チェ・ゲバラの名言

チェ・ゲバラのプロフィール

エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。政治家、革命家。アルゼンチンのロサリオ出身。ブエノスアイレス大学医学部卒業。医師免許を取得。世界を放浪後、キューバ革命に参加。キューバ国立銀行総裁、工業大臣、国連のキューバ代表などを務めたのち、コンゴ動乱など世界各地の革命闘争に参加。作戦行動中にボリビアで捕まり処刑された。39歳の若さでこの世を去る。

チェ・ゲバラの名言 一覧

世界に問題があるならば、それに対して反応し、行動することが大事だ。


もし私達が空想家のようだと言われるならば、救い難い理想主義者だと言われるならば、出来もしない事を考えていると言われるならば、何千回でも答えよう、「そのとおりだ」と。


世界のどこかで誰かが被っている不正を、心の底から深く悲しむ事の出来る人間になりなさい。それこそが革命家としての、一番美しい資質なのだから。


革命家としての任務を全う出来ないのなら、私は革命家を辞める。


バカらしいと思うかもしれないが、真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。人間への愛、正義への愛、真実への愛。愛の無い真の革命家を想像することは不可能だ。


落ち着け、そしてよく狙え。お前はこれから一人の人間を殺すのだ。
【覚書き|最期の言葉】


勝利に向かって限りない前進を。祖国か死か。かぎりない革命的情熱をこめて。


チェ・ゲバラの経歴・略歴

エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。政治家、革命家。アルゼンチンのロサリオ出身。ブエノスアイレス大学医学部卒業。医師免許を取得。世界を放浪後、キューバ革命に参加。キューバ国立銀行総裁、工業大臣、国連のキューバ代表などを務めたのち、コンゴ動乱など世界各地の革命闘争に参加。作戦行動中にボリビアで捕まり処刑された。39歳の若さでこの世を去る。

他の記事も読んでみる


西本甲介

プロの経営者としての価値を高めるには、未経験の分野に挑戦しなければ。


高岡清

うちの社業は地味で、長年にわたって努力を積み重ねても、なかなか利益が上がるものではない。そこへ、わずかの間に荒稼ぎする部門が出てきては、会社全体の空気がおかしくなると思ったのです。いったん動き出したものが完全に止まるまでには2年かかりました。
【覚書き:バブル景気真っただ中に財務部門での投資を全廃した理由を聞かれての言葉。この決断によってバブル崩壊で損害を受けずにすみ、クリタグループは堅実に業績を伸ばした】


片田珠美

被害者意識が強い人たちとつき合ううえでまず意識したいのは、接点を減らすこと。接点が多いほど、いちゃもんをつけられるリスクが高まります。近寄らなくて済むなら近寄らない。これが鉄則です。不用意にプライベートに踏み込むのは危険です。幼少期に親との関係がうまくいかなかったり、いま現在夫婦や恋人との関係でストレスを感じていたりして、強い被害者意識を抱いているケースもあります。そのような相手にプライベートの話題を振るのは自滅行為。会話をするときは、地雷を踏まないように仕事上のあたりさわりのない話に終始すべきです。


田中角栄

できることはやる。できないことはやらない。しかし、すべての責任はこのわしが背負う。


吉野真由美

ライバルと比べるようなフレーズは、どんな場面でも慎むべきです。人は誰かと比べられることを嫌います。たとえ相手を持ち上げるためであっても、他社や他人を引き合いに出してはいけません。とくに同じ業界同士であれば、他社が抱えている不安要因や弱点も、目の前のお客様も同じように抱えていることが少なくありません。ライバル社を貶めることで、結果的に目の前の相手も貶してしまうことになりかねません。


室伏広治

若い頃と同じ負荷、同じ数だけ反復する筋力トレーニングで体に無理をさせると、疲労が蓄積して故障しかねません。量から質へ変えたムダのないトレーニングをするために、指導者のアドバイスや経験に基づいたもの、科学的根拠に基づいたものを取捨選択しながら取り入れました。その際、従来のトレーニング法を指示されたまま取り組むのではなく、自分の長所をどう伸ばせばいいかと考えながらアレンジする。その方法の1つが「原理原則」を考えることです。


坪田信貴

僕自身も塾講師になるまでは「自分が一番でいたい」タイプでした。自分の能力を高めることにしか興味を持ちませんでした。そんな僕でも、この仕事について「人の夢をかなえる」ことで、自分も成長できたのです。現時点で「自分のため」しか考えられない人も、今はそれでいいと思います。しかし、物事を学ぶときや仕事をするときに「これを誰のために役立てられるか」と考えることだけは忘れないようにしましょう。成長の階段を上るたびに、大きく、しかも明確なイメージを持ち始めるはずです。それが皆さん一人ひとりの人生と、この世の中をもっと良いものにしていく未来を、願ってやみません。


ページの先頭へ