名言DB

9412 人 / 110637 名言

チャップリンの名言

twitter Facebook はてブ

チャップリンのプロフィール

チャールズ・スペンサー・チャップリン。イギリスの映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー。ロンドンの舞台俳優兼歌手夫婦のもとに生まれる。両親の仕事が上手くいかなくなったことから極貧生活を送ることになり、様々な職を転々とした。その後、兄とともに舞台俳優・コメディアンとなる。欧州でコメディアンとして大成したのち、アメリカに渡り、当時黎明期だった映画の世界へ足を踏み入れる。監督兼主役として数々のヒット映画を生み出し、数々の賞を受賞。主な作品に『キッド』『黄金狂時代』『街の灯』『モダン・タイムス』『独裁者』『ライムライト』ほか。喜劇王と讃えられた人物。

チャップリンの名言 一覧

人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇である。


失敗した方が、人生は面白いよ。


この人生は、どんなにつらくとも生きるに値する。そのためには3つのことが必要だ。勇気と、希望と、いくらかのお金だ。


私の最高傑作は「これから作る次の作品」だ。


いつまでも続く不運などというのは、良いことずくめの一本道の人生などというのがないと同様、まずあるはずのものではない。つまり運・不運ともに、いつかは変わるに決まっている。


人の不幸を司る神は、ときおりその遊びにも飽きて、慈悲を垂れることがある。


危機というものは、続いているうちに、クライマックスがやってくる。


母の言葉を借りると、結局、客人というものはケーキと同じで、滞在期間が長くなると味は落ちるというのである。
【覚書き|貧しい時代に母の金持の友人の屋敷で客人として長期滞在したときを振り返っての発言】


運命の女神たちが人間の運命を決定するとき、そこには憐憫もなければ公平感もない。


わずかの人間で決めた賞なんて、そうたいした名誉ではない。私のほしいのは大衆の喝采だ。大衆が私の仕事を賞賛してくれるならば、それで十分だ。
【覚書き|『サーカス』で第1回アカデミー賞の特別名誉賞を受賞したのちの発言。チャップリンは授賞式に欠席しただけでなく、贈られたオスカー像をドアのつっかい棒にした。】


母は私に舞台に対する興味を植えつけだした。自分には才能があると、私が思い込むように仕向けるのである。


成功は人を愛想よくする。私はスタジオの人たち、誰ともみんな親しくなった。エキストラから道具方、衣装係からカメラマンに至るまで、私はみんなの「チャーリー」になった。もともとあまり社交好きではなかったが、さすがにこれは嬉しかった。つまり、みんなが親しんでくれるというのは、とりもなおさず私が成功者だという証拠だったからである。
【覚書き|イギリスの舞台俳優からアメリカの映画俳優に転身した当時、スタジオの面々と意見が衝突し孤立していたが、チャップリンの映画の成果が出始め周囲との関係が上手く行きだしたことを振り返っての発言】


妙なもので、舞台が失敗と決まると、かえって気は軽くなり、心の重荷も降りた。アメリカには、ほかにチャンスがいくらでもある。どうして舞台ばかりに噛り付いているのだ?何も芸術に一生をささげたわけじゃない。商売をかえろ!私はようやく自信を取り戻しだした。そうだ、どうなろうとアメリカで頑張ろう。そう私は決心した。
【覚書き|最初のアメリカ巡業が失敗に終わったときを振り返っての発言】


新聞売り子、印刷工、おもちゃ職人、ガラス職人、診療所の受付などなどと、あらゆる職業を転々としたが、その間もシドニィ(兄)と同様、俳優になるという最終目標だけは、一度として見失わなかった。だから、仕事の合間には、靴を磨き、服にブラシをかけ、きれいなカラーをつけて、ストランドに近いベドフォード・ストリートのブラックモア俳優周旋所へ定期的に顔を出していた。それは服がボロボロになって、とても人前には出られなくなるまで続いた。


当時の私たちのようなどん底暮らしをしていると、つい言葉づかいなど構わないようになりがちだった。しかし母は、いつも周囲の風に馴染まぬように心がけ、家族の言葉づかいにも注意深く心を配り、文法上の誤りなどは訂正し、私たちが周り(の貧しい人々)とは違った人間なのだという自覚を植え付けようとした。
【覚書き|幼少期の極貧時代を振り返っての発言】


貧乏は楽しいものだと他人に思わせるのはけしからん態度である。貧乏に対してノスタルジアを感じたり、その中に自由を見だしたりする人にはまだ会ったことがない。名声や巨富は拘束を意味するなどと言って貧乏人を説得することは誰にもできまい。現に私は富の中になんの拘束も発見しない。それどころか、私はその中にたくさんの自由を発見するものである。


チャップリンの経歴・略歴

チャールズ・スペンサー・チャップリン。イギリスの映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー。ロンドンの舞台俳優兼歌手夫婦のもとに生まれる。両親の仕事が上手くいかなくなったことから極貧生活を送ることになり、様々な職を転々とした。その後、兄とともに舞台俳優・コメディアンとなる。欧州でコメディアンとして大成したのち、アメリカに渡り、当時黎明期だった映画の世界へ足を踏み入れる。監督兼主役として数々のヒット映画を生み出し、数々の賞を受賞。主な作品に『キッド』『黄金狂時代』『街の灯』『モダン・タイムス』『独裁者』『ライムライト』ほか。喜劇王と讃えられた人物。

