名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ダレン・ヒューストンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダレン・ヒューストンのプロフィール

ダレン・ヒューストン。カナダ出身の経営者。日本マイクロソフト社長。カナダのブリティッシュコロンビア州出身。カナダ・トレント大学経済学部卒業、ブリティッシュコロンビア大学で経済学修士、ハーバード大学で経営学修士(MBA)を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーおよびスターバックス・コーヒーを経てマイクロソフトに入社。日本マイクロソフト社長を務めたのち、米国本社で上級副社長コンシューマー&オンライン インターナショナルグループ担当に就任。

ダレン・ヒューストンの名言 一覧

私たちのミッションは、世界中のすべての人々やビジネスの可能性を最大限に引き出すための支援をすることです。


重要なのは、オープンな競争の中で、当社製品を採用することによる合理的なメリットを伝えていくことです。


重要なのは、ITによって自身の可能性を広げる人々が増えることです。そして、それは社会に変革をもたらすことにつながると考えています。


成否はパートナーとの協業により、ウィン・ウィンの関係が築けているかどうかで測るべきだと考えています。当社はすでに富士通やシャープ、東芝、NECなど、数多くの日本企業とパートナーシップを結んでいます。当社が触媒になることで、日本企業の成長に貢献することを目指しています。


当社は単に製品を売るだけでなく、日本に根付いた企業になることを目指しています。具体的には「日本における投資の拡大」「政府や教育機関、産業界とのより深く明確なパートナーシップ」「企業、コンシューマー双方における技術革新の促進」という3つの柱を掲げています。


現在、日本でもデジタル・デバイド(情報格差)の拡大している分野があります。PCの世界に革命をもたらした企業のひとつとして、その解消に向けてなんらかの貢献をするのは当社の義務だと考えています。


当社はNPOや教育現場に対してITの活用をうながしたり、高齢者や障害者がITを活用できるように支援する活動を行っています。それによって当社のユーザーが増えるのは確かですが、投資対効果の高い事業では決してありませんし、そもそも目指すところが違います。


社会への貢献には、寄付などのチャリティとして行われるものもありますが、私たちの企業市民活動の中心はそうではありません。当社のミッションは「人々が持つ可能性を最大限に引き出すための支援をすること」です。その目的に向けて当社の経験や強みを生かした活動を行い、社会に貢献していきます。


ダレン・ヒューストンの経歴・略歴

ダレン・ヒューストン。カナダ出身の経営者。日本マイクロソフト社長。カナダのブリティッシュコロンビア州出身。カナダ・トレント大学経済学部卒業、ブリティッシュコロンビア大学で経済学修士、ハーバード大学で経営学修士(MBA)を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーおよびスターバックス・コーヒーを経てマイクロソフトに入社。日本マイクロソフト社長を務めたのち、米国本社で上級副社長コンシューマー&オンライン インターナショナルグループ担当に就任。

他の記事も読んでみる

今井むつみ

伝えたいことを相手にきちんと理解してもらうために大事なことは、相手の知識のレベルを的確に推察し、それに合った話し方の工夫をすること。


杉江俊彦

構造改革でやるべきことは、まだまだありますよ。大小取り混ぜて。とにかくもう役員クラスには嫌なことから先にやろうよと言っています。嫌な順番にやっていきます。


岡田斗司夫

成功者のノウハウを完璧に真似して、努力を続けられたとしましょう。それでも、成功する確率は高くありません。成功者のノウハウなんてほとんど役に立たないからです。本人のキャラクターや置かれた環境などによって大きな個人差があります。その人だけのものに過ぎないと言ってもいいでしょう。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

リストラの面談の席での基本は、堂々と記録をとることです。ノートを広げ、相手の発言を漏らさずメモする。嫌がられても「社外ユニオンに相談するときの資料ですから」と突っぱねる。その一方で、ICレコーダーで隠し録りもしておきたい。


山元賢治

たとえば、メールボックスを開いてみると英文のメールが届いていて「嫌だな」と感じる。そうしたら、後回しにするのではなく、真っ先に読んで返信するのです。そうすると、嫌な気分が少なくて済みます。


野村克也

なぜ俺が常にボヤくのか考えてもらいたい。「理想が高い」んだよ。選手時代も監督時代も、俺は野球に関しては常に高い理想を追い続けた。しかし、理想は高ければ高いほど、現実とのギャップが生まれやすい。「何でや……」という悔しい思いがあるから、ボヤくわけだ。


コシノジュンコ

まずいろいろなことに興味を持ち、やってみること。経験を積むことが大切。子供の頃や学生時代に興味を持ったり、好きになってやったことが、その後の人生で活かされたというのは、誰しも経験があるでしょう。


牛尾治朗

当然のことだが、企業は利潤を獲得しなければ成り立たない。利潤をつかむとは儲けることだが、自分の企業さえ儲かればいいと思っている間は大した企業ではない。面白いもので、自分の企業さえ儲かればいい、と企業がエゴ丸出しのころは、よい社員も集まらないものだ。私が日本青年会議所活動やその後経営者としての活動の中で、こうした考えを世に訴えてきたことが社会にもプラスになった。優秀な社員も随分と入社することになった。


及川智正

農業にしっかりと情熱を燃やしていきたい。「農業に対する情熱は誰よりも熱い!」「日本で一番、いや世界で一番農業に熱いのは及川です!」と胸を張って言えるくらいの仕事をしたい。


ケリー・マクゴニガル

私が以前より自己主張できるようになり、消極的でなくなったのは、「発言することに対する自分の意識」を変えたことが大きかったのです。発言せず黙っていた時は、自分が他人にどう見られているか、とりわけ、私より知識が豊富な人や目上の人にどう見られているかを気にしていました。私がコメントすれば、私を判断したり批判したりするきっかけを彼らに与えてしまうと考え、私のコメントが「グループ全体が何かを経験するために貢献できる」きっかけになる、という意識は持っていませんでした。このことについては、私の授業を受講している学生の多くが、同じ考え方をしているように見えます。彼らは、自分のパフォーマンスだけに焦点を当てています。そうなると、「自分が貢献することがクラス全体の学習体系にどれだけ役立つか」という大きな視点で、物事を捉えられなくなってしまうのです。


リチャード・バック

愛すべき尊敬する人を見つけて、その人のために自分の人生を送ったら、僕たちは最も暖かいベッドを手に入れられるのです。


青田嘉光

以前とはお客様のニーズが変わってきています。たとえば商業空間であれば、その場所で過ごす「時間」や「体験」がより重要な要素になっています。昔のように、単に「モノを買う場所」という捉え方ではもはや通用しません。空間を訪れる人々の想いは多様化しており、我々はそのニーズをとらえて、事業を行うお客様の課題解決に全力を注いでいます。