名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

チャールズ・ケタリングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・ケタリングのプロフィール

チャールズ・ケタリング。米国の技術者、教師、科学者、発明家、社会哲学者。300以上の特許を取得した。主な発明に「レジスターの電動化」「車やバイクのイグニッション・システム(点火装置)」「自動車のセルフスターター」「自動車の電気式ヘッドライト」「携帯ライト」「ミサイルの前身である空中魚雷」「性病の治療法」「未熟児の保育器」「エンジン発電機」「速乾自動車塗料」など。

チャールズ・ケタリングの名言 一覧

ライト兄弟は、不可能という名の煙幕をとびぬけたんだ。


999回失敗しても、1回うまくいけばいい。それが発明家だ。失敗は、うまくいくための練習だと考えている。


この世の中には最初からうまくいくものなどほとんどない。成功へと至る道では、失敗、それも度重なる失敗が道しるべとなる。失敗したくなければ、何もせずじっとしているほかない。試行錯誤を重ねながら、成功を目指して一歩一歩前進していくことが大切だ。


自由に開かれた心があれば、必ず地平線は開ける。


成長は与えられるものではなく、自らの手で勝ち取るもの。


失敗する事を恥ずべきではなく、その原因を明らかにする為にあらゆる失敗を分析すべきである。失敗するという事はこの世で重要な教育科目の一つなのだ。


自分自身を信じ、自分考えを信ずるなら、たいていは成功することが私にはわかった。


発明家は、学校で教わったことなど、あまり重視しない。


進み続けなさい。期待していたことが、偶然にでもつかめるはずだ。座ったままで、偶然にチャンスを見つけたという話は聞いたことがない。


問題を手際よく表現すれば、問題は半ば解決されている。


過去に興味はない。未来に興味がある。なぜなら、そこで残りの人生を過ごすことになるからだ。 n


心を開いていれば、そこは常にフロンティアだ。


我々の行く手、未来に招く希望をさえぎっているのは、実は我々の想像力なのである。我々が明日花開くのにただひとつ足枷となるのは今日の疑念だろう。


人が欲しいと思うものを作ればビジネスは自然と立ち直る。


チャールズ・ケタリングの経歴・略歴

チャールズ・ケタリング。米国の技術者、教師、科学者、発明家、社会哲学者。300以上の特許を取得した。主な発明に「レジスターの電動化」「車やバイクのイグニッション・システム(点火装置)」「自動車のセルフスターター」「自動車の電気式ヘッドライト」「携帯ライト」「ミサイルの前身である空中魚雷」「性病の治療法」「未熟児の保育器」「エンジン発電機」「速乾自動車塗料」など。

他の記事も読んでみる

八巻大介

技術力、営業力、価格競争力、どれを取っても大手には敵わない。では、当社が大手に対抗するためには、何ができるのか。そのことを追求していった結果、お客様の細かなご要望にまでお応えできる対応力というセールスポイントに行き着いた。


ティモシー・フェリス

定年退職は使えない生命保険のようなもの。備えは大切だけど、長年の労働でガタが来た体では、望みはかなわない。


柄澤康喜

可能な限り早く決断を下すことが大切です。巧遅拙速(こうちせっそく)、私の好きな言葉です。全員が賛成する状況を待っていては手遅れになるということです。そうした状況では、競合他社も同じ戦略を考えているからです。


キム・キヨサキ

どんな女性でも、自分自身の経済的な面をきちんと自分でコントロールしようと本気で覚悟を決めれば、必すその目標を達成できると私は確信している。


堀口智顕

1人のお客様に、どれだけ深く寄り添っていけるかを常に考えています。大切な不動産に新たな人間価値・事業価値・社会価値を創出。売買・賃貸仲介、ビル管理、建築企画、滞納賃料保証などの基幹サービス事業を磨き高め、そのノウハウを集約させた不動産再生事業で、高付加価値サービスと高付加価値商品をお届けします。


玄侑宗久

諦めず、しかも計画通りに遂行できずに暗くなっているのが、最近のビジネスマンではないだろうか。おそらくその最も大きな理由は、彼らが諸行無常の世界を、計画や予定という想定のうちに無理やり押し込め、しかも自分自身のことも想定内の存在として見くびっているからだろうと思える。


野尻哲史

資産形成はやり始めれば、ダイエットほど難しくない。まず毎月の給料日に給料口座から投資口座に資金を一定額を振り込むように、自動振替をセットします。「給料から節約して残ったら資産形成に回そう」とすると、苦しい生活をしなければならない気持ちになりがちです。でも、最初に給料から投資のお金を差し引いて、残りで生活するように考えれば、苦しい節約イメージも薄れるのではないでしょうか。


大久保幸夫

まず身につけておきたいのは、働くことに関する基礎知識です。労働基準法など、雇用に関する法律を大まかにでも理解していれば、いざというときのセーフティネットになります。賃金の引き下げなどのルール変更が行なわれようとしているときに、個人が主張できる権利や、法律で守られている事柄を知っておけば、自分の身を守る手段になるはずです。


吉山勇樹

「ワークライフ・バランス」という言葉がありますが、私は「ワークライフ・シナジー」だと考えています。つまり、仕事がうまくいけば私生活もうまくいくし、その逆も成り立つ、という相乗効果の関係にあるわけです。


ウルリッヒ・シュピースホーファー

経営環境の変化に対応するにはスピードが不可欠です。ヒエラルキーや複雑性を抱えていては、遅れてしまいます。組織をフラットにすると同時に、実際にラインにいる幹部に権限を委譲し、現場で決定できるようにしました。


井村荒喜

私が勉強し、わからないことを聞くという態度は、社員たちの間にも「新しい支配人は知ったかぶりはしない。知らないことを知らないとして一生懸命に勉強し、努力する。いいマネージャーだ」という空気を生じたようである。私の態度とやり方に対して、人間としてついてきたのだと思う。私の勉強の結果はたかが知れたものである。問題は結果ではないということだ。
【覚書き|中越水電支配人時代を振り返っての発言】


小路明善

ビール類の消費がシュリンク(縮小)していく状況で、私は業界を牽引するのではなく、業界全体を活性化させたい。