名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

チャップリンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャップリンのプロフィール

チャールズ・スペンサー・チャップリン。イギリスの映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー。ロンドンの舞台俳優兼歌手夫婦のもとに生まれる。両親の仕事が上手くいかなくなったことから極貧生活を送ることになり、様々な職を転々とした。その後、兄とともに舞台俳優・コメディアンとなる。欧州でコメディアンとして大成したのち、アメリカに渡り、当時黎明期だった映画の世界へ足を踏み入れる。監督兼主役として数々のヒット映画を生み出し、数々の賞を受賞。主な作品に『キッド』『黄金狂時代』『街の灯』『モダン・タイムス』『独裁者』『ライムライト』ほか。喜劇王と讃えられた人物。

チャップリンの名言 一覧

人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。


失敗した方が、人生は面白いよ。


この人生は、どんなにつらくとも生きるに値する。そのためには3つのことが必要だ。勇気と、希望と、いくらかのお金だ。


私の最高傑作は「これから作る次の作品」だ。


いつまでも続く不運などというのは、良いことずくめの一本道の人生などというのがないと同様、まずあるはずのものではない。つまり運・不運ともに、いつかは変わるに決まっている。


人の不幸を司る神は、ときおりその遊びにも飽きて、慈悲を垂れることがある。


危機というものは、続いているうちに、クライマックスがやってくる。


母の言葉を借りると、結局、客人というものはケーキと同じで、滞在期間が長くなると味は落ちるというのである。
【覚書き|貧しい時代に母の金持の友人の屋敷で客人として長期滞在したときを振り返っての発言】


運命の女神たちが人間の運命を決定するとき、そこには憐憫もなければ公平感もない。


わずかの人間で決めた賞なんて、そうたいした名誉ではない。私のほしいのは大衆の喝采だ。大衆が私の仕事を賞賛してくれるならば、それで十分だ。
【覚書き|『サーカス』で第1回アカデミー賞の特別名誉賞を受賞したのちの発言。チャップリンは授賞式に欠席しただけでなく、贈られたオスカー像をドアのつっかい棒にした。】


母は私に舞台に対する興味を植えつけだした。自分には才能があると、私が思い込むように仕向けるのである。


成功は人を愛想よくする。私はスタジオの人たち、誰ともみんな親しくなった。エキストラから道具方、衣装係からカメラマンに至るまで、私はみんなの「チャーリー」になった。もともとあまり社交好きではなかったが、さすがにこれは嬉しかった。つまり、みんなが親しんでくれるというのは、とりもなおさず私が成功者だという証拠だったからである。
【覚書き|イギリスの舞台俳優からアメリカの映画俳優に転身した当時、スタジオの面々と意見が衝突し孤立していたが、チャップリンの映画の成果が出始め周囲との関係が上手く行きだしたことを振り返っての発言】


妙なもので、舞台が失敗と決まると、かえって気は軽くなり、心の重荷も降りた。アメリカには、ほかにチャンスがいくらでもある。どうして舞台ばかりに噛り付いているのだ?何も芸術に一生をささげたわけじゃない。商売をかえろ!私はようやく自信を取り戻しだした。そうだ、どうなろうとアメリカで頑張ろう。そう私は決心した。
【覚書き|最初のアメリカ巡業が失敗に終わったときを振り返っての発言】


新聞売り子、印刷工、おもちゃ職人、ガラス職人、診療所の受付などなどと、あらゆる職業を転々としたが、その間もシドニィ(兄)と同様、俳優になるという最終目標だけは、一度として見失わなかった。だから、仕事の合間には、靴を磨き、服にブラシをかけ、きれいなカラーをつけて、ストランドに近いベドフォード・ストリートのブラックモア俳優周旋所へ定期的に顔を出していた。それは服がボロボロになって、とても人前には出られなくなるまで続いた。


当時の私たちのようなどん底暮らしをしていると、つい言葉づかいなど構わないようになりがちだった。しかし母は、いつも周囲の風に馴染まぬように心がけ、家族の言葉づかいにも注意深く心を配り、文法上の誤りなどは訂正し、私たちが周り(の貧しい人々)とは違った人間なのだという自覚を植え付けようとした。
【覚書き|幼少期の極貧時代を振り返っての発言】


貧乏は楽しいものだと他人に思わせるのはけしからん態度である。貧乏に対してノスタルジアを感じたり、その中に自由を見だしたりする人にはまだ会ったことがない。名声や巨富は拘束を意味するなどと言って貧乏人を説得することは誰にもできまい。現に私は富の中になんの拘束も発見しない。それどころか、私はその中にたくさんの自由を発見するものである。


