でも、その悪い時に「どうやって結果を出すか」をとても厳しく問われる過酷な立場です。管理職がやるべき仕事は新しいことや改革だから、仮に部下6人が賛同してくれても残り4人は反対しますよ。「いや、宋さん、私の部下は8~9人が理解してくれますよ」と言う人がいたら、その人は「これまでと同じことを今日もやろう」と言っているに違いない。半数近い反対派に負けずに推し進めていくことが重要で、その孤独感やつらさを我慢して乗り越えていかないといけないのです。気づいていない人が多いようですが、管理職は本質的には経営側の人間だから仕方ない。


徳重徹

20代の社員にそこまで任せて大丈夫かとよく聞かれるけれど、あのソニーだって欧米で事業を立ち上げた1960年代を担ったのはみな20代でした。ところが、今の時代にもっとも優秀だとされる学生は、ほぼ全員が大企業に入ってしまっているんですね。大手の商社や銀行などで必要とされる「優秀な人材」はせいぜい1割か2割。8割以上の社員が本来は非常に優秀でありながら、その能力を活かせない仕事をしている。僕らのような企業がもっとたくさんあれば、その現状を変えることができるはずです。