名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ダンカン(お笑い芸人)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダンカン(お笑い芸人)のプロフィール

ダンカン。日本のお笑い芸人、俳優、放送作家、脚本家。埼玉県出身。立川談志の弟子を経て、たけし軍団に入団。お笑い芸人、放送作家として活躍。

ダンカン(お笑い芸人)の名言 一覧

たけし(北野武)さんも、70歳ですけど、あのパワーと、あくなき好奇心と接してると、「40代がどうの」なんて言っていられないですよ(笑)。まだ折り返し地点にもたどり着いてないんじゃないかって。


たけし(北野武)さんは、ほとんど怒りもしないし、何も教えてくれない。僕らがハッと気づくと、もう新しいことを自分一人ではじめていて、どんどん先へ走っていっちゃうんですよ。だから一生懸命、その後を追うというか、それこそ全力で追っかけていかないと、背中が見えなくなりそうで怖いんです。


いったいどれだけの番組で書いてきたのかな。コント番組や軍団の番組のほかにも、特番とかも書いて、もう毎日、毎日、それこそ死ぬほど書いてきましたからね。親父が死んだときも、泣きながらコントを書いていたし……。1週間の睡眠時間を全部足しても4時間とか、そんな感じのときもありましたよ。気がついたら、テレビ朝日のリハーサル室で原稿用紙を手に持って床に倒れていたとかね(笑)。まあ、46歳で映画監督にまでなれたのも、その蓄積があったからですよ。たけし(北野武)さんの背中を必死で追いかけてきたからです。


ダンカン(お笑い芸人)の経歴・略歴

ダンカン。日本のお笑い芸人、俳優、放送作家、脚本家。埼玉県出身。立川談志の弟子を経て、たけし軍団に入団。お笑い芸人、放送作家として活躍。

他の記事も読んでみる

住谷栄之資

失敗やトラブルがあって気持ちが落ち込みそうになったときは、「今日からスタート」「いまからスタート」と自分に言い聞かせて、気持ちを切り替えるようにしています。過去は変えられませんから。


藤原理加

取材を終えても、なかなか書き始めることができなくて。おばぁたちのことをきちんと伝えなければいけない。それが。プレッシャーになっていたんです。そんなとき、ふと手に取ったのが池澤夏樹さんの小説。本当におこがましいのですが、その作品に導かれるように文体が生まれ、書き上げることができました。その出会いがなければ、まったく違う本になっていたかもしれません。

【覚え書き|『八重山おばぁのぬちぐすい』について】


鈴木秀則

一見関係ないと思われることでもあらゆる事象は有機的に繋がっていて、ほんの些細な心掛けの積み重ねが良い方向に繋がっていきます。ですからお客様へのご返信の電話一本を一秒でも速く返せるように、また紙一枚でも気持ちが伝わるようにと、どんな小さなことでも意識を持って行動するようにしています。


石川康晴

テクノロジー事業に関しても、競争相手がIT企業になってくる。彼らの成長スピードについていけないと、全部持っていかれてしまう。だからこそスピードが重要。


日覺昭廣

医療分野で、人工腎臓透析器の販売が伸び悩むという課題を抱えている時期がありました。担当者は病院を攻略するためにいくつもの対策を出してくるのですが、どれも説得力がない。そこで、「既に買ってくれた病院に行って、その理由を聞いてこい」との指示を出したところ、事実の徹底究明からヒントをつかみ、販売を伸ばすことに成功しました。


高須武男

人は基本的に誰もが保守的です。特に、現場に近いほど、新しい仕事が増えるので消極的になります。そんな時、トップの考えがブレたら部下は付いてきません。


斎藤一彦(スパリゾートハワイアンズ)

1976年に親会社の炭鉱が閉山されたときはたいへん苦しかった。リゾート施設は新鮮さを維持するために、3~5年ごとに施設の改修を行なうのが一般的。ところが、閉山費用に200億円もの資金が必要で、約10年間は何もできなかったのです。そこで、コスト削減を徹底したのですが、暖房がじゅうぶんでない部屋もでてきてしまい、お客様から「これじゃ、ハワイじゃなくてアラスカセンタ-だ!」とお叱りを受けたこともありました。当時の厳しさを思えば、今回だって乗り越えられるはず。そう思ったのです。


斎藤悦郎

市場の変化にいち早く対応し、他社よりも一歩先に新製品を出し続ける。今後もこうした動きでブランド力の維持を図っていきます。


山村輝治

生涯を通じて求道的な生き方を実践し、それにもとづく経済活動を展開した創業者(鈴木清一)は、「利益は喜びの取引から生まれるもの」と考え、ダスキンの仕事にかかわるすべての人が幸せになってほしいと願って精力的に活動しました。この創業者の思いは、「祈りの経営」という経営理念として、私どもに受け継がれています。


ムーギー・キム(金武貴)

仕事には(1)やらなくてはいけない仕事、(2)やったほうがいい仕事、(3)やらなくてもいい仕事があります。このうち(3)は当然として、(2)もできる限りやらないようにする。そのぶん、(1)に時間を投入するのです。これをするためには、「自分が本当になすべきことは何か」を常に考え、判断する習慣をつける必要があります。タイムアロケーション(時間配分)ができる人は、仕事だけでなく、人生の持ち時間も有効に使えます。


佐藤優

ライフプランをしっかり立てることが大切。生涯に必要になるお金、入ってくるお金をしっかり計算し、どういう生活をしていくか計画を立てる。そうでないと、経済的に破たんしたり、お金がないことでチャンスや機会を逃したりしてしまうことにもつながりかねない。


午堂登紀雄

オンとオフの区別をつけないことが大切です。オフィスから出たあとも、アンテナを張りつづけた方が、仕事のアイデアが浮かびます。