名言DB

9419 人 / 110788 名言

チャールズ・ケタリングの名言

twitter Facebook はてブ

チャールズ・ケタリングのプロフィール

チャールズ・ケタリング。米国の技術者、教師、科学者、発明家、社会哲学者。300以上の特許を取得した。主な発明に「レジスターの電動化」「車やバイクのイグニッション・システム(点火装置)」「自動車のセルフスターター」「自動車の電気式ヘッドライト」「携帯ライト」「ミサイルの前身である空中魚雷」「性病の治療法」「未熟児の保育器」「エンジン発電機」「速乾自動車塗料」など。

チャールズ・ケタリングの名言 一覧

ライト兄弟は、不可能という名の煙幕をとびぬけたんだ。


999回失敗しても、1回うまくいけばいい。それが発明家だ。失敗は、うまくいくための練習だと考えている。


この世の中には最初からうまくいくものなどほとんどない。成功へと至る道では、失敗、それも度重なる失敗が道しるべとなる。失敗したくなければ、何もせずじっとしているほかない。試行錯誤を重ねながら、成功を目指して一歩一歩前進していくことが大切だ。


自由に開かれた心があれば、必ず地平線は開ける。


成長は与えられるものではなく、自らの手で勝ち取るもの。


失敗する事を恥ずべきではなく、その原因を明らかにする為にあらゆる失敗を分析すべきである。失敗するという事はこの世で重要な教育科目の一つなのだ。


自分自身を信じ、自分考えを信ずるなら、たいていは成功することが私にはわかった。


発明家は、学校で教わったことなど、あまり重視しない。


進み続けなさい。期待していたことが、偶然にでもつかめるはずだ。座ったままで、偶然にチャンスを見つけたという話は聞いたことがない。


問題を手際よく表現すれば、問題は半ば解決されている。


過去に興味はない。未来に興味がある。なぜなら、そこで残りの人生を過ごすことになるからだ。 n


心を開いていれば、そこは常にフロンティアだ。


我々の行く手、未来に招く希望をさえぎっているのは、実は我々の想像力なのである。我々が明日花開くのにただひとつ足枷となるのは今日の疑念だろう。


人が欲しいと思うものを作ればビジネスは自然と立ち直る。


チャールズ・ケタリングの経歴・略歴

チャールズ・ケタリング。米国の技術者、教師、科学者、発明家、社会哲学者。300以上の特許を取得した。主な発明に「レジスターの電動化」「車やバイクのイグニッション・システム(点火装置)」「自動車のセルフスターター」「自動車の電気式ヘッドライト」「携帯ライト」「ミサイルの前身である空中魚雷」「性病の治療法」「未熟児の保育器」「エンジン発電機」「速乾自動車塗料」など。

他の記事も読んでみる

上田健一(経営者)

自分が部下だった時代、リーダーが独断でスケジュールを作成し、結果的に思わぬミスで遅延したことがありました。スケジュールを作成する際は、必ずメンバー全員の意見を聞くのが鉄則。


数土文夫(數土文夫)

「総務の仕事は定量化できない」という反論が返ってきたことがあります。しかし、たとえば総会担当だったら、来場者に満足度調査を実施し、進行や質疑内容などを5段階評価してもらえば定量化できます。「総務だから」は言い訳にすぎません。


藤冨雅則

商談中に相手の言葉を遮るのは論外です。相手の話す速さ、呼吸を観察し、そのペースに合わせることで空気をつくりましょう。


太田肇

満足感をもって仕事をしてもらうには、自分の名前で仕事をさせるといいでしょう。企画書にクレジットを入れるのはもちろん、誰のアイデアか、誰の意見か、誰が取り組んだ作業かを明確にするよう会社の仕組みとして制度化するのです。現在はそれが曖昧すぎるケースが多く、「上司が手柄を横取りした」「自分のアイデアが採用されたのに評価に反映されない」など、いらぬ不満を引き起こしているのです。


吉田照幸

見知らぬ人ばかりのパーティが苦手なのは、「人によく思われたい」という意識が先に立つからでしょう。だったらそれを「人をよく知りたい」に変えたらいいと思います。自分を知ってもらう前に、まずは人のことに興味を持つようにするのです。


小杉俊哉

社内起業のネタなんてそうそう見つからないと言う人は、3つの円を描いてみてください。最初の円には自分が社内でやらなければならない項目を、2つ目の円には自分がいまの役割を超えてもっとやれることを書く。最後の円には、制約ゼロという前提で、自分がいまの会社の社長だったらやりたいこと、あるいは外部コンサルタントの視点で「こうしたい」と思うことを書く。この3つの円に入る項目が重なっていれば、それは個人のビジョンと組織のビジョンが重なっているということ。その項目を事業のネタにしてみたらどうだろう。会社のためになるものなら、上司も認めてくれる可能性が高い。


中村義一

優秀な職人というのは、うちにいるやつで言えば、辛抱がすごいですね。60歳を越えても現役でやってもらっているけど、とにかくものを作るのが好きだからこそ、ジッと我慢ができる。それがすべてなんじゃないの?


佐久間昇二(佐久間曻二)

最終的に松下には37年間在籍しましたが、とんとん拍子に昇進したのは最期の10年だけでした。しかし、人の後ろを走る状況にあっても、仕事には常に一生懸命に取り組んできました。すると不思議なことに、必ず誰かが私を助けてくれたのです。山下(俊彦)社長もその一人でした。


鈴木純(経営者)

大事なことは、サプライチェーン、バリューチェーンで最も付加価値の取れるところでビジネスをすること。そのためにも、ソリューションプロバイダーを目指す。


武長太郎

当社のもう1つの事業がブライダル施設の運営です。東京タワーの目の前という立地性に加え、居酒屋という飲食ビジネスの領域から参入した当社独自のノウハウを活用することで、コストパフォーマンスを重視した価格設定で高回転を実現しています。1会場あたりの回転率は年間で191回転を誇ります。