チェーホフの名言

チェーホフのプロフィール

アントン・チェーホフ。ロシアを代表する劇作家、短編小説家。世界でも有数の巧みな小説作家と讃えられている。以降の小説家に大きな影響を与えた人物。モスクワ大学医学部卒。代表作に『かもめ』『桜の園』『ワーニャ伯父さん』。

チェーホフの名言 一覧

優しい言葉で相手を征服することができないような人は、いかつい言葉でも征服はできない。


人生は苦しい。人生は多くの人々に、陰惨な、希望のないものと思われています。しかし、それにしても、だんだん明るくなり、楽になってゆくのは、認めないわけにはいきません。そしてどうやらまったく明るくなってしまうときも、そう遠くはないらしい。


チェーホフの経歴・略歴

アントン・チェーホフ。ロシアを代表する劇作家、短編小説家。世界でも有数の巧みな小説作家と讃えられている。以降の小説家に大きな影響を与えた人物。モスクワ大学医学部卒。代表作に『かもめ』『桜の園』『ワーニャ伯父さん』。

他の記事も読んでみる

小宮隆太郎

日本人に、自分と少しでも意見が違うと敵のように思ってしまう傾向があるのはなぜでしょう。互いに意見を言い、それをよく聞き、不明点をはっきりさせる。そして相互理解に達する。このことが、最も大事だと思います。


前田鎌利

資料作成で大事なのは、余計な情報をギリギリまで削ること。伝えたいキーメッセージを一つに絞って、余白をたくさん残したほうが、想像力をかきたてられた受け手は興味を示し、結果、採用に至りやすい。本編から削ぎ落とした情報は、補足資料として添えることでフォローできます。


嶋浩一郎

仕事と無関係な情報がかえって役立つ。それに、仕事に役立つ本だけを読むよりも、素敵な人になれる。


ポール・オーファラ

人に頼む方法さえ身に付けておけば、人生を切り抜けられる。


石川康晴

アパレルは日本の小売業の中でも特に生産性が低い業界でもある。それなら生産性をアップすればいい。そのためには何をすべきか。それは人に投資することだと思うのです。


魚住りえ

話すことが苦手な人は特に「朗読トレーニング」がおすすめ。たった1分でもいいから日課にしてほしい。滑舌が良くなり、人に伝わりやすく話せるようになります。自分の中にはなかった語彙が増え、上手な文章の組み立て方といった情報もインプットされるので、言葉がすらすら出てくるようになる。話す技術が驚くほど向上します。


小林喜光

振り返ると、リーマン・ショックは、ある意味でピンチがチャンスになったと言えます。赤字事業をクローズし、売上高は減り、赤字も出しました。


辻亨

どんなときでも、いや逆風の中にあるときこそ、泰然と構える気持ちを忘れないように生きていきたい。現実にはとても難しいことですが、その心がけだけは常になくさないようにと思っています。


田村潤

38年間キリンビールで働いている中で、「ラッキーだったな」、そう思うことは何度もありました。が、中でも最も大きな幸運は「上司に恵まれた」ことです。私のサラリーマン人生において、上司の存在は大きかった。だから、自分が上司になったら、尊敬する上司の振る舞いを自分なりにマネしてきました。


前川正

やはり強いところで勝っていくことが大事。


津久井将信

起業の際、元手がないので固定費を削ることにしました。まずは家賃を節約するために、事務所は自宅と兼用に。次に人件費を浮かすため、外部のデザイナーと契約。営業も雇わず、ネット広告で集客しました。


西室泰三

グローバルスタンダードと呼ばれる経営手法の一つに、ストックオプション(自社株購入権)制度があります。しかし頑として、私は東芝本社にはこの手法を導入しませんでした。いまの制度には、大きな欠陥があるからです。株価が下がるとストックオプションを持っていてもまったく価値がなくなり、会社が引き留めたいと考えている優秀な人材に転職する口実を与えてしまいます。優秀な人材を引き留めるためにこれまでのオプションを放棄して、新しい価格で設定しなおすことをやりますが、これこそ株主無視です。


北村茂男(経営者)

私は生涯工夫ということをよく言う。社員の出来がいい悪いと言っても同じ人間。能力的には100人中98人までは五十歩百歩。天才や本当の劣等性は一人か二人にすぎないんです。仕事ぶりがいまひとつに見える人も、自分を磨いていないだけ。だから私はまず工夫しなさいと言います。そこではじめてものがよく見え、さらに頭に磨きがかかる。


伊本貴士

私たちが持つべきものは、何より「危機感」なんです。それがあれば、自然と学びのスタート地点に立つようになると思います。


宮田孝一

世の中にはいろいろな情報が飛び交っていますが、実際にビジネスを手がけている方々と生の会話をするのが、一番新鮮な情報を手に入れる手段です。いわば「情報が飛び交っている交差点」の真ん中にどれくらい立てるかが勝負なのです。


ページの先頭へ