チャールズ・ケタリングの名言

チャールズ・ケタリングのプロフィール

チャールズ・ケタリング。米国の技術者、教師、科学者、発明家、社会哲学者。300以上の特許を取得した。主な発明に「レジスターの電動化」「車やバイクのイグニッション・システム(点火装置)」「自動車のセルフスターター」「自動車の電気式ヘッドライト」「携帯ライト」「ミサイルの前身である空中魚雷」「性病の治療法」「未熟児の保育器」「エンジン発電機」「速乾自動車塗料」など。

チャールズ・ケタリングの名言 一覧

ライト兄弟は、不可能という名の煙幕をとびぬけたんだ。


999回失敗しても、1回うまくいけばいい。それが発明家だ。失敗は、うまくいくための練習だと考えている。


この世の中には最初からうまくいくものなどほとんどない。成功へと至る道では、失敗、それも度重なる失敗が道しるべとなる。失敗したくなければ、何もせずじっとしているほかない。試行錯誤を重ねながら、成功を目指して一歩一歩前進していくことが大切だ。


自由に開かれた心があれば、必ず地平線は開ける。


成長は与えられるものではなく、自らの手で勝ち取るもの。


失敗する事を恥ずべきではなく、その原因を明らかにする為にあらゆる失敗を分析すべきである。失敗するという事はこの世で重要な教育科目の一つなのだ。


自分自身を信じ、自分考えを信ずるなら、たいていは成功することが私にはわかった。


発明家は、学校で教わったことなど、あまり重視しない。


進み続けなさい。期待していたことが、偶然にでもつかめるはずだ。座ったままで、偶然にチャンスを見つけたという話は聞いたことがない。


問題を手際よく表現すれば、問題は半ば解決されている。


過去に興味はない。未来に興味がある。なぜなら、そこで残りの人生を過ごすことになるからだ。 n


心を開いていれば、そこは常にフロンティアだ。


我々の行く手、未来に招く希望をさえぎっているのは、実は我々の想像力なのである。我々が明日花開くのにただひとつ足枷となるのは今日の疑念だろう。


人が欲しいと思うものを作ればビジネスは自然と立ち直る。


チャールズ・ケタリングの経歴・略歴

チャールズ・ケタリング。米国の技術者、教師、科学者、発明家、社会哲学者。300以上の特許を取得した。主な発明に「レジスターの電動化」「車やバイクのイグニッション・システム(点火装置)」「自動車のセルフスターター」「自動車の電気式ヘッドライト」「携帯ライト」「ミサイルの前身である空中魚雷」「性病の治療法」「未熟児の保育器」「エンジン発電機」「速乾自動車塗料」など。

他の記事も読んでみる

ケラリーノ・サンドロヴィッチ

レーベルを立ち上げたのも、まったく戦略的ではなく、自分や仲間のレコードを出したいけどメジャーでは出してもらえなかったから。本当に好きなこと、やりたいことを続けてきただけとしか説明できないんですよ。


阿川佐和子

取材で人に会う前は、ひととおり資料を読んで「こんなことを聞こう」とある程度決めておきます。ただし、10も20も質問項目を用意してインタビューに臨むようなことはしません。頭の中にあるテーマはせいぜい3項目。あとは、相手の話を聞きながら考えるようにしています。最初からメモを片手に、あれもこれも聞き出そうと前のめりになっていたら、自分の質問を切り出すタイミングばかりが気になって、肝心の相手の話が耳に入ってこないからです。


荘司雅彦

人の真似なんて自分のプライドに賭けてやりたくないという人がいるかもしれませんが、成功した人の型をまるごと真似てみる。これは成果を出すためのなによりの最短距離です。


藤原作弥

日銀副総裁への就任を打診された時には3日間、悩み抜きました。「才能もないし、その任にもない」と多くの方に申し上げましたが、最後は公のためだと思いお引き受けすることにしました。


新浪剛史

グループが広がり、仲間が増えて、いま3万8千人になっていて、海外の方が多い。それぞれがバラバラにやっていては絶対にダメ。根っこは一緒であるべき。


安田洋祐

インセンティブは、金銭的な動機という狭い意味で使われることがありますが、実は金銭換算できないリターンやコスト、心理的な影響なども含みます。「蓼(たで)食う虫も好き好き」で構わない、という点に注意してほしい。


井上智治(コンサルタント)

どんなに優秀な人でも、すべての分野でプロ並みの知識や技量があるわけではありません。また、斬新なアイデアを提案できるセンスも、一朝一夕に身に付くものではありません。以上のようなことを自覚させ、トータルなプランを顧客に提示できるように教育していくとどうなるか。超一流の釣り書きを持ち、最初はプライドばかりが目立った人たちも、やがては周囲と謙虚に向かい合う、真の意味で「仕事のできる部下」に育っていくのです。


吉田たかよし

光(日の出)によって人が自然に目覚めるようになっているのは、やはり外敵に襲われないようにとの本能ゆえ。太陽が地平線から出てからではなく、むしろ出る前、東の空が白んでくる頃の光が脳の体内時計のスイッチを入れるのです。さあ、朝だ、起きるぞと体のほうから目覚め始めるのです。


小池修一郎

振り返れば何とか困難を乗り越えようとやってきたことが、個性につながっていると感じます。


北島義俊

未来から見れば当たり前にあるような事業を創造するという気概で頑張っていきたい。


三浦善司

私はリコー入社以来、ハンディーサイズの手帳をずっと使い続けていますが、毎年最初に、手帳の1ページ目にある年間カレンダーの横に「今年実行すること」として決意表明を書き込むようにしています。経営方針に関わるものから、プライベートなものまで大体10項目くらい書きます。書いておけば、忙しさに紛れて忘れることもない。常に目に入るので、決意を実行するよう促される。毎年、この目標をクリアできるように努力し続けたからこそ、今があると思っています。


松井忠三

我々の最大の強さは、全社員が「これは無印らしい」「らしくない」という感覚を共有していることでしょう。これを全社員がDNAとして持っています。


ジャック・ウェルチ

直感や本能は恥ずべきものではない。それは単にパターン認識の一つと言えるのではないだろうか?あることをそれまで何度も何度も見てきた経験から、今回の事の成り行きも見当がついてしまう。言い換えれば直感と言うのは、底深い、たぶん潜在意識化で熟知していることと言えるのではないか。直感をうまく生かすためのコツは、どういうときにそれを信じるかだ。取引案件に関しては直感が当たることが多く、人を採用するとなると当たらないことが多い。直感にはそういう傾向がある。


柳生石舟斎(柳生宗厳)

万物は無に体(たい)するぞ兵法も無刀の心奥義なりけり。


國松孝次

日本の警察は犯罪を解決するだけでなく、生活に密着したサービスを提供しています。そうして市民と交流しているからこそ、日本の警察は犯罪を未然に防いだり、犯人を高い確率で検挙することができる。


ページの先頭へ