名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)のプロフィール

ダ・ヴィンチ・恐山、ダヴィンチ・おそれざん。品田遊、しなだ・ゆう。有実泊、ありみ・とまる。日本のライター、小説家、漫画家、漫画原作者。ツイッターを使いネットで活動開始。『止まりだしたら走らない』で小説家デビュー。

ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)の名言 一覧

世界の内部にあるものにあまり熱中できなくて、すぐ外から全体を眺めてみたくなってしまうんです。


2010年に初めて取材をしていただき、驚きました。でも、記事を読んだら知らない本に影響を受けたことになっていてさらにびっくりしました。どういう情報の行き違いがあったのか謎ですが、面白かったのでそのままにしてあります。


子供の頃から、とにかく「変なもの」が好きでした。吉田戦車さんのシュールなギャグマンガやお笑い、ネットに繋いでからは、お笑い系テキストサイトにものめり込みました。「変」というのは、既存のフォーマットや規範に従わないことですよね。そういう「変なもの」を知ることで初めて規範は相対化され、その対立構造を俯瞰で見られるようになるんです。


炎上が起こっているとき、積極的に発言する人はだいたい3パターンで、「相手の間違いを正したい人」「その炎上にからんで利益を得る人」、あとは「自分の正しさを再確認したい人」です。でも、本当の問題解決を目指す人は、炎上には直接関わらないんじゃないでしょうか。


「今回は○○を使った話を書こう」と決めて書いたものもあれば、「こういった出来事を表現してみよう」と決めて書いたものもありますね。たとえば最初に収録した短編「猫を持ち上げるな」は後者です。


インターネット上では、人間が集団化したときに発露するある種の傾向がむき出しになってしまう。中世の哲学者が思考実験として想像していたような極端な世界が現実化しているんだなと思います。そういう時代をどう生きていけばいいのかを、私たちは考えるべきでしょうね。個人的には、考えてもどうにもならない気がしていますが。


ツイッターのような場では、少人数のコミュニティなら成立するバランスがいとも簡単に崩れてしまうんですよね。炎上が象徴的ですけど、一人の人間の発言が、それがいかに吟味されたものであっても、圧倒的な「群れ」の前には意味をなさなくなる。それってコミュニケーションの齟齬というより、もっと統計的な現象であるように思います。


炎上の仕組みをちゃんと語ろうとすると本1冊分くらいになってしまう話ですが。ごく簡単にいうと、始まりは誰かの「イヤだなぁ」という素朴な気持ちなんです。でも、その「イヤ」が共有されていくうちに、「悪」に切り替わる瞬間がある。そのときに火がついて燃え上がってしまう。こんな仕組みだと私はとらえています。もそも「正義」や「悪」自体が、そういう過程を経てつくられた観念なのかなと。個人的な好き嫌いが、一定以上の人数に共有されれば「倫理」になるという。


いつか「ベタ」な物語も書けたら、という気持ちはあります。いま興味があるのは、いわゆるアニメ的な、記号化されたキャラクターが登場するお話です。私が普段消費しているのはそういう作品なので……。ただ、自分で書こうとするとなんだか恥ずかしいんですよね。自分がこんな話を書いているということが……。あ、これはもちろん、アニメ的な世界観をバカにしているわけではなく、逆です。自分なんかが書いてしまっていいのかという照れが発生してしまうんです。この自己肯定感の低さは、担当編集さんからもよくお叱りを受けるところなのですが。


人の脳も言葉も、70億の人間といっぺんにコミュニケーションをとるためにつくられたものではないですから。1人の人間がコミットできるのは、せいぜい200人くらいでしょうか。そのくらいの規模感で穏やかに暮らすためのコミュニケーションシステムを、いきなり「対・全世界用」にカスタムしたら破綻して当然です。これからも私たちは、不幸な傷つけ合いを続けながら生きていくのだろうと思います。


「個」の希薄なアカウントというのは、質的な重さを持たない、小さくて軽い存在だと思うんです。だから無限に群れられるし、群れるまでにかかる時間も非常に短い。それぞれは意思を持っていたとしても、見せる動きは虫と大差ないような……。このままいけば、人はだんだんそんな存在になっていくのでは、という予想をしています。


「個」としての自分にひもづいたことを書きたい欲求が、あまりなかったんです。インターネット中心の生活を送っていたので、アピールしたい日常ネタもありませんでしたし。ネットは危険というイメージもあり、個人情報がバレることにも恐怖感がありました。だから自然とおふざけツイートが中心になって……。あとは、ツイートを「お気に入り」に入れてもらえることが楽しかったんですよね。「この人はこういうネタが好きなんだな」とわかるのが嬉しい。そんな気持ちでアカウントを運用していました。


インターネットを本格的に楽しむようになったのは2002年くらいからです。個人サイトはもちろん、2ちゃんねるやフラッシュ動画も好きでした。当初はお気に入りに登録したサイトを巡回するだけでしたが、2009年にツイッターが流行り始めたときに軽い気持ちでアカウントを取得してみたのが、自分で発信するきっかけになりました。


