チャック・ヘーゲルの名言

チャック・ヘーゲルのプロフィール

チャールズ・ティモシー・“チャック”・ヘーゲル。アメリカの政治家(共和党)。ネブラスカ州出身。ブラウン・カレッジ放送学部卒業、ネブラスカ大学オマハ校卒業。大学生時代にベトナム戦争に従軍。議員秘書、ロビイスト、退役軍人局副局長、ヴァンガード・セルラー・システムズ社長などを経て政界に進出。上院議員、大統領情報活動諮問会議共同議長、国防長官などを務めた。

チャック・ヘーゲルの名言 一覧

戦争に栄光などない。


チャック・ヘーゲルの経歴・略歴

チャールズ・ティモシー・“チャック”・ヘーゲル。アメリカの政治家(共和党)。ネブラスカ州出身。ブラウン・カレッジ放送学部卒業、ネブラスカ大学オマハ校卒業。大学生時代にベトナム戦争に従軍。議員秘書、ロビイスト、退役軍人局副局長、ヴァンガード・セルラー・システムズ社長などを経て政界に進出。上院議員、大統領情報活動諮問会議共同議長、国防長官などを務めた。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

勉強する、教養を深める、ジムで体を鍛える、家族サービスをする。何でもいいんです。そうした時間が、ビジネスパーソンをより豊かで魅力的にする。「人は買いたいモノを買うのではない。買いたい人から買うのだ」。仕事は、相手あってこそ。その仕事でいい働きができるのは、魅力的な人です。締め切り意識を持って、1日24時間を有効に使ってください。


和田一浩

出せるものを目一杯出し、それで結果が悪かったなら、「今日はダメだったけど、また明日頑張る」と。失敗をうまく切り替えられるようになった。


伊達公子

以前は、自分がこう思ったら人の話に耳を貸さないことがありました。頑なでしたね。テニスをする機会を与えてもらっているというのにそれに感謝できず、当然のことのように思っていたかもしれません。でもいまは、テニスが続けられることを本当にありがたく思っています。時間を大切にするようになったのも、そうした精神面の変化が影響していると思います。


下地寛也

正解にいきついても、伝え方を間違えると不正解になることもある。相手に伝わる言葉を考えましょう。


浜口友一

会社経営という視点からいうと、何も本当のバイリンガルばかりでなくても、日本流にいえばコマを揃えていくというか、そういう経営でいいのではないかと思います。いろいろとバラエティーに富む人を揃えればいいと。


森川亮

失敗を経験し、いろいろな経営者の方々とお会いするうちにわかったのは、「やりたいことだけをやってはいけない」「新しすぎることをしてはいけない」ということ。


山崎悦次

国産の高い品質にこだわり、コストがかかっても多品種少量、高付加価値の商品で勝負していく路線は変えたくなかった。そこで、新ジャンルの金属洋食器に挑戦することを決めた。高品質のメード・イン・ジャパンはまだまだ生き残っていける。そのために知恵を絞り続ける。


刈田範博

「セールスとは、お客様の利益を自分の人柄を通して売る行為である」。従って、売れない理由をお客様や会社に求める営業マンは、成長が期待できません。たとえ断られても、お客様のために自分は何ができるのかを考え続けられる人が、将来、トップ営業マンに育っていく人材。まさに、「フォー・ユー」の精神が求められるのです。


井上和幸(ヘッドハンター)

当社では経営者である私のスケジュールのみならず、業績管理や売り上げ、受注状況など経営にかかわる情報も全スタッフに公開している。そうすることによって、スタッフ各自が目の前の仕事の意味を感じて動いてくれると期待しているからだ。仕事のパーツしか見えないと、スタッフの中には「不透明感」「窮屈感」「やらされ感」がどうしても生じてしまう。でも、プロジェクトや会社の状況がすべてわかったうえで、「この仕事をこういう理由でやってほしい」と伝えれば、期待値以上の成果を見せてくれることさえある。


長島聡

ドイツなどの欧州メーカーの品質に対する考え方を見ますと、案外、柔軟なところがあります。もちろん契約社会ですから、品質をきちんと定義しています。ただ、市場に合わせて品質に幅を持たせているのです。たとえば、新興国では安全性が損なわれない範囲内であれば、見た目や手触りなどの品質が、求める水準の下限であっても認める。一方の先進国では、上限を目指します。そうした市場の要求に合わせた事業マネジメントによって、欧州メーカーは新興国で顧客をつかみ、市場開拓を進めてきました。


永井彌太郎

守るだけのタックルはだめ。こぼれ球を誘い、チャンスにつなげる攻撃性がなければいけない。仕事も同じです。


鎌田和彦

将来の展望に、何があっても揺るがないだけの確固たる信念を持っている人は別ですが、そうでない限りは10年先に目標を置き、そこから逆算で時系列的にやることを決めるような生き方や仕事のやり方は現実的ではないと思うんです。むしろ人生というはゴルフコースでは、最初からホール一点に狙いを定めるより、およそこっちの方向という程度の感覚でクラブを振るほうがいいのではないでしょうか。


内海桂子

(内海)好江ちゃんとコンビを組んだとき最初は相当きつく当たりました。そのとき彼女は何もできなかったので、「ばか」とか「間抜け」とか言いました。でも、あたしゃ江戸っ子だから、そう言っても「こうだからダメなんだよ」とちゃんと理由も説明しましたよ。


秋元康

自分は天才でも何でもない。日常のちょっとした出来事にヒントがある。それに気がつくかどうかだけ。


中村清

若くして流さぬ汗は、年老いて涙となる。


ページの先頭へ