名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

チャーリー・マンガーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャーリー・マンガーのプロフィール

チャールズ・トーマス・マンガー、通称チャーリー・マンガー、米国株式投資家、ウォーレンバフェットのパートナーの一人、バークシャー・ハサウェイ副会長、証券会社ウェスコ・ファイナンシャル・コーポレーション会長、不動産弁護士から株式投資家になった人物

チャーリー・マンガーの名言 一覧

もし人々がこれほど頻繁に間違えなかったら、私たちはたいした金持ちにならなかっただろう。


自分が何を知らないかを認識すれば、知恵が生まれる。


良いアイデアはめったにない。勝算が高いと思ったら、大きく賭けるべきだ。


ウォーレン(バフェット)と同じように、私は裕福になりたいという強い情熱を持っていた。それはフェラーリが欲しいからではなく、自由が欲しかったのだ。私は猛烈に自由が欲しかった。


間違って価格づけされた賭けを探すこと、それが投資だ。ただし、その賭けが間違った価格なのかどうかがわかる十分な知識を持っていなければならない。それがバリュー投資だ。


私が成功できたのは、集中力が長く持続するからである。


大量の書物を読まずして、広い分野にまたがる、真に優れた投資家にはなれないでしょうね。どんな本であろうと、たったひとつだけ読んだだけで優れた投資家になれるはずはないのですから。


われわれは、フェルマーやパスカルが現代金融理論をきいたことがないかのように考えようと努めている。


バッファロー・イブニング・ニューズ社の将来に何が起きようとも、われわれの経済状態は、同社を購入しなかった場合よりもマイナスになろうことを、ほぼ100%確信しております。


チャーリー・マンガーの経歴・略歴

チャールズ・トーマス・マンガー、通称チャーリー・マンガー、米国株式投資家、ウォーレンバフェットのパートナーの一人、バークシャー・ハサウェイ副会長、証券会社ウェスコ・ファイナンシャル・コーポレーション会長、不動産弁護士から株式投資家になった人物

他の記事も読んでみる

森田直行(経営者)

JAL再建というと、アメーバ経営やフィロソフィばかりが取りざたされる印象があるが、それらを導入する前に大掃除を実行し、まずは利益を生み出す体質をつくったということを覚えておいていただきたい。


徳谷智史

私が会社員時代、著名な経営者に起業の相談をした際に「それでキミはいつ、起業するの?」と聞かれハッとしました。期限を決めることで、逆算していまやるべきことが見えてくる。行動するなら「いま」。漠然とした「いつか……」は永遠にやってこない。


大津秀一

親の人生について聞くことが親孝行になります。親の年齢になると、自分の生き方や経験を誰かに話したくなることがあります。そして、聞いてもらうと心が穏やかになる。子供が聞いてくれたら、それこそ親はうれしいでしょう。終末期医療では「ライフレビュー」と呼ばれ、患者の心のケアに使われています。


大山健太郎

朝は私にとって情報収集と運動の時間です。身体を鍛えているからこそ69歳になっても社員と丁々発止のやりとりができるのです。


島村琢哉

常識を踏襲しても上手くいかない場合は、原点に戻って考えるべき。


村田昭治

企業体質が強化され、社内の空気も乱れがなく、「心一致」「政策一致」「考動一致」がみられることが本当の企業成長だ。


白石美緒

もともとダンスの基礎があったので、面白かったですし、イベントで衣裳を着て踊ったりすると気分が上がって楽しいです。私はヨガもやっているんですが、ヨガは気持ちを落ち着ける運動ですし、ポールダンスは気持ちを上げる運動で、医者の仕事をする上でもいい効果があると思います。


山本幸美

ワークライフバランスを考えることは重要ですが、私は、若いうちは仕事に没頭する時期があってもいいと思います。失敗や挫折を含め、いろいろと経験したほうが40代以降いいリーダーになる人は多いし、その後の選択肢も増えます。


佐藤洋一(英語)

語学の短期スクールは、次のステップに進むための起爆剤にするといい。独学では進捗が見えにくくモチベーションも保つのが難しいですよね。伸び悩んだときに短期スクールに通えば、勉強のマンネリ化を打破し、次のステップに飛躍しやすい。


乘京正弘(乗京正弘)

すでに当社では数年前から「建設コンシェルジュ」という部門を設け、お客様のニーズに応えていこうとしています。これは業界でも初めての試みだと思います。建設コンシェルジュを中心に取り組んだ案件も出ています。当社のネットワークから、お客様の細かいご要望に適したコンサルタントや設備会社をご紹介して、それぞれの得意分野を生かして仕事を完成させる。プロジェクトにおいて多くの引き出しを持っている者を建設コンシェルジュとしています。若手を送り込んで、早く一人前のコンシェルジュに育つようにしていきます。


泉谷直木

機会は等しく全員に与えますが、その機会を自分でつかもうとする人にしか手はかけません。人材育成で全員の底上げだけをやっていると、平均点は上がっても尖った人が出てこなくなります。


中村直樹

業界に長くいると、お客様の視点と自分たちの視点がどうしても乖離してきます。バーニーズに出向した当初、とくにそれを感じました。バイヤー会議で、お客様の好みの話がほとんど出てこない。売り場の声が反映されず、「これカッコいいよね?」と自分たちの好みで、お客様が求めていない商品を揃えがちになっている……。これはまずいと思い、会議ではつねに「お客様は本当にコレを求めているのか?」と投げかけてきました。