短編「猫を持ち上げるな」は、「ツイッターをネタに何か書こう」と思って書き始めた話ではないんです。ただ、毎日ほぼ一日中ツイッターを見ているものですから、書きたいテーマとして自然とツイッター上の出来事が浮かび上がってきて。何度も目撃していると、炎上が起こるプロセスや構造がだいたい見えてきますよね。炎上に至るまでのいくつかのポイントさえ押さえていれば、どんなに些細なことでも燃えてしまう。その「些細さ」をより強調してみようと思って書きました。


「すごく斬新」という感想を多くいただけてありがたいです。でも正直に言うと、自分ではあまりピンときていないですね。エゴサーチして、「面白い」とか「新しい」といった感想が出てくると、「本当だろうか」とつい疑ってしまいます。「えっ、だって世界ってだいたいこんな感じじゃない?」という戸惑いがあって……本の帯に「黙示録的」とあったのも驚きました。私としては、普段見ている光景をより象徴的に書いただけ、という感覚なんです。


ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)の経歴・略歴

ダ・ヴィンチ・恐山、ダヴィンチ・おそれざん。品田遊、しなだ・ゆう。有実泊、ありみ・とまる。日本のライター、小説家、漫画家、漫画原作者。ツイッターを使いネットで活動開始。『止まりだしたら走らない』で小説家デビュー。

他の記事も読んでみる

遠藤功

大なり小なり人は思い通りにいかないことを体験し、逆境に晒される。壁にぶつかり、壁にはね返され、無力感に襲われ、打ちひしがれる。大事なのはそこからだ。


羽生善治

将棋では、対局後に「今日は完璧だった」「ノーミスだった」ということはほとんどありません。たいてい反省点があります。それを前提にしているので、何事も、あまりにきっちりしたやり方を追求してもうまく回らない、という感覚があるのでしょう。ミスをするのが前提、といったらおかしいかもしれませんが、そういうことも当然あると考えていますし、ミスをしたときに修正ができること、できるだけ動揺せず、ミスの前とあとで同じスタンスで対処できることをいつも考えています。


小池百合子

ワーク偏重の最たる例が長時間労働ですが、残業を減らして早く帰る人が増えれば「一杯飲んで帰ろうか」となりますよね。あるいは、「空いた時間で英語の勉強をしよう」とスキルアップの機会が増える人もいるでしょう。また、家族と過ごす時間が増えて、少子化対策につながるかもしれない(笑)。つまり、長時間労働の解消は消費拡大など経済政策でもあるわけですね。企業にとっても人材確保や離職防止に効果が出ます。


吉田穂波

仕事で忙しくしている人が「定年後は好きな釣りをして過ごしたい」と言っていたのに、いざ定年を迎えたらすっかり興味を失ってしまう、という話を聞きます。いろいろなものを同時並行でやるからこそ、時間が少ないからこそ、時間のありがたみを感じて有効に使えるのです。


楠木建

考えるときに意識してほしいのは情報の遮断だ。自分の頭で考えることの重要性はみんな知っている。ところがいまは情報が多すぎて、それが容易ではない。思考は情報に注意を向けることによって始まるが、接する情報が増えると、それに与える注意の量が減ってしまう。情報と注意はトレードオフの関係にあり、情報が増えるほど思考が浅くなってしまう。


苫米地英人

どうやって編す者から身を守ればいいのか。それは「ほどほどの欲」=「中庸」である。欲を強く出しすぎると前頭前野の働きが弱くなり冷静な判断ができなくなるからだ。いかなるときも「ほどほどの欲」に抑えることで、冷静さを保つことができ、騙す悪人から防衛することができる。これは不透明な時代を生き抜くビジネスマンにとって必須の考え方である。


林成之

意欲的にものごとに取り組みたいなら、最初の入り口の段階で、「これは面白いぞ」と脳にレッテルを貼らせることが重要です。「面白い」と感じれば、脳は深く考えますから、ますます面白くなります。逆に、「面白くない」と感じれば、興味を持てないまま終わってしまいます。


野村克也

記録とは自己満足。そんなもの人生で何の役にも立たないから、(自分が持つ記録を抜かれても)別に腹など立たんよ。そもそも俺は怒ったり、カッとなることなどない人間だ。ボヤくだけや。感情に走ると勝利はこぼれ落ちる。平常心なき者は、勝負ごとで力を発揮できないからだ。


泉谷直木

実行して恥をかいたり、冷や汗をかいたりする経験が必要。頭で勉強して、体で覚えることが大切。


落合陽一

グローバル化や、インターネット環境と通信インフラの整備によって、いつでもどこでも働ける世の中になりましたが、これは一方で、ワークライフバランスの考え方が崩壊したとも言えます。ワークとライフの関係性が「バランス」でなくなった今、自分なりの人生価値を、ワークとライフの両面で生み出し続ける方法を見つけられた人が生き残る時代となるのです。


堀之内九一郎

商売に休みはありませんよ。今年は、新しいことをいろいろ始める予定です。幾つになっても、挑戦するときはわくわくしますね。


間川清

とくに優先順位が高いタスクや、すぐにしなければならないタスクは、全面がノリになっている付箋に書いて携帯電話の裏に貼り付けています。そうすると早くはがしたいと思うので、すぐに行動に移すようになります。