名言DB

9490 人 / 112001 名言

チャック・ジョーンズ(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チャック・ジョーンズ(経営者)のプロフィール

チャック・ジョーンズ。アメリカ人経営者。「ロッキード・マーチン」日本支社長。アメリカ国家安全保障会議アジア担当ディレクターなどを経てロッキード・マーチン日本法人社長に就任。

チャック・ジョーンズ(経営者)の名言 一覧

重要なのは失敗を許容する勇気だ。多くの企画を出し、9割の失敗を受け入れる文化が技術革新を生む。


日本の官民連合がオーストラリア向け潜水艦を受注できなかった件は残念だが、交渉力を高めるのに必要な多くのことを学べたはずだ。日本勢は非常に複雑なレッスン内容を習得しようとしている。失敗を恥じることはない。今後大きな案件を受注する可能性は十二分にある。


チャック・ジョーンズ(経営者)の経歴・略歴

チャック・ジョーンズ。アメリカ人経営者。「ロッキード・マーチン」日本支社長。アメリカ国家安全保障会議アジア担当ディレクターなどを経てロッキード・マーチン日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

金持ちでない人がこれほど多いのは、スピリットが欠けているからだ。学校に行って頭が良くなればそれで十分と思っている人が多いが、今の時代、それでは不十分だ。精神的に強くなり、自分自身の使命を持たなければならない。お金について賢くなるだけでは足りない。


明智光秀

仏の嘘は方便、武士の嘘は戦略なり。


米長邦雄

棋士は、将棋に命を懸けているのである。盤上には神が宿っている。土俵とて同じであろう。勝ちと負けの二つだけを一対一で争うから潔く、神事なのである。その意味で、八百長などは神を冒涜(ぼうとく)する最たる行為だと知るべきだ。7勝7敗の相手と千秋楽で当たったら「必ず勝つ」という信念を、力士たちに徹底してたたき込むことが、一番大切だと信じている。
【覚書き|2011年、大相撲八百長事件に対するコメント】


三宅占二

みんな腑に落ちなくてもある程度業務をこなしますけど、そういう仕事はやらされ感が強く、上手くいかないと「やらせる方がいけないんだ」となってしまいます。だから私は「なぜこれをやるんですかと上司に何度でも聞いてみろ」と言っています。2回、3回聞かれただけで「会社が決めたんだから黙ってやれ!」というリーダーはいりません。実際、こういうリーダーのもとで求める人材は育っていませんし、何よりリーダーを選べないことが部下の不幸ですから。


高山泰仁

2003年にSARS(烏インフルエンザ)が発生したときは空気感染が指摘されて旅行需要は一気に冷え込みました。このタイミングで販売商品を切り替えました。もともと航空券やホテルの素材売りをしていたのですが、これを機にパッケージツアーの販売に注力するため増資をしたんです。一段落すれば旅行需要は戻ると思っていましたので、このときこそ仕込んでおこうと考えたのです。このときの決断が後の成長につながりました。業界全体が苦しいときに攻めました。


酒巻久

体調管理なんてしようとするから病気になるんじゃない? 好き勝手にやるのが健康には一番いいですよ(笑)。


ガブリエル・ベルチ

年齢に関係なく、成果を上げれば、どんどん重職を任せるのが当社のポリシー。


佐藤綾子(心理学者)

何をやってもマイペースな自己満足型の人に注意するときは、本人のペースを認めたうえで、短くポイントだけ伝えましょう。自己満足しているだけに、あまり鋭く細かく修正点を指摘したりすると、急に反発しかねません。自分のやり方がよいと思っているので、あまり注意されると、陰で悪口を言ったりもします。


大野裕

大事なのは、現実にきちんと目を向けること。現実を客観視できれば、問題に対処する力が出る。


粟田貴也

先見の明があったわけではないですよ。いまになって、「鳥インフルエンザをきっかけに事業の軸を焼き鳥からうどんに移した」ということを話すと、すごい決断だと思われるかもしれません。しかし実は、「次はうどんだ!」と即断したわけではなく、この時期にはさまざまな試行錯誤をして、数々の失敗をしてきました。やりながらたまたま「これならいけるかも」と確信をもつことができたのがうどんだった。


西室泰三

人材というのはライアビリティ(負債)というよりアセット(資産)です。人材をアセットとして考えた場合、その人材を有効利用するためには、その人たちが夢を持って仕事ができるというのが一番理想的な姿ですから、我々のグループの中でそれが実現できないのであれば、それが実現できるグループを探します。


久保正行

私が人を観察するうえで重要視しているのは、第一印象です。取り調べは、容疑者が取調室に入ってきたときから動作に目をやり、とりわけ姿勢に注目します。正直な性格の者はやましい気持ちがあると猫背気味になるし、狡猾な者はわざと胸をはるものです。そして挨拶したとき、気にしないふりをしながら、視線がどこに向いているかを確認する。私のほうをまっすぐ見ているのであれば問題ありませんが、顔の横の何もない空間を見ている場合は後ろめたい気持ちがあるかもしれません。目をそらしたり、うつるなときも要注意です。さらに私が気にするのが、目線と皮膚の感じが一致しているかどうか。顔の血色が悪いのに目の力が強いのは、ムリしている証拠です。