ダン・ニスターの名言

ダン・ニスターのプロフィール

ダン・ニスター。ルーマニア出身の経営者。「利根コカ・コーラボトリング」社長。ルーマニア機械学大学卒業。コカ・コーラヘレニックボトリング、コカ・コーラシステムなどで欧州・アフリカ各地でコカ・コーラの仕事に携わる。その後、「利根コカ・コーラボトリング」社長、「コカ・コーライーストジャパン」取締役副社長執行役員・営業本部長などを務めた。

ダン・ニスターの名言 一覧

これまで続けてきたことを変えるのは確かに大変かもしれません。しかし、結果を変えたければ同じことを続けていてはいけない。


労働時間が長い方が会社に貢献できると考える人もいますが、それは錯覚です。充実した私生活のある人の方が、会社への貢献度は高い。


タブレット端末を渡すだけでは、おそらくいい結果は出せません。大切なのは、ITを活用すると同時に、営業担当をサポートする体制をしっかり整えることです。


デジタルで内勤や移動を効率化していけば、営業担当者がお客様と対話する時間をさらに増やせるはずです。いずれは1日の総労働時間のうち、外勤の比率を約65%まで高めたい。


移動の効率化も外勤時間の増加に貢献しました。これまでは営業担当エリアが複雑に入り組んでいることがあり非効率でした。そこでエリアごとにルートを整理して担当を決定。GPSを活用した地図を使って、訪問先までの最短ルートを導き出し、移動時間の短縮も図っています。


以前、営業担当者がお客様と対面する時間が少なくなってしまうという問題がありました。最大の要因は、担当者が経験と勘などから訪問計画を立てていたこと。営業担当に一日をすべて委ねると、どうしてもその日によってムラが出てしまいます。これは日本だけではなく、万国共通の傾向です。さらに、営業担当は必要とは限らない事務仕事に時間をかけすぎる。それが長い内勤時間につながっていたのです。


営業担当者の内勤時間を短縮すれば、その時間をお客様との対面時間に充てられます。新しい仕組みの試験導入では、外勤時間が29%から45%に増えて、一日当たりの訪問件数も12件から18件に増加しました。商談時間が長くなれば、お客様に対してこれまで以上に提案が出来ます。その結果、追加受注は1.5%~2倍に増えています。


労働時間が長いわりに営業成績が上がらない原因の一つは、内勤の仕事に時間を割きすぎているからでしょう。営業担当が事務仕事ばかりしていてお客様と対面する時間が少なければ、売り上げが伸びないのも当然です。


ダン・ニスターの経歴・略歴

ダン・ニスター。ルーマニア出身の経営者。「利根コカ・コーラボトリング」社長。ルーマニア機械学大学卒業。コカ・コーラヘレニックボトリング、コカ・コーラシステムなどで欧州・アフリカ各地でコカ・コーラの仕事に携わる。その後、「利根コカ・コーラボトリング」社長、「コカ・コーライーストジャパン」取締役副社長執行役員・営業本部長などを務めた。

他の記事も読んでみる

酒井誠(経営者)

低い計画を立ててしまうと、それを上回ることはほとんどなくなってしまう。目標は高く設定しなければいけない。


鈴木敏文

セブンイレブンを作った時も、銀行を始めた時も、業界内やマスコミから総スカンを食った。うまくいくなんて誰も言わなかった。でも私はそれをやってきた。人間は自分の頭の外のことは「無理」と思いがちだ。だが重要なのは世の中の矛盾に気づき、その壁に向かって挑戦できるかだ。成功体験にすがらなければ、人口減も成長の糧になる。それ以外の細かなやり方については、次のリーダーが私と違う手法でも構わない。


中西宏明

危機感が会社を突き動かすのはせいぜい2~3年。最高益を更新し、今の電機業界では利益が安定しているという評価を受け、緊張が緩む危険を痛切に感じています。新たな目標に向けて力を高めないと、普通の会社で終わってしまう。


鈴木英敬

政治家の仕事とは、政策や法律を作ることです。しかし、官僚時代は、仕事を官僚に丸投げする政治家を何人も見てきました。一方、「日本を変えたい」という政治家がいても、官僚が足を引っ張る光景も見てきました。政治家になったのは、社会を少しでも早く変えることができる可能性に懸けたからです。


鎌田富久

テック起業家の強みは、自分の研究領域についてよく理解していて、自分の言葉でアピール出来ることです。一方で弱みは、エンジニアや研究者はどうしても視野が狭くなってしまうことだと思います。それをパートナーが補完するのも一つの手ですが、技術の実用化を目指すなら起業家自身も幅広く物事を見ることが大切です。更に、エンジニアや研究者はオリジナリティを大事にするため、他人に相談しない人が多いことも問題です。自分一人で考えることが良いという風潮があり、人の真似は良くないと刷り込まれています。しかし、ビジネスをしていく上で他社の良い部分は積極的に真似すべきです。


新井田傳

タイの店での味は徹底して日本と同じ味にこだわります。夢は全世界に幸楽苑のラーメンのスタンダードを作ること。海外の食材を使い日本と同じ味を作るのは苦労しますが、それでもこだわります。


中原淳

長時間労働の悪弊は、日本人が戦後、「長期にわたって実践」し、それゆえに「習慣化」してしまった「働き方」です。それは長期にわたって「学習」されており、なかなか「捨てること」が難しいものです。現在起こっている生産性向上の運動は、「かつての働き方のアンインストール」と呼ぶこともできそうです。


内藤忍

日ごろから目的意識を持って準備をしていなければ、絶好の機会が目の前にあっても気がつかない。通り過ぎてしまう。


伊藤直彦

長い人生には予期せぬことが突然身に降りかかることはよくある。くよくよせず、頭を切り替え、新しい道を選択する方が賢明だ。「災い転じて福となす」のたとえではないが、既定路線を歩むよりも素晴らしい人生が待っている方が多い。


森本千賀子

転職業界では転職の「35歳限界説」というのがありますが、35歳以上でも転職して収入を上げている人は少なからずいます。彼らに共通しているのは、なんといっても、確固たる仕事の実績があることです。ただ、いくら実績があってもそれだけでは弱い。「経験をしてきた事業領域がたまたま成長マーケットで、時流に乗っただけ」とみなされることもあり、高評価の対象になりづらいのです。企業が欲しがるのは、高い仕事の実績を「継続的」に出し続けている人。昨今はマーケットの変化が速く、社内で通用する能力だけで実績を出し続けるのは難しい。逆にいえば、継続して実績を出すことできれば、「どの環境でも成果を出せる普遍的な能力を持った人材」と評価されるのです。


磯崎功典

もっとシンプルにしたかったが、組織変更には多大な時間とお金がかかる。今それをやっている暇はない。自分の家のレイアウトを変えても、お客様価値とは関係ない。


川田修(ライフプランナー)

靴べらはお客様のものを借りずに、持参したものを使います。帰るときの印象は、とくにお客様の中に残りやすい大切な瞬間ですから。


森正文(経営者)

高級にこだわったからこそ、記念日に高級ホテルや旅館に泊まろうという計画を立てる人は、「一体で調べた方がいい」と考えてくれるようになったんだと思います。


加藤諦三

失敗はたんなるひとつの体験です。「失敗した自分を人がどう思うだろうか」と考えるから悩みになるだけです。


平野信行

重要なのは、顧客のニーズをいかに発掘するか。その点では日本の金融機関はかなり先回りしている。たとえば海外進出のサポートまでやるのは邦銀だけだ。


ページの先頭へ