チャーリー・マンガーの名言

チャーリー・マンガーのプロフィール

チャールズ・トーマス・マンガー、通称チャーリー・マンガー、米国株式投資家、ウォーレンバフェットのパートナーの一人、バークシャー・ハサウェイ副会長、証券会社ウェスコ・ファイナンシャル・コーポレーション会長、不動産弁護士から株式投資家になった人物

チャーリー・マンガーの名言 一覧

もし人々がこれほど頻繁に間違えなかったら、私たちはたいした金持ちにならなかっただろう。


自分が何を知らないかを認識すれば、知恵が生まれる。


良いアイデアはめったにない。勝算が高いと思ったら、大きく賭けるべきだ。


ウォーレン(バフェット)と同じように、私は裕福になりたいという強い情熱を持っていた。それはフェラーリが欲しいからではなく、自由が欲しかったのだ。私は猛烈に自由が欲しかった。


間違って価格づけされた賭けを探すこと、それが投資だ。ただし、その賭けが間違った価格なのかどうかがわかる十分な知識を持っていなければならない。それがバリュー投資だ。


私が成功できたのは、集中力が長く持続するからである。


大量の書物を読まずして、広い分野にまたがる、真に優れた投資家にはなれないでしょうね。どんな本であろうと、たったひとつだけ読んだだけで優れた投資家になれるはずはないのですから。


われわれは、フェルマーやパスカルが現代金融理論をきいたことがないかのように考えようと努めている。


バッファロー・イブニング・ニューズ社の将来に何が起きようとも、われわれの経済状態は、同社を購入しなかった場合よりもマイナスになろうことを、ほぼ100%確信しております。


チャーリー・マンガーの経歴・略歴

チャールズ・トーマス・マンガー、通称チャーリー・マンガー、米国株式投資家、ウォーレンバフェットのパートナーの一人、バークシャー・ハサウェイ副会長、証券会社ウェスコ・ファイナンシャル・コーポレーション会長、不動産弁護士から株式投資家になった人物

他の記事も読んでみる

櫻井英明

朝方の外資系動向とか裁定取引の手口だとか些末なことばかり聞いていることはそもそもの間違いかも知れません。ネットで紙芝居をカチャカチャやるだけで儲けようという姿勢はやめましょう。決算短信とスクリーニングだけでの投資は脱却しましょう。それらは単に一つの要素に過ぎません。企業には必ず伝えたいメッセージがある。訴えたいことがある。これを知って行う投資がこれからは必要になってくるに違いありません。だから「足で稼ぐ」というキーワードテーマにするべきでしょう。


ゲーテ

人間が、かつてできたことをいまでもできると考えるのは、極めて自然である。
いまだかつてできなかったことを、できると思う人があるのは、いかにもおかしいが、珍しいことではない。


森下篤史

店長は、部下の顔色は良いか、張切っているか、悩んでいる様子はないか、常に気を配り、「やりがい」のある職場づくりを目指せ。24時間部下の事ばかり考えろ。ちょっとした心使いを感謝され、お客からお礼を言われた喜び、自分が仕入れた物が売れた時、陳列を変えてみたら売れた時、嬉しい。テンポスの店では嬉しい事、喜べる事がいっぱいある。それを経験させ、部下と一緒に喜べる人になれ。


横山秀夫

読者から作品の感想をいただくことがあるんですが、意外と中学生とか高校生からも多いんですよ。今、ソーシャルネットワークの中でごった煮になっている子供たちが、私の小説を? と思うんだけれど、でも考えてみれば学校も、やっぱり強固な組織体なんですよね。仕事の大変さはわからなくても、主人公の辛さはわかる、ってことでしょうか。だから今回『64』の映画を若い人たちが観て、どう感じるかにすごく興味がありますね。


和泉學(和泉学)

当社が提供する「魚」を切り口とした商品が他社との差別化につながり、光り輝くものにしなければならない。


深川真

正直なところ、戦略を立てて計画的にやってきたわけではありません。先々のことを考え、危機感を持って考えてきた結果、現在の形になったんです。


木村信司

楽だぜ。嘘つかない人生。本当の姿を見せて嫌われたら仕方ない。僕は僕だもん。


吉田松陰

立派な人物というものは、時間をかけてゆっくり成長するものあって、騒々しい状態では本物の立派な人物になることはない。


武田双雲

僕が最近意識しているのは、「義務感をいかに減らすか」ということです。人間のモチベーションが下がるのって、何かをやらされているときです。逆に、自主的に何かをやっているときは、自然と上がっているものです。ところが、僕らの日々の生活は義務感だらけです。たぶんそれが1日の中に何百もあるので、やる気が出ないのは当たり前なんです。


ロベルト・シンヤシキ

規律、一定のやり方に従って行動することはエネルギーの無駄を避ける技術。一から道なき道を行くのではなく、先達から学び、切り開かれた道を歩けば、その途切れたところから自分の道を始められます。


田中仁(経営者)

いつも無我夢中。先が見えないなか、自分の思いだけを信じてこれまでやってきました。まさに「フォースの赴くままに」という感じです。


木村多江

2か月あまりの長い島でのロケが始まってみると、私の中で、いままで感じたことのない変化が起きました。信号機もほとんどない島での生活。毎朝5時に起きて、汚れメイクをしてもらい、ボロボロの衣装を着ると、どこか解き放たれたような気持ちに。そして、清子(登場人物)のセリフを言葉として発した瞬間、パッと壁を越えた感覚が走りました。あ、私にはこんなポジティブさはないというのは、勝手な固定観念なんだ。そう気づけた。私の心の中にも、みなさんの心の中にも、自由になるための潜在能力は眠っていて、目覚める時を待っている。清子は、無人島という環境の中で、力を開花させ、具現化したんだとわかったんです。

【覚え書き|映画『東京島』の撮影を振り返って】


山内溥

僕らみたいな仕事をしていると、いろいろ迷うんです。これしようとか、あれしようとか。ところが、あれしてもだめ、これしてもだめだということになっていくと、だんだん自分のやれる範囲が絞られてくる。だから、私は何も新しいものを求めていたんでも何でもなくて、考えていくうちに、もうこのへんしかないと。任天堂の行くところは、それしかないと思わざるを得なかったんです。消去法でいけばそうなるんです。


三村起一

義母の由は維新の鉄砲弾の中で、15で三村家に嫁いだだけあって元来気丈、一種の女丈夫であった。自分のことを自ら鬼ばばあと称していた。「士(サムライ)の子は金のことなど言うものではない。三村の家は貧乏を宝とする」と義母に清貧主義を吹き込まれた。
【覚書き|生後間もなく養子に出された先の三村家の生活を振り返っての発言】


弘兼憲史

不満からは何も生まれない。どんなに理不尽なことでもとりあえず現状を受け止めて自分なりにいい成果を出すように努力する。


ページの先頭へ