名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

チャールズ・ケタリングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・ケタリングのプロフィール

チャールズ・ケタリング。米国の技術者、教師、科学者、発明家、社会哲学者。300以上の特許を取得した。主な発明に「レジスターの電動化」「車やバイクのイグニッション・システム(点火装置)」「自動車のセルフスターター」「自動車の電気式ヘッドライト」「携帯ライト」「ミサイルの前身である空中魚雷」「性病の治療法」「未熟児の保育器」「エンジン発電機」「速乾自動車塗料」など。

チャールズ・ケタリングの名言 一覧

ライト兄弟は、不可能という名の煙幕をとびぬけたんだ。


999回失敗しても、1回うまくいけばいい。それが発明家だ。失敗は、うまくいくための練習だと考えている。


この世の中には最初からうまくいくものなどほとんどない。成功へと至る道では、失敗、それも度重なる失敗が道しるべとなる。失敗したくなければ、何もせずじっとしているほかない。試行錯誤を重ねながら、成功を目指して一歩一歩前進していくことが大切だ。


自由に開かれた心があれば、必ず地平線は開ける。


成長は与えられるものではなく、自らの手で勝ち取るもの。


失敗する事を恥ずべきではなく、その原因を明らかにする為にあらゆる失敗を分析すべきである。失敗するという事はこの世で重要な教育科目の一つなのだ。


自分自身を信じ、自分考えを信ずるなら、たいていは成功することが私にはわかった。


発明家は、学校で教わったことなど、あまり重視しない。


進み続けなさい。期待していたことが、偶然にでもつかめるはずだ。座ったままで、偶然にチャンスを見つけたという話は聞いたことがない。


問題を手際よく表現すれば、問題は半ば解決されている。


過去に興味はない。未来に興味がある。なぜなら、そこで残りの人生を過ごすことになるからだ。 n


心を開いていれば、そこは常にフロンティアだ。


我々の行く手、未来に招く希望をさえぎっているのは、実は我々の想像力なのである。我々が明日花開くのにただひとつ足枷となるのは今日の疑念だろう。


人が欲しいと思うものを作ればビジネスは自然と立ち直る。


チャールズ・ケタリングの経歴・略歴

チャールズ・ケタリング。米国の技術者、教師、科学者、発明家、社会哲学者。300以上の特許を取得した。主な発明に「レジスターの電動化」「車やバイクのイグニッション・システム(点火装置)」「自動車のセルフスターター」「自動車の電気式ヘッドライト」「携帯ライト」「ミサイルの前身である空中魚雷」「性病の治療法」「未熟児の保育器」「エンジン発電機」「速乾自動車塗料」など。

他の記事も読んでみる

野尻哲史

資産形成の力になるのは、単に長く投資をするというだけではありません。年収を上げる努力や、その収入からどれくらい資産形成に資金を回すかも大きな影響を持っています。資産形成は金融資産への投資だけでなく、自己投資とその効果も含めて総合的に考えていきたいものです。


本田直之

勉強の前に、まず勉強の目的を定めることが必要です。そこから俯瞰、逆算してすべきことを洗い出すと、自然と無駄は削られます。


細谷英二

トップと現場の距離を縮めるために、タウンミーティングといって、現場のスタッフ10名ほどと直接会って話す機会をつくりました。1回3時間ほどですが、毎週何としてでも時間を捻出するようにして、8年間で400回くらいやりました。


角和夫

下手な駆け引きは無用です。正面から本音をぶつけ、相手の本音を引き出す。そんななかから落としどころが見えてくる。


篠崎正芳

外国人と接する時は、「空気を読む」といったコミュニケーションではなく、「理解を深める」ためのコミュニケーションを心がける必要があります。「これぐらい言えば想像して分かるだろう」という、曖昧な伝え方は、「解釈の幅が広い」「言外に含まれる内容が多い」「抽象的」ということ。それでは、外国人に自分の気持ちや考えは伝えられません。あらゆる角度から様々な表現を使って伝えることが大事です。


三浦淳寬(三浦淳宏)

僕は1日の終わりに風呂に入り、必ず今日の言葉づかい、話し方などを思い返し、もっといい伝え方がなかっただろうかと考える時間をつくっています。


林文子

クロージングでは、ここで決めたい、契約を取り付けたいと自分の側だけの都合で考えては駄目です。むしろお客様の重荷を取り除いてあげたいという気持ちで臨むこと。お客様というのは、ほとんどが非常に迷っています。楽しいはずの買い物が、ときに重荷にさえなってしまう。そこでタイミングを見計らって背中をポンと押して差し上げるのです。


ドナルド・トランプ

私たちには誰でも、感謝すべきことがたくさんあると気づくべきだ。新年であろうと、感謝祭であろうと、ただの水曜日であろうと。


澤上篤人

どうも世の投資家は、「今回の相場」にこだわるのが、お好きのようだ。だから、底値で買って天井を売り、できるだけ大きく儲けたいと目をつり上げることになる。相場なんて今回限りではない。株式市場では、年に3~4回は暴落と言っていいような急落局面に遭遇する。10年間だと、30回は派手な株価下落にブチ当たるわけだ。だったら、ドカーンと下げる度にしっかり買っておき、相場上昇の熱気が高まってくるにつれて薄く薄く売り上がっていって利益確定しておくのだ。そして、「次の下げで、待ってましたの買いを入れる」を繰り返したらいい。


坂本龍馬

世の中のことは、月と雲のようにどうなるかわからず、おかしいものである。


藤巻健史

極的な資産運用とは「今後、強くなる国は、どこか」を見極められるかどうかの勝負なのである。日本だけで運用を考えている人は、後塵を拝することになる。


関口雄一

同僚同士のやりとりであれば、多少英語が間違っていても平気です。英作文のコンテストをしているのではなく、ビジネスをしているのですから。