他の記事も読んでみる

上川隆也

昨年、『その男』の舞台でケガ(捻挫)をしました。それまではケガはもちろん、のどを潰すことも、病気にかかることもなくやってきただけに。芝居の足かせになるネガティブなものを味わうことなくやってこられたことが、どれだけありがたかったことかを実感しました、痛いほどに。これまでのように、ただがむしゃらにやっていると、「勤続疲労を起こす」とわかったので、初めてマッサージに通うようになったんです。それまで疲労感に対しては無自覚だったので、そういうことに頼ったことがなかったんですけど、そろそろ「身体のメンテナンスも必要なのかな」と。まあ、ケガ以降、自分の身体も含め、舞台への向き合い方まで変えざるを得なかったというか、芝居をやらせてもらえるありがたさを刻み、舞台に対する思いが一層深く、強くなった1年でした。そうした思いが、今度の『ヘンリー六世』にどんな形で作用していくのか。自分のことながら、もの凄く楽しみなんですよ。


佐藤伝

好きなことがせっかく人の役に立っているのに、それをお金に代えられない「いい人」ではいけません。ホームページに『広告受け付けております』と書けるかどうかが、キャッシュポイントを増やせるかどうかの分かれ目ですね。


油井亀美也

私は防衛大学校に進学しました。パイロットになりたいとか、国防に携わりたいと考えたからではなく、勉強を続けるための経済的な理由からでした。この時点ではまさか自衛隊から宇宙飛行士になれるとは思っていませんでしたから、宇宙への夢はいったん潰えた訳です。なので、必ずしも前向きな選択とは言えませんでした。ただ、そんな私を見てある先輩が言葉をかけてくれたんです。「目標を失って悩んでいるのはわかる。ただ、今やるべき訓練と勉強は悩みながらでも続けるべきだ。頑張った分だけ未来の選択肢は広がるし、何もしないとその選択肢すらなくなるぞ」と。おかげで、勉強する意欲がわきましたし、この言葉がまさに現実になっていくんです。


竹中平蔵

私の最初のキャリアは政府系の銀行でした。そこで多くの企業の審査をして、1つだけ学んだことがあります。それは、いい企業というのは社長から末端の従業員まで同じことを言う。同じ問題意識を持っており、コミュニケーションが図られています。


小泉進次郎

僕は2009年の衆院選に神奈川11区から出馬しましたが、そのとき仲間のありがたさを実感しました。自民党が大敗した選挙で、私にも世襲批判など大変な逆風がありました。ペットボトルを投げつけられたり、名刺を目の前で破られたり、太鼓を叩き鳴らされたり……。そんな状況に耐えられたのも、仲間がいたからです。いま振り返るとあの逆風を経験できてよかったと思います。


南壮一郎

企業からの問い合わせの中で多いのは、自社に管理職候補者がいないので管理職経験者を中途採用したいというものと、過去に採用したが、うまくいかなかったのでどうしたらよいかというものである。失敗例で多いのは、人材紹介会社に依頼し、経歴や職歴など見た目の印象で即決してしまうパターン。人材紹介会社は採用が決まるごとにお金が入るフィー(手数料)ビジネスなので、どうしても求職者のスペックのよさを強調する。しかし、どんなに素晴らしい経歴の持ち主でも、よく吟味しないで採用すると、社風に合わないということで辞めることになる。


安藤忠雄

一流大学だろうが、専門学校出だろうが、中卒だろうが、いまの時代、誰も人生を保証されていません。一人一人が、目の前の白いキャンバスに自分で絵を描かなければなりません。にもかかわらず、依然として一流大学に幻想を抱いている人がたくさんいます。一流大学を卒業すれば安泰な人生が送れるという時代ではなくなったのにね。


ジェイ・エイブラハム

アドバイザーとして結果に対して絶対の自信を持っていなければいけないと、自分の経験から確信しています。それが私の「卓越性」なのです。


ティム・ブレット

我々は、ビジネスだけでなく地球や地域にも正しいことをせねばならない。その想いから、使用した水の還元にも力を入れています。


一宮忠男

企業理念を浸透させていくことは、非常に大切なことです。それには企業理念をいかに具体化し、事業に取り込んでいくかが重要なことだと思います。例えば当社には有資格制度があります。人事面において当社は平等ではありません、しかし公平です。やる気のある人、モチベーションの高い人、能力のある人はどんどん登用しています。


池田千恵

仕事疲れが抜けないまま資格の勉強をしても、内容がちっとも頭に入らず効率も悪い。だったら、いっそのこと早朝4時に起きて勉強しようと考えました。自宅だと家事や雑用に気をとられてしまい、早起きしてもなかなか勉強モードに切り替わらない。そこで5時半には家を出発するようにして、会社近くのファミレスで6時過ぎから勉強するプランを立てました。会社が近いから遅刻の心配もなく、出社時間ギリギリまで集中できましたね。


柳沢幸雄

勉強の時間を積み重ねていくことは、自分と向き合うことでもある。


浅野茂太郎

面白いことを思い切ってできる社風が、異なる組織をまとめる求心力になります。そんな社風を作り上げるのが、経営者の仕事だと思います。


東平豊三

暴利をむさぼることには反対です。お客様の目線で価格を設定し、そのうえで利益を上げられるやり方を考えなければならない。暴利をむさぼろうと思わないのは、自分の人間性や品位を傷つけるからです。私は自分に恥じない生き方をしたい。


桜井弘(櫻井弘)

最近、声が小さい人が増えています。コミュニケーションをメールなどで取れるため、対面して話す機会が減っているからでしょうか。でも、声の大きさは話し方の基本中の基本ですからね。声が小さい人は、クチを大きく開けて話す。語尾をハッキリさせることを意識すればいい。私自身、語尾が聞き取りにくい話し方でしたが、意識して語尾を発音し、さらにジェスチャーも加えるようにしました。手を動かしながら「~です。」「~します。」と講演したら、アンケートに「語尾がハッキリしている」「メリハリがある」という意見が増えました。語尾を意識するだけで印象が変わるんです。