チャップリンの経歴・略歴

チャールズ・スペンサー・チャップリン。イギリスの映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー。ロンドンの舞台俳優兼歌手夫婦のもとに生まれる。両親の仕事が上手くいかなくなったことから極貧生活を送ることになり、様々な職を転々とした。その後、兄とともに舞台俳優・コメディアンとなる。欧州でコメディアンとして大成したのち、アメリカに渡り、当時黎明期だった映画の世界へ足を踏み入れる。監督兼主役として数々のヒット映画を生み出し、数々の賞を受賞。主な作品に『キッド』『黄金狂時代』『街の灯』『モダン・タイムス』『独裁者』『ライムライト』ほか。喜劇王と讃えられた人物。

他の記事も読んでみる

ジム・ロジャーズ

「どれくらいの時間を投資に費やしているのか?」とよく聞かれるが、1日に決まった時間を使っているわけではなく、すべての時間が私にとって「観察」の時間だ。投資で重要なのは「変化」をつかむことだからだ。例えば、旅先で現地の人に色々と質問したり、窓から街の様子を観察したり。時には娘たちの話にも耳を傾け、何に興味を持っているか理解しようと努めている。


成瀬まゆみ

上司は部下の欠点ばかりを探しがちです。その思考回路を見直し、いいところ探しをする習慣をつければ、職場の雰囲気も自然と変わってくるはず。


川村隆

社長より年上の人がたくさんいたって構わないんです。よく米国人に同僚を紹介する時に、彼は私より4年入社年次が早い先輩だなんて、言うでしょう。彼らはそれがどうした、という顔をします。年功序列の意味が分からないんですね。


小川孔輔

ある食品メーカーが人気商品の味を変えて裏目に出たことがありました。味はおいしくなったのですが、従来の味に満足していたお客さんが離れ、かえって売上が落ちたのです。消費者は食に関しては保守的で、変化を歓迎しません。受け入れられるリニューアルの表現は、せいぜい「製法を変えました」程度。それ以上の変化をアピールすると、たとえよい方向への変化でもお客さんが離れます。


高井英幸

固定観念を持たないことが大切です。とくに映画という商品の場合、時代時代の微妙なトレンドをつかまえていくことが大切ですが、あまり先に飛びつきすぎてもいけないし、遅れすぎてもいけない。これが絶対にいいんだという固定観念を持たずに、常に半歩ぐらい先を歩くように心がけないと、外部の方の提案を受け止めることはできません。


トム・ピーターズ

縛り付けることだけが目的のルールでは従業員たちは創造的な活動を封じられてしまう。だから超優良企業は現場において自主性を強調する。


勝見明

数多くの成功者を取材して実感するのは、周囲の人たちがついていこうと思う気持を自然と起こさせる力が非常に高いことです。じつは、名経営者の方々はトップに立つ前から、周囲に頼られる存在でした。


田原総一朗

本田宗一郎さんは社内に失敗賞をつくりました。大きな失敗した人を表彰するのですが、それは裏を返すと、チャレンジしない者は去れということ。そうやって社内に挑戦の風土を根付かせたから、ホンダからイノベーションが生まれた。


嶋浩一郎

    プレゼンを成功させるための7つのポイント

  1. 相手を知ること。キーマンの社内における立場や、この仕事をどう捉えているかということを理解したうえで、プレゼンに臨むのです。
  2. ゴールイメージを明確にすること。プレゼンが何のために行なわれるのかをはっきりさせることです。
  3. 「イエス」の連鎖をつくること。そのためには、話の構成として、大きな枠組みから入っていきます。
  4. 企画のメリットとデメリットの両方を提示すること。デメリットもあることを、きちんと提示する誠実さは大事です。
  5. 企画のポイントをひと言でまとめること。この企画を実行すると何がいいのかを、シンプルに表わすことが重要です。
  6. 消費者、取引先、メディアなど、さまざまなステークホルダーの人たちが、この企画を実施したときにどう思うのかを想像し、整理しておくこと。
  7. 具体的なエピソードを使うこと。プレゼンでは、企画の肝になる部分を、ドラマチックにみせると効果的です。といっても、派手な演出をするのではありません。具体的なエピソードを効果的に使うのです。

西多昌規

「着手時」と「期限」に比べ、折り返し地点のイメージを描く人は少ないものです。マラソンを思い浮かべた場合でも、スタートやゴールに比べると、折り返し地点の印象は薄いものです。しかし、折り返し地点はもっとも仕事が「乗っている」時期でもあります。そのときの自分をイメージすれば、モチベーションは上がるでしょう。


吉越浩一郎

経営とは常に自己更新を行い、変化し続けることなのだ。社是社訓の制定は、自分たちの考えを言葉にして確定することなのだから、経営者や社員の考えを固定化させる面があることを忘れてはならない。


押井守

この世界には、いつの間にか僕らがすっかり信じ込まされたデマゴギー(デマ。意図的に流される虚偽情報)が飛び交っている。たとえば「若さにはかけがえのない価値がある」という言説だ。だが、若さに価値があるなどという言説は、実は巧妙に作られたウソである。もしも本当に若さそのものに価値を見出している者がいるとしたら、それは戦争を遂行中の国家ぐらいのものだろう。若さに値打ちなどないからこそ、人生は生きるに値するものなのだ。