名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

チャールズ・ガーフィールドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・ガーフィールドのプロフィール

チャールズ・ガーフィールド。米国の心理学者、ビジネストレーナー。生産性向上、能力開発などの研究と教育を行う。主な著書に『ピーク・パフォーマンス ベストを引き出す理論と方法』ほか。

チャールズ・ガーフィールドの名言 一覧

最高のパフォーマンスを披露した選手たちをインタビューしてわかったのは、みんな、練習の時も、実際の実際の競技の時も何らかの形で精神的なリハーサルを行っているということである。


チャールズ・ガーフィールドの経歴・略歴

チャールズ・ガーフィールド。米国の心理学者、ビジネストレーナー。生産性向上、能力開発などの研究と教育を行う。主な著書に『ピーク・パフォーマンス ベストを引き出す理論と方法』ほか。

他の記事も読んでみる

石坂正人

能力の違いは、生まれつきですから仕方ない。そして、適材適所に配置しなければなりません。だが、それぞれの能力いっぱいに努力しない者は、上から見ていると分かります。


御手洗冨士夫

いまのようなスピードの速い時代になると、一カ所でものを生み出して、世界中にばらまくやり方では間に合いません。そこでいま私が考えているのは、三極体制による経営です。本社を東京とアメリカ、ヨーロッパにつくります。メーカーの本社とは、研究、開発、生産、販売の機能を持ったものを指します。アメリカやヨーロッパでは、東京では開発していない技術を核に、新しい製品を展開していく。そうした体制で、経営スピードを上げて世界の市場をカバーしていきたいのです。


仙石通泰

約20前、この会社に入った時の主要取引先はNEC1社だけでした。「これはまずい」と思い、社内改革を進めました。その結果、取引先は10年後には10社に増え、今では約100社に達しています。これは接待やゴマスリをやって増やしたのではありません。インテリジェンスを生かし、得意先が喜ぶ提案をタイムリーに提示するという努力を重ねた結果です。


野口実(ABCマート)

取り扱うナショナルブランドも、ナイキさん、アディダスさんなど、全部メーカーとの直取引です。私たちはもともと生産卸をやっていましたから、問屋さんを一切通さないという考え方です。


藤田晋

突出した成果を上げた人は、出る杭は打たれると言われるように周囲から目をつけられます。そんなときは揚げ足取りに注意。対応が面倒ですが、それは突出した結果を出した者の宿命として、つき合わざるを得ないと思った方がいい。揚げ足を取られてイライラしたり、キレてしまったりするようでは、ビジネスパーソンとして甘いと考えてください。


井深大

私はこれまでいろいろなモノをこしらえて商売にしてきたが、たいてい軍とか役所とか放送局のもので与えられた仕様書によってつくったモノばかりだった。それで何か大衆に直結した商品をかねがねやってみたいと思っていた。大衆は製品の厳しい審判官であり、正しい評価をするものだと信じていたので、大衆商品は一番やりがいがあるような気がしていた。
【覚書き|テープレコーダー開発に取り組んだ当時を振り返っての発言】


寺門ジモン

高校卒業後、俳優になろうとテアトルエコーという劇団の養成所に入ったけど、そこで一緒になった竜ちゃん(上島竜兵)とオレは、いつもチョイ役ばっかり。結局、劇団に残れずにクビに。普通、劇団がダメとなったら、大半の人は「芸能界はダメか」って諦めちゃう。でも、ボクは諦めなかった。当時、コント赤信号の渡辺(正行)さんたちがテレビに出ていたので、「劇団で10年、20年とやっていくよりも、お笑いの世界に入ったほうが早道かもしれない」と考えたんです。「もう、いいよ。ボクはお笑いなんてやりたくない」って渋る竜ちゃんを「やろうよ、やろうよ」って無理矢理引っ張り込んで……。渡辺さんの所へ行ったことからダチョウ倶楽部が生まれたわけです。


米山公啓

低い目標をクリアしても達成感は小さいし、高すぎる目標ではやる気を失ってしまいます。自分の能力から判断して、成功確率が50%くらいの目標に挑戦することが、脳にとってもっともいい刺激になるんです。


永井孝尚

私は会社勤めをしながら本を書いていたのでここ数年間は2日以上続けて休んだことはほとんどない。そもそも平日にあまり疲れを溜め込まないように心がけることも重要だ。人によって体質は違うだろうが、私は平日は6時間以上寝るようにしている。それでもつらいときには、平日に早く寝て遅く起きることもある。私が勤務していた会社はコアタイムが10時からなので、普段7時に出社しているのを10時にずらすのだ。朝時間が習慣化していると、いつもよりゆっくり出社するだけでも疲れが取れてしまうのだ。朝時間の利点のひとつだ。


金田一秀穂

こんにちは。金田一秀穂です。「金田一」というと、京助とか晴彦とかいろいろいますが、私はその3代目なんです。あと耕助って人もいますね。彼と私は……、まったく関係ありません(笑)。

僕は講演会に呼ばれると、こんな「つかみ」で始めることが多いんです。自己紹介をかねて、ふふっと笑わせてリラックスしてもらいたいと思うからです。こうして場の空気を柔らかくできれば、聴衆のみなさんに「聞く態勢」になってもらえますからね。


冨山和彦

合理と情理の掛け算が人間力とも言えるのであり、その両方について、どこまで達人になれるかがリーダーには求められている。


宮永俊一

世界で戦っていこうと言っても、日本の中さえバラバラではどうしようもない。