ダンテ・カーヴァーの名言

ダンテ・カーヴァーのプロフィール

ダンテ・カーヴァー。アメリカ人俳優、モデル、タレント。ニューヨーク州出身。バージニア・コモンウェルス大学卒業。来日し俳優活動を開始。テレビドラマ、CMで活躍。

ダンテ・カーヴァーの名言 一覧

僕のお父さんは政府の仕事をする一方で、バスケットボールの選手でもあり、コーチでもありました。そんな父から、チームワークについて聞かされたことを覚えています。「バスケットボールでは自分がどんなにうまいプレイヤーだと思っても、ひとりでボールを持つものではない」と。


ダンテ・カーヴァーの経歴・略歴

ダンテ・カーヴァー。アメリカ人俳優、モデル、タレント。ニューヨーク州出身。バージニア・コモンウェルス大学卒業。来日し俳優活動を開始。テレビドラマ、CMで活躍。

他の記事も読んでみる

岩本栄之助

相場だけは明日はわからんのやで。相場は全て結果論なのや。君の助言で、今までの売り玉をやな、損見切りしてドテン買いに 回った時、それを天井にして相場が下がったらどないする?相場の道は孤独なものや。一人で仕掛けて、一人で耐えて、最後の勝負を収めればそれでよいのや。 助言はいらん。


ジェローム・K・ジェローム

あなたがうそつきの達人でないならば、常に真実を語るというのが最良の策だ。


遊川和彦

あいつらは悪い、あいつは駄目、あいつらは危険な男たち、というふうに決めつけてしまった方が楽じゃないですか。あいつらはきっと考えがあるんだよ、なぜ彼らが怒っているか聞いてみようよ、というのはとても面倒臭いことだし、大変なことです。しかしホントはそれをしなきゃいけないというのが絶対的価値観だと思う。だって地球は1つで、みんな一緒に住んでるわけだから。


堀義人

起業で重要な要素は「ヒト、カネ、チエ」。


宿澤広朗

スポーツでも、音楽でも、美術でもいい。その子によって興味を示すものがある。親がこれをやれって決めちゃうのはいけない。色々な事をやらせてみて、本人がこれをやりたいっていうのが出てくればいいのではないか。学生は勉強が日常的な事で、それ以外のスポーツなり、芸術なりの非日常的なものを小さい頃からずっと持っている、それが重要なことだと思う。


鈴木純(経営者)

個の力を伸ばすには、事前の練習とミーティングで戦術を理解させ、理念を浸透させることが必要だ。新入社員に自分の担当だけでなく、全ての素材に関する知識をたたき込む研修を始めた。課長級には知識をどう使うべきかというマーケティング研修を行っている。その場で私は「ようやくみんな同じ言葉で語れるようになったな」としか言わない。でもそれが大事だと思っている。多様な事業領域を持つ帝人で「同じ言葉で語れる」のは、戦術を浸透させる段階に達したからだ。


山口拓朗

不機嫌な顔で黙っている上司のいる部署は硬直した雰囲気になり、雑談好きな上司の下では豊かなコミュニケーションが生まれるもの。仕事における意思疎通を円滑にするためにも、積極的に同僚や部下に話題を提供しましょう。


北尾吉孝

私も新たな情報を取り入れるため多読に励んでおり、睡眠時間は毎日4時間程度です。


荒蒔康一郎

リーダーは「確かにあなたの意見が正しいかもしれないね」「まずは○○さんの方法を試してみましょうか」といった妥協も適度にしながら、みんなの納得とやる気を引き出して、迂回しながらでも最終的には目標につなげていくことが必要です。その調整がどのレベルでできるかによって、任せられるチームの大きさが決まってくると思います。


松浪健四郎

まだまだチャレンジし続けます。将来的には本学を、身体にかかわる科学と文化の総合大学にしようと考えています。日本の大学は古くは法律、経済や経営、外国語、理学、工学など、時代の要請に応じて発展してきましたが、これからは「健康」が重要視される時代です。それに対応した学部、学科を創設しながら、社会に貢献していかなければならないのです。


生月誠

逆に「自分は人と話す時に赤面してしまう。人と話すのは苦手だ」ということを、最初から認めてしまうことが大事。初めから認めることが出来ていれば、人と接するときにも心の余裕が生まれます。そしてそれを「自分の個性」であると他人にアピールをしていくのが有効な方法です。


佐藤綾子(心理学者)

信頼の両輪は「論理」と「共感」です。相手が納得する論理性が第一ですが、それだけでは足りない。「この人なら大丈夫」という共感があってこそ、信頼につながる。


池田弘(経営者)

自分の勘を信じ勝負して、駄目なら責任を取る。それが経営者というもの。


宮田幸雄

できるだけ部品は共通化し、調達先も絞る。そうやって生産効率を高めていく。


ロバート・キヨサキ

あなたが真の投資家になりたいなら、四種類の資産(ビジネス、不動産、ペーパーアセット、コモディティ)のすべてに投資すべきだ。そして、そのうち一種類か二種類の資産については、投資に精通した専門家のレベルに到達しなければならない。ほとんどの人は、株や債券、投資信託といったペーパーアセットにしか投資しておらず、しかも、自分がどんな投資をしているかについて何の知識もない。だから、ファイナンシャル・プランナーの言うことを鵜呑みにして、ペーパーアセットという一つのカゴを後生大事に抱え、市場が常勝してくれることを祈り続けている。


ページの先頭へ