名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

チェーホフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

チェーホフのプロフィール

アントン・チェーホフ。ロシアを代表する劇作家、短編小説家。世界でも有数の巧みな小説作家と讃えられている。以降の小説家に大きな影響を与えた人物。モスクワ大学医学部卒。代表作に『かもめ』『桜の園』『ワーニャ伯父さん』。

チェーホフの名言 一覧

優しい言葉で相手を征服することができないような人は、いかつい言葉でも征服はできない。


人生は苦しい。人生は多くの人々に、陰惨な、希望のないものと思われています。しかし、それにしても、だんだん明るくなり、楽になってゆくのは、認めないわけにはいきません。そしてどうやらまったく明るくなってしまうときも、そう遠くはないらしい。


チェーホフの経歴・略歴

アントン・チェーホフ。ロシアを代表する劇作家、短編小説家。世界でも有数の巧みな小説作家と讃えられている。以降の小説家に大きな影響を与えた人物。モスクワ大学医学部卒。代表作に『かもめ』『桜の園』『ワーニャ伯父さん』。

他の記事も読んでみる

本多孝好

(『dele』を)書き始めたときには上手くいかず、しばらく放置していました。そんな中、ある方から映像作品の企画を出してみないかとお話をいただき、書きかけの物語を掘り起こしてみたんです。映像化を前提に考えたところ、この物語が新たな角度から見え始めました。単純に言えば主人公を変えたのです。当初は所長の圭司を主人公にしていましたが、それでは映像化するのが難しい。そこで所員の祐太郎を主役にしたらどうなるかと考えたところ、物語が動き始めたんです。


大橋未歩

いつの時代も挑戦者が直面するのはいばらの道です。私は局アナとしてスタッフの挑戦に力を貸せることがあれば貢献したいと思っています。当初は挑戦的過ぎると評された番組の立ち上げから一緒に関わることができました。苦しい時期もスタッフと一緒に泣いて笑って、番組を育てていくことができたのは、局アナとしての私の誇りです。


糸井重里

楽しんでいるからこそ、いい仕事ができる。


塚越寛

成長するために、あえて踊り場をつくる。そこでは過去を振り返り、これからさらに堅実に成長の階段を登っていくために一呼吸置く。登り続けると息が切れますものね。


近藤史朗

リコーがデジタル化に大きく舵を切ったころ、技術者の中には納得できない人もいました。しかし、デジタル化は会社の既定路線です。だから会議ではデジタル化の是非ではなく、「いかに効率よくデジタル化できるか」だけを話し合いました。管理職を缶詰にして、毎日のように試行錯誤の結果を持ち寄って議論し、宿題を出しました。すると技術者とは不思議なもので、「やらなければいけない」という気持ちになってきます。基本的にNOとは言いません。与えらえた課題はクリアしなければ済まないのが技術者という人種です。


森見登美彦

僕はけっこう技巧的というか、技術で書いてるとなぜか思われがちですけど、全然そうじゃないですからね(笑)。自分の小説の書き方について触れるのは、本当は危険なことだとも思うんです。そこを言葉にすると方法論みたいなものが固まってしまって、余計に書けなくなる。それはどんな仕事でも同じだろうし、自転車乗るときに「あれ、どうやって乗るんだっけ」って考えていると転ぶようなものでしょうね。


杉村太郎

会社を立ち上げて3年目。1か月に22回徹夜して働き続けたことがあります(仮眠はしましたが)。身体に悪いことはわかっていましたが、ブレーキが利かない状態でした。この話をすると、「すごい努力家ですね」と言われることがあります。でも、努力という言葉には違和感があります。徹夜で何日も働いたのは、ただ仕事に熱中してただけです。自分では、努力していたつもりが全然ないんです。


内藤誼人

悲観的な人は、思考パターンを変えるキャナライゼーション(水路づけ)が必要です。「何もない土地に水を何度か流したら、浅い水路ができますよね。さらに長い間、水を流していると、その水路は深くなって、水はそこだけを流れるようになります。それと同じで、人間の思考にもキャナライゼーションが働いて、悲観的な水路を持つ人は、物事を悲観的にばかり考えてしまう。悪い妄想をしてしまう人は、ポジティブな妄想をするように心がけて、日頃から楽観的な水路を掘るよう努めましょう。


松沢幸一

業務の改善を進めるとき、いきなり大きな変化を起こすのは大変ですから、コツコツと小さな変化を積み重ねていくことが大事です。私はこれを、「小変の積み重ね」と言っています。


齊藤寛(シャトレーゼ)

当社の強みである契約農場のシステムは、三喜経営(お客さん、取引先、社員が喜ぶ経営)を実現する大切な仕組みです。整備するのに約30年かかりましたが、今では競争力の源です。私たちは市場よりも安い価格で品質のいい原材料を仕入れることができますし、農家は地元農協よりも高い価格で安定した量を私たちに販売することで、おいしい農作物を作ることに集中できます。私の実家がブドウ農家だったからこそ、農家が喜ぶ条件がよく分かるのです。


施崇棠(ジョニー・シー)

いまの時代に必要なのは、理性と感性の両方を持ち合わせた発想であり、右脳と左脳のバランスのとれた製品づくり。


尾崎裕

我々がどのような交渉力を持つかを考えた場合、リスクはあってもいろいろなところで調達手段を多様化していくことが絶対に必要です。