名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ダン・ニスターの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダン・ニスターのプロフィール

ダン・ニスター。ルーマニア出身の経営者。「利根コカ・コーラボトリング」社長。ルーマニア機械学大学卒業。コカ・コーラヘレニックボトリング、コカ・コーラシステムなどで欧州・アフリカ各地でコカ・コーラの仕事に携わる。その後、「利根コカ・コーラボトリング」社長、「コカ・コーライーストジャパン」取締役副社長執行役員・営業本部長などを務めた。

ダン・ニスターの名言 一覧

これまで続けてきたことを変えるのは確かに大変かもしれません。しかし、結果を変えたければ同じことを続けていてはいけない。


労働時間が長い方が会社に貢献できると考える人もいますが、それは錯覚です。充実した私生活のある人の方が、会社への貢献度は高い。


タブレット端末を渡すだけでは、おそらくいい結果は出せません。大切なのは、ITを活用すると同時に、営業担当をサポートする体制をしっかり整えることです。


デジタルで内勤や移動を効率化していけば、営業担当者がお客様と対話する時間をさらに増やせるはずです。いずれは1日の総労働時間のうち、外勤の比率を約65%まで高めたい。


移動の効率化も外勤時間の増加に貢献しました。これまでは営業担当エリアが複雑に入り組んでいることがあり非効率でした。そこでエリアごとにルートを整理して担当を決定。GPSを活用した地図を使って、訪問先までの最短ルートを導き出し、移動時間の短縮も図っています。


営業担当者の内勤時間を短縮すれば、その時間をお客様との対面時間に充てられます。新しい仕組みの試験導入では、外勤時間が29%から45%に増えて、一日当たりの訪問件数も12件から18件に増加しました。商談時間が長くなれば、お客様に対してこれまで以上に提案が出来ます。その結果、追加受注は1.5%~2倍に増えています。


労働時間が長いわりに営業成績が上がらない原因の一つは、内勤の仕事に時間を割きすぎているからでしょう。営業担当が事務仕事ばかりしていてお客様と対面する時間が少なければ、売り上げが伸びないのも当然です。


以前、営業担当者がお客様と対面する時間が少なくなってしまうという問題がありました。最大の要因は、担当者が経験と勘などから訪問計画を立てていたこと。営業担当に一日をすべて委ねると、どうしてもその日によってムラが出てしまいます。これは日本だけではなく、万国共通の傾向です。さらに、営業担当は必要とは限らない事務仕事に時間をかけすぎる。それが長い内勤時間につながっていたのです。


ダン・ニスターの経歴・略歴

ダン・ニスター。ルーマニア出身の経営者。「利根コカ・コーラボトリング」社長。ルーマニア機械学大学卒業。コカ・コーラヘレニックボトリング、コカ・コーラシステムなどで欧州・アフリカ各地でコカ・コーラの仕事に携わる。その後、「利根コカ・コーラボトリング」社長、「コカ・コーライーストジャパン」取締役副社長執行役員・営業本部長などを務めた。

他の記事も読んでみる

野原幸二

心がけてきたのは、「実践」で手を付けていこう、ということ。これが仕事をする上で大切なのではないか。


畑村洋太郎

自分なりに情報を集め、勉強し、準備して動いた者だけが命を落とさずに済むし、人を助けることもできる。失敗を反省すると、自分が悪かったとか誰がドジったかといったマイナスの責める意味合いになる。私はそうではなくて省察(せいさつ)――省みて考えることが今、最も求められていることではないかと思っている。


藤井美保代

ミスを繰り返してしまう最大の原因は、自分が犯したミスと、きちんと向き合っていないことにある。考えるだけでなく、文字にする点がポイント。


土田雅人

入社以来、営業一筋です。売るものは変わっても、仕事の基本は変わりません。営業は私の天職だと思っています。


石渡美奈

正直に言うと、「部下にやる気を出させる」というのは無理だと思います。社員はみな自分の意思をもった大人ですから。「やる気を出させる」という発想は傲慢ですし、そんな姿勢で接したら社員は嫌がるでしょう。私が考えているのは、やる気とかモチベーション云々ではなく、社員が安心して働ける環境を作ること。そうすることによって社員一人ひとりの成長にかかわらせてもらっているんだ、という意識ですね。モチベーションはあくまでも自発的なものです。安心して働ける環境を作れば、自然とやる気は出てくると考えています。


高原真由美(髙原真由美)

様々な整理術の本があっても、実は自分に適した方法でなければ、それは仕事にとっても非効率な環境。自分の本来の能力を発揮しきれないデスクにずっと身を置き続けていることになります。


中村澄子

多忙なビジネスマンでも、その気になれば学習時間は作れるのです。私の教室の参加者には、教室の時間(週3時間2カ月8回)以外に、平日は毎日自宅で1時間、通勤時間は往復2時間と仮定して両方をリスニングにあて、昼休みのうち10分間をリーディングにあて、週末は土日各3時間ずつ学習を、と勧めています。


斎藤道三

命を捨ててしまえば、この世のほかに世界はない。


平井伯昌

「いい成績を取りたい」というチャレンジャーの時よりも、「いい成績を残さなければいけない」という立場になった時ほど、プレッシャーを受けやすくなる。コーチはそれを見逃さず、話を聞き、解決策を見いだすなどのフォローが大事です。


宋文洲

営業担当の配置を見直すことが重要です。取引内容がすでに安定している顧客や既存商品より、今後成長が見込める事業や新規開拓にこそ優秀な人材を配置し、人数も多く投入すべきでしょう。新規分野の開拓にはアイデアも必要だし、時間もかかります。それができるのは優秀な営業マンなのですが、大手企業では新規事業のリスクを恐れて、優秀な人材を安定分野に配置しがちです。リスクを恐れないベンチャーに大手が負けることがあるのは、それが原因ではないでしょうか。


佐藤優

40代は男性にとって、とても大事な時期だと思います。人生の潮目が変わる時期とも言える。僕自身、鈴木宗男疑惑に連座して東京地検特捜部に逮捕されて、人生が180度変わったのが42歳。まさに厄年(笑)。肉体的にも精神的にも、そして自分を取り巻く環境も大きく変わった時期だと思います。


坂本孝

なかなか結果が出ないときは、次の点を見極める必要があります。結果が出ないのは、「自分の努力不足」が原因なのか、それとも「時代に合ってない」からなのか。努力が足りないなら、さらなる努力が必要です。一方で、ビジネス自体が時代にマッチしていない場合は、方向転換を考えるべきです。