チャールズ・クーリーの名言

チャールズ・クーリーのプロフィール

チャールズ・ホートン・クーリー。アメリカの社会心理学者。ミシガン大学で経済学と社会学を学ぶ。その後、アメリカ社会学協会創立メンバーの一人となる。「鏡に映る自我」の概念で知られている。

チャールズ・クーリーの名言 一覧

明日はなんとかなると思うのは馬鹿者だ。今日でさえ遅すぎる。賢者は昨日のうちに済ませてしまっている。


我々は、自分の容姿や身ごなしや、目的や行為や、性格や友達その他についてのなんらかの考えを、他人の心の中に想像し、その考えのいかんによってさまざまな影響を受ける。


チャールズ・クーリーの経歴・略歴

チャールズ・ホートン・クーリー。アメリカの社会心理学者。ミシガン大学で経済学と社会学を学ぶ。その後、アメリカ社会学協会創立メンバーの一人となる。「鏡に映る自我」の概念で知られている。

他の記事も読んでみる

伊集院静

朝起きた時いつも「今日だ」と思うんです。昨日どれだけ飲んで二日酔いでも、「今日だ。今日のはずだ。今日は今まで書けなかったものが書ける日だと信じよう」と。今日は必ず自分にとって大事な1日になるぞということを、あえて思うようにしているんです。


中村久三

何が当たって、何が当たらないのかはわからないのに、「選択と集中」と言うと、技術者の頭の中にあるチャンスの芽を摘んでしまいます。「こうすれば、何か面白いものができるかもしれない」と自由に発想できる環境が重要です。


森俊憲

筋肉は加齢によって減ってきますが、逆に筋肉は身体の組織の中で唯一、加齢に抗えるとも言われています。90歳の人でも、トレーニングをすれば筋繊維が太くなることがわかっています。若いほうが効果が出やすいのは確かですが、始めるのに遅すぎることはありません。人生で一番若いのは「今」なのですから。


イチロー(鈴木一朗)

自分が人生かけてやってきた、一番時間を費やしてきた、一番自信を持って勝負してきたことで、精神的に一段上に上がれるチャンスができたわけですから、それは辛いこともありますけど、だからこそ面白いし、ドキドキできるんです。


水田正道

人は仕事を通じて成長し、社会の課題を解決していく。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したい。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

まず、目の前の相手に本当に思うことを言う。相手が何かを話してくれる。それをこちらも考えて、また本当に思うことを言う。そんな議論ができれば仕事は成立するんだとわかると、どの仕事もおもしろくなっていきましたね。


西本甲介

人材ビジネスの基本は、企業と人材の双方にとって最適な組み合わせを提供すること。


石田忠正

JR貨物では数字の目標はすべて本社が管理していました。それでは、現場はやる気が起きない。意味も分からず「やれ」と言われているだけですから。今は各支社に責任と権限を完全に委譲しています。毎日走っている500本の列車の収支を路線別、往復別、駅別などに分解することで、赤字の根源・問題の所在が明らかになりました。そして、収支はすべて支社、現場で管理されています。どの駅にも現場にも昨日の列車実績が貼り出され、駅員も運転手も営業もそれを見て毎日の業務につくようになりました。列車積載率も定時運行率も4年連続で記録を更新しています。誰もが「俺の列車だ」という気概を持って毎日働いているからです。現場の力の現れです。


野中正人

当社には製造のノウハウがありません。モノを作るノウハウと商品を企画する力は専門メーカーにはかなわない。私たちはあくまで小売りで、そこにプライドを持っています。もちろん情報をたくさん集めて、選別する目は鍛えています。ただあくまでお客様の目線でこういう商品がこの価格なら売れるという視点です。製造小売りを目指すよりも、取引先のメーカーに、お客様がこういうものを欲しがっていますよと伝えて、作ってもらう方が、ずっといい商品が出来上がってくる。仕入れに徹する小売りとして、まだまだ効率化できる部分がある。それを理屈通りに徹底してやっていくのが「しまむら流」です。


苅野進

理解してほしいのは、「ロジカルシンキングは、いつでも誰にでも通用する答えを出してくれる魔法の道具ではない」ということ。その場にいる全員で「前提」を確認し、共有していなければ、考えた結論に対して納得感を得ることはできませんし、論理的に導き出した案も実際にうまくいくかどうかは未知数なので、ほぼ確実に修正が必要になります。


小島貴子

2回目以降の転職では、最初の転職先より大きな会社に勤められる可能性は限りなく低くなる。表面的には労働条件が悪化することになるが、実力次第では前職よりもよい条件を確保できる。たとえば、前職で獲得した優良な顧客や営業ノウハウを武器にすれば、転職先で以前よりもよいポジションに就くことも可能だろう。会社の看板ではなく、自分の名前で仕事が取れるようにしたい。


寺田和正

基本的には、朝から仕事をできるに越したことはないですね。朝は仕事がはかどりますから。僕は1日に2回、朝夕に頭が働く時間外があるのですが、その時間に決裁業務などをパッと終わらせてしまうことが多いですね。その代わり、夜はじっくりと人と話す時間に充てています。大切なのは、仕事の性質によって時間をうまく振り分けることかもしれません。


マイケル・ポーター

人々とのつながりを構築したいという、とても社会的な思いから始めた起業家もいます。別の起業家は病気を発見する機械を作ることに情熱を燃やすかもしれませんし、人々が買い物をする方法を変えることに情熱を燃やす人もいます。そこから生まれた企業のひとつが米アマゾン・ドット・コムです。より効率的にエネルギーを使う方法を考案するなど、全く別のことに情熱を燃やす人もいるはずです。


坂根正弘

「専門知識のある部下や外部に分析させ、結論を出させて、社長はそれを聞くだけ」では、犠牲を伴う決断はできません。自分で調べ抜き、考え抜いたからこそ腹をくくることができた。私は常々、「経営者はアナリストであれ」と言うのですが、それは責任を断行するためです。自分で分析し、考え抜いて本質をつかまないかぎり、社内の誰も説得できないのです。


石村賢一

当社はECに関するバックヤードの「丸投げ」大歓迎です。最近では以前ECに失敗した大手企業から「丸投げ」の引き合いが増えています。バックヤードは当社に任せて、商品企画、顧客管理、顧客とのコミュニケーションに専念することで本業との相乗効果も出ています。


ページの先頭へ