名言DB

9490 人 / 112001 名言

チャールズ・ケタリングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・ケタリングのプロフィール

チャールズ・ケタリング。米国の技術者、教師、科学者、発明家、社会哲学者。300以上の特許を取得した。主な発明に「レジスターの電動化」「車やバイクのイグニッション・システム(点火装置)」「自動車のセルフスターター」「自動車の電気式ヘッドライト」「携帯ライト」「ミサイルの前身である空中魚雷」「性病の治療法」「未熟児の保育器」「エンジン発電機」「速乾自動車塗料」など。

チャールズ・ケタリングの名言 一覧

ライト兄弟は、不可能という名の煙幕をとびぬけたんだ。


999回失敗しても、1回うまくいけばいい。それが発明家だ。失敗は、うまくいくための練習だと考えている。


この世の中には最初からうまくいくものなどほとんどない。成功へと至る道では、失敗、それも度重なる失敗が道しるべとなる。失敗したくなければ、何もせずじっとしているほかない。試行錯誤を重ねながら、成功を目指して一歩一歩前進していくことが大切だ。


自由に開かれた心があれば、必ず地平線は開ける。


成長は与えられるものではなく、自らの手で勝ち取るもの。


失敗する事を恥ずべきではなく、その原因を明らかにする為にあらゆる失敗を分析すべきである。失敗するという事はこの世で重要な教育科目の一つなのだ。


自分自身を信じ、自分考えを信ずるなら、たいていは成功することが私にはわかった。


発明家は、学校で教わったことなど、あまり重視しない。


進み続けなさい。期待していたことが、偶然にでもつかめるはずだ。座ったままで、偶然にチャンスを見つけたという話は聞いたことがない。


問題を手際よく表現すれば、問題は半ば解決されている。


過去に興味はない。未来に興味がある。なぜなら、そこで残りの人生を過ごすことになるからだ。 n


心を開いていれば、そこは常にフロンティアだ。


我々の行く手、未来に招く希望をさえぎっているのは、実は我々の想像力なのである。我々が明日花開くのにただひとつ足枷となるのは今日の疑念だろう。


人が欲しいと思うものを作ればビジネスは自然と立ち直る。


チャールズ・ケタリングの経歴・略歴

チャールズ・ケタリング。米国の技術者、教師、科学者、発明家、社会哲学者。300以上の特許を取得した。主な発明に「レジスターの電動化」「車やバイクのイグニッション・システム(点火装置)」「自動車のセルフスターター」「自動車の電気式ヘッドライト」「携帯ライト」「ミサイルの前身である空中魚雷」「性病の治療法」「未熟児の保育器」「エンジン発電機」「速乾自動車塗料」など。

他の記事も読んでみる

栗城史多

大学時代の先輩は「楽しくなかったら下山しろ」と言っていました。生きて帰ってくれば、必ず次があります。


和田秀樹

最近は、モノよりも「気分」にお金を払う傾向がある。単にモノやサービスを提供すればお金が入ってくる時代は終わった。最大公約数的な情報は無視しても、貴重な知識や付加価値があれば投資を惜しまないのが現代。


中村貞裕

どの仕事をとっても、100%満足するということはありません。しかし、求めるべきなのは、僕自身の満足ではなく、クライアントの満足です。


山崎元

就職に失敗があるのは当たり前です。合わない会社だと思ったら、貴重な時間をムダにしないように、少しでも早く次の機会に挑戦したほうがいい。私にとって転職の大きな理由は、「仕事のスキルアップ&人材価値を上げたい」「大きな仕事を任されるなど、新しい仕事の場を求めて」「働き方の自由度を求めて」この3つでした。


朝倉祐介

計画は立てます。でも人生は計画通りにはいきません。いくら線表を引いて、詳細なプランを立てても、予想もしないことで変更を迫られる。そのときどんな意思決定をするかが重要なんだと思います。


土井英司

意思決定とは行動や戦略を選択することですが、いうまでもなくインターネットで検索して答えが出てくる類のものではありません。連続性の中で思考を重ねる作業が必要になります。そして、長時間にわたって他者の思考のプロセスや事実の展開をたどれるメディアは、本以外にありません。


森川亮

世界はいろいろな猛獣がいるジャングルです。それに比べて日本は平和な動物園のよう。もう少し、厳しいジャングルの環境に慣れないと、猛獣が日本に入ってきた時に、あっという間に食べられてしまいます。これからの時代は、誰もが国境を越えるのが当たり前になっていくでしょうから、平和な動物園にいる人は覚悟してください。


川本隆一

40歳くらいのとき、仕事で壁にぶつかり、思うように周りから評価もされず、非常に迷っていた時期があります。かの孔子は「四十にして惑わず」と述べていますが、凡人にとっては、なかなかそうはいきません。逆境にあって、人生とは何か、生きるとは何かを真剣に考えさせられました。


ジャック・ウェルチ

厳しいが公平で、厳しく尻を叩くが応分に褒賞を与え、ストレートに接する人物。業績を上げられない人は、こういう上司がどこかに消えてしまえばいいと願う。勝利を手にしたいと思う人は、こういう上司を求める。厳しい上司と働いてみてほしい。信じられないくらいにエネルギーが湧いてくるはずだ。


大坂靖彦

売らなくてもいい。まずお客様と話し、お客様のことをよく知ろう。


寺田和正

昨年は原点回帰ということで、組織を文鎮型にしました。「自走する」とか、「発信力や受信力の強化」など様々なテーマで取り組んできましたが、一度出来上がった組織を変えることは難しい。そこで今年は、仕組みそのものを大きく変えていこうと考えています。創業27年ですが、初めてカンパニー制を導入します。今まで企画は企画、PRはPRというように社内が部門ごとに分かれていましたが、これからはサマンサタバサ、サマンサベガなどブランドごとのカンパニー制にし、それぞれ生産から販売まで行う。そうした仕組みを作らなければ、人材教育をしても上手く機能しません。カンパニーで完結するような仕組みを作っていく。6つのカンパニーとその他約10の管理部門がそれぞれの責任を持つ形になります。


安藤徳隆

無駄がなくちゃ面白くないですよね。「無駄だから」「効率が悪いから」と言ってばかりでは、面白いことはできない。