名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

チャールズ・ガーフィールドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャールズ・ガーフィールドのプロフィール

チャールズ・ガーフィールド。米国の心理学者、ビジネストレーナー。生産性向上、能力開発などの研究と教育を行う。主な著書に『ピーク・パフォーマンス ベストを引き出す理論と方法』ほか。

チャールズ・ガーフィールドの名言 一覧

最高のパフォーマンスを披露した選手たちをインタビューしてわかったのは、みんな、練習の時も、実際の実際の競技の時も何らかの形で精神的なリハーサルを行っているということである。


チャールズ・ガーフィールドの経歴・略歴

チャールズ・ガーフィールド。米国の心理学者、ビジネストレーナー。生産性向上、能力開発などの研究と教育を行う。主な著書に『ピーク・パフォーマンス ベストを引き出す理論と方法』ほか。

他の記事も読んでみる

和田一郎(経営者)

独立前、経営コンサルタントに相談したところ、当初の事業計画を完全否定されました。当時は落ち込みましたが、もし事業を強行していたら、貴重な資金と時間を無駄にしたでしょう。


菊村到

仕事というものは男にとって自己表現、自己主張であり、生きることの証なんです。仕事をするということは自分を開発し発見していくことに他なりません。ですからどんな仕事にしろ受け身では仕事の中に生きがいを求めるのは無理、前向きの姿勢で意欲的に取り組んでいかなければ駄目です。仕事のための努力や苦労は、より大きな自分を育て上げるための自己投資です。


大嶋利佳

コミュニケーションで問題が起きるのは、言うことの「中身」ではなく、「言い方」が原因であることがほとんどです。


堀場雅夫

中近東では海水を淡水にしているでしょう。真水ができるのはいいけれど、それをつくるには塩分濃度がめちゃくちゃ高い排水を廃棄しないといけない。今度はその濃縮塩水で海の環境が変わって問題になっている。それをタンカー輸送費だけ払ってもらったら、日本が引き取ればいい。相手に感謝され、資源も手に入る。海の水には塩分以外にマグネシウム、カルシウム、カリウム、金、銀、レアアースも入っている。海水から取ったら割が合わないけれど、濃縮塩水からとれば割が合う。うまいことやったら、日本が資源国になれるかもしれない。こんな風に商売の種はごまんとある。


藤岡頼光

「通じた!」という経験をすると、俄然、楽しくなります。そして、もっと英語で伝えたくなる。こうして新たなモチベーションが生まれてきたら、あとは簡単。


西多昌規

メンタルの疲れの原因のひとつは、「飽き」です。側じ仕事を続けていると、経験が蓄積される半面、新鮮な興味関心が少しずつ薄れていきます。すると、脳の「報酬系」が働きません。この状態もまた疲れを引き起こします。


井上英明

経験からいうと、アイデアノートにたくさん書く月はいい仕事をしています。それだけいろんなことを考えて、新しいアイデアを生み出しているわけですから。一方で、ノートを使っていない月は、新しいことを生み出していません。新しいアイデアやビジネスを生み出すという意味でも、ノートを使うのは効果的だと思います。


西真理子

電話応対の際や、口頭で指示を受けたときは、メモを取ることが基本中の基本ですよね。私はB5サイズの縦型の速記帳を愛用していました。立ったままでも書きやすく、個人的に気に入っていました。メモを取るときは、固有名詞や日時、場所は間違いのないよう復唱して書き留めていました。上司は忙しいので、パッと指示して終わりになりがちですが、こうしたひと手間をかけることでミスを防ぐことができていたと思います。


稲葉善治

為替や景気について言えば、いずれも循環的な現象ですから、1年や2年の時間軸で起こる変化に一喜一憂する必要はありません。最短でも5年、10年の移動平均で変動を踏まえておけば十分。


嶋基裕(経営者)

自分とつきあうとどんなメリットがあるのか、相手に明確にイメージさせることができれば成功。


佐々木常夫

スケジュール管理も重要です。私は2つの卓上カレンダーと2冊の手帳を使っています。まず、カレンダーですが、いまは7月の隣に8月のカレンダーを並べ、予定を書き込み、2ヶ月分の予定を毎日確かめています。長い経験上、ビジネスは2ヶ月先を見通しながら進める必要があると考えているからです。手帳も2週間分のスケジュールが記入できる大きなものと、メモとして使う小さな手帳を併用してきました。スケジュールはスケジュール、メモはメモと使い分けた方が便利でしょう。


岩田松雄

無駄な仕事をしてしまう人というのは、「なぜこの仕事をするのか?」を理解していない。たとえば会議用の資料作成を頼まれたとします。それが役員会議用の資料だったらミスがあってはいけないでしょう。でも、部内のミーティングでブレストの素材にする資料だったら、必要な情報をざっくりまとめる程度でいい。「なぜ?」を理解することで、その仕事に求められるクオリティ、どの程度手間をかけるべきかがわかる。逆に、これがわかっていないと無駄な仕事をすることになります。