名言DB

9419 人 / 110788 名言

チャールズ・シュルツの名言

twitter Facebook はてブ

チャールズ・シュルツのプロフィール

チャールズ・M・シュルツ(チャールズ・モンロー・シュルツ)。アメリカの漫画家。ミネソタ州出身。幼少期から絵を描くことに没頭する。第二次世界大戦従軍、アート・インストラクション・スクール勤務などを経て漫画家になる。代表作に『ピーナッツ(スヌーピー)』。

チャールズ・シュルツの名言 一覧

朝起きたら新しい日に感謝して、それから何か建設的なことをする計画を立てなさい。


チャールズ・シュルツの経歴・略歴

チャールズ・M・シュルツ(チャールズ・モンロー・シュルツ)。アメリカの漫画家。ミネソタ州出身。幼少期から絵を描くことに没頭する。第二次世界大戦従軍、アート・インストラクション・スクール勤務などを経て漫画家になる。代表作に『ピーナッツ(スヌーピー)』。

他の記事も読んでみる

菊原智明

ちょっとした態度や身なりの崩れで、「やる気がない」「だらしがない」という印象を与えてしまいます。それが結果として上司や取引先からの評価を下げている可能性がある。


田崎正巳

私の実感ですが、経験にムダはひとつもないんです。たとえば、コンサルタントという私の現職だけをみると、大学を出たらすぐにアメリカの大学でMBAを取って、大手のコンサル会社に就職するというのがもっとも効率的なキャリアかもしれません。でも、実際には味の素に就職して、九州のスーパーマーケットを回っていた経験が非常に役に立っているんですよ。店の倉庫整理を手伝ったり、ポスターを貼ったり。そういう経験を積んでいると、たとえばメーカーにコンサルティングをするときに「小売店のフォローが大事ですよ」といったときの重みが違う。「こいつはちゃんと裏づけがあっていっているな」と経営者の方が感じてくれるんです。これは、いわゆるエリート然としたコンサルタントにはない私の強みでしょうね。「いい経験をしてきたなあ」とつくづく思います。


藤岡頼光

すべての人を尊敬している。誰が偉いとか偉くないとか考えたことがない。かっこつけてるわけじゃなくて、職種によって誰が偉いとかないし、自分と違う人のことを尊敬する。


阿部孝司

競合が我々と同じことをしないのは、大変な労力がかかるからです。我々はお客様の要望ではなく、欲求の本質について自分の頭でいちから考えています。そしてそんなことができる人間を教育するのは極めて難しいのです。


宮城治男

父は商売人で、惣菜などを売るスーパーマーケットを経営していました。いわゆるサーバントリーダーで、従業員に対し上から偉そうに指示を出しているところを一度として見たことがありません。従業員がやりがいを持って働けるように接していたようです。私も小学生のころから惣菜づくりを手伝っていた関係で、一緒に働いていたパート従業員の方々それぞれに人生や生き様があるのだと、子どもながら感じていました。そうした経験があるからこそ、社長やリーダーに限らず働く一人ひとりに大切な人生があること、むしろそれを尊重し、やりがいを持って働ける環境をつくることこそがリーダーの仕事だと考えるようになりました。


茂木克己

人間やる気が起こると、それまで眠っていた能力にも火がついて、思いがけない力を発揮します。こうした人間が増えることによって、企業が活性化されるのです。


石原良純

僕の性格は、石橋を叩いて叩いてから渡るタイプ。意外でも何でもないですよ。決して闇雲には手を出さない。準備が整ってからGOです。


今井登茂子

今回は引き受けられないが縁は切りたくない相手に対しては、「また、何か機会がありましたら」、「半年後でしたら」「また○○のようなお話が出ましたら」など、自分が次の機会をつくろうとしている意志を示すようなひと言が非常に効果的です。


永守重信

欧米と違い日本に残業が多い理由には、「上司が帰らないうちは、部下が先に帰れない」といった日本社会特有の意識がある。そういった悪しき「ツレ残業」をなくすためには、率先して上司が定時になったら帰るという空気を醸成する必要がある。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

今を楽しみながら、静かな欲を持って自分を伸ばしていきたい。