名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ダレン・ヒューストンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダレン・ヒューストンのプロフィール

ダレン・ヒューストン。カナダ出身の経営者。日本マイクロソフト社長。カナダのブリティッシュコロンビア州出身。カナダ・トレント大学経済学部卒業、ブリティッシュコロンビア大学で経済学修士、ハーバード大学で経営学修士(MBA)を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーおよびスターバックス・コーヒーを経てマイクロソフトに入社。日本マイクロソフト社長を務めたのち、米国本社で上級副社長コンシューマー&オンライン インターナショナルグループ担当に就任。

ダレン・ヒューストンの名言 一覧

私たちのミッションは、世界中のすべての人々やビジネスの可能性を最大限に引き出すための支援をすることです。


重要なのは、オープンな競争の中で、当社製品を採用することによる合理的なメリットを伝えていくことです。


重要なのは、ITによって自身の可能性を広げる人々が増えることです。そして、それは社会に変革をもたらすことにつながると考えています。


成否はパートナーとの協業により、ウィン・ウィンの関係が築けているかどうかで測るべきだと考えています。当社はすでに富士通やシャープ、東芝、NECなど、数多くの日本企業とパートナーシップを結んでいます。当社が触媒になることで、日本企業の成長に貢献することを目指しています。


当社は単に製品を売るだけでなく、日本に根付いた企業になることを目指しています。具体的には「日本における投資の拡大」「政府や教育機関、産業界とのより深く明確なパートナーシップ」「企業、コンシューマー双方における技術革新の促進」という3つの柱を掲げています。


現在、日本でもデジタル・デバイド(情報格差)の拡大している分野があります。PCの世界に革命をもたらした企業のひとつとして、その解消に向けてなんらかの貢献をするのは当社の義務だと考えています。


当社はNPOや教育現場に対してITの活用をうながしたり、高齢者や障害者がITを活用できるように支援する活動を行っています。それによって当社のユーザーが増えるのは確かですが、投資対効果の高い事業では決してありませんし、そもそも目指すところが違います。


社会への貢献には、寄付などのチャリティとして行われるものもありますが、私たちの企業市民活動の中心はそうではありません。当社のミッションは「人々が持つ可能性を最大限に引き出すための支援をすること」です。その目的に向けて当社の経験や強みを生かした活動を行い、社会に貢献していきます。


ダレン・ヒューストンの経歴・略歴

ダレン・ヒューストン。カナダ出身の経営者。日本マイクロソフト社長。カナダのブリティッシュコロンビア州出身。カナダ・トレント大学経済学部卒業、ブリティッシュコロンビア大学で経済学修士、ハーバード大学で経営学修士(MBA)を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーおよびスターバックス・コーヒーを経てマイクロソフトに入社。日本マイクロソフト社長を務めたのち、米国本社で上級副社長コンシューマー&オンライン インターナショナルグループ担当に就任。

他の記事も読んでみる

渋沢栄一

老人が懸念する程に元気を持って居らねばならぬ筈であるのに今の青年は却て余等老人から「もっと元気を持て」と反対な警告を与へねばならぬ様になって居る。危険と思はれる位と謂うても、余は敢えて乱暴なる行為や、投機的事業をやれと進めるものではない。堅実なる事業に就て何処までも大胆に、剛健にやれといふのである。


パスカル

心には理性ではわからない理屈がある。


午堂登紀雄

大卒で60歳まで働くとすると、40歳ではまだ折り返し地点にも来ていませんよね。だから今の年収や貯金額なんてものは、全く気にする必要がないのです。そんなものは、あとからいくらでも逆転できる。20年後、30年後のリターンを大きくするためにお金を使う。それこそが、今必要な生きたお金の使い方。


石川康晴

「挑戦と変化」が、突破力のあるリーダーとして押さえておきたい着眼点です。


萩尾望都

一日ヒマがあったら、ずっと絵を描いているわけです。やめなさいと言われても、やめられるもんじゃないですね。


江上治

優れた経営者は、挫折を「ビジネスの勉強代」ととらえ、未来の経営に生かすというメンタリティーを持っている。


田口弘

長く社長をやっていれば、社内のあちこちにひずみが出てきます。ミスミは「経営のモルモット」と評され、たとえば人事施策では社内公募制度を大企業に先駆けていち早く導入するなど、ビジョン(経営理念)を追ってきました。やや理想に振りすぎた感じがあるので、ここ(社長交代)で少し現実に戻そうということです。


蔭山洋介

スピーチにおいて、聴衆は「壮大な何か」と接続できたと感じたとき、強力に心が動かされます。ですから、西洋においては、神との一体感を味わえるかどうかが一つの大きな柱。


樋口健夫

外出時の大地震に備えて、家族に何を持たせておくべきか、以前から考えていました。そこで、「こんな防災セットがあればいいな」とメモしたことが、この商品開発につながったのです。どんなことでも書き残しておけば、必ず役立つと思いますよ。
【覚書き|東芝の関連会社と開発した「ポッケの中の防災キット」を着想したきっかけについて語った言葉】


澤穂希

現役時代には、栄養面を管理してくれる人がいて、いろいろと指導を受けることができました。トレーナーさんに食事のことを聞いて、参考にさせていただいたこともあります。試合前は炭水化物を多めに、試合後はタンパク質を多めに摂ることを意識していました。現役時代もそうでしたが、今も基本的には自炊していますし、野菜は必ず食べるようにしています。それと、一日三食、決まった時間にバランスよく食べることを基本にしています。そうすると、決まった時間におなかが空きます。実感として、これは体にいいな、という気がしますね。


森繁久彌

人生には二度や三度はチャンスが来る。意味なく生きているはずはない。人間が人間のために作った社会なのだから。いたずらに焦っても運は向こうから来るもので、ただ眼をふさいでいては見そこなうことがあるということだ。


古屋大貴

私たちの商品を買ってくれるのは、おもちゃ業界の専門家ではなく一般の消費者。彼らが何に興味を持っているのか知ることは、新たなアイデアを考える上でも欠かせません。