名言DB

9419 人 / 110788 名言

ダレン・ヒューストンの名言

twitter Facebook はてブ

ダレン・ヒューストンのプロフィール

ダレン・ヒューストン。カナダ出身の経営者。日本マイクロソフト社長。カナダのブリティッシュコロンビア州出身。カナダ・トレント大学経済学部卒業、ブリティッシュコロンビア大学で経済学修士、ハーバード大学で経営学修士(MBA)を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーおよびスターバックス・コーヒーを経てマイクロソフトに入社。日本マイクロソフト社長を務めたのち、米国本社で上級副社長コンシューマー&オンライン インターナショナルグループ担当に就任。

ダレン・ヒューストンの名言 一覧

私たちのミッションは、世界中のすべての人々やビジネスの可能性を最大限に引き出すための支援をすることです。


重要なのは、オープンな競争の中で、当社製品を採用することによる合理的なメリットを伝えていくことです。


重要なのは、ITによって自身の可能性を広げる人々が増えることです。そして、それは社会に変革をもたらすことにつながると考えています。


成否はパートナーとの協業により、ウィン・ウィンの関係が築けているかどうかで測るべきだと考えています。当社はすでに富士通やシャープ、東芝、NECなど、数多くの日本企業とパートナーシップを結んでいます。当社が触媒になることで、日本企業の成長に貢献することを目指しています。


当社は単に製品を売るだけでなく、日本に根付いた企業になることを目指しています。具体的には「日本における投資の拡大」「政府や教育機関、産業界とのより深く明確なパートナーシップ」「企業、コンシューマー双方における技術革新の促進」という3つの柱を掲げています。


現在、日本でもデジタル・デバイド(情報格差)の拡大している分野があります。PCの世界に革命をもたらした企業のひとつとして、その解消に向けてなんらかの貢献をするのは当社の義務だと考えています。


当社はNPOや教育現場に対してITの活用をうながしたり、高齢者や障害者がITを活用できるように支援する活動を行っています。それによって当社のユーザーが増えるのは確かですが、投資対効果の高い事業では決してありませんし、そもそも目指すところが違います。


社会への貢献には、寄付などのチャリティとして行われるものもありますが、私たちの企業市民活動の中心はそうではありません。当社のミッションは「人々が持つ可能性を最大限に引き出すための支援をすること」です。その目的に向けて当社の経験や強みを生かした活動を行い、社会に貢献していきます。


ダレン・ヒューストンの経歴・略歴

ダレン・ヒューストン。カナダ出身の経営者。日本マイクロソフト社長。カナダのブリティッシュコロンビア州出身。カナダ・トレント大学経済学部卒業、ブリティッシュコロンビア大学で経済学修士、ハーバード大学で経営学修士(MBA)を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーおよびスターバックス・コーヒーを経てマイクロソフトに入社。日本マイクロソフト社長を務めたのち、米国本社で上級副社長コンシューマー&オンライン インターナショナルグループ担当に就任。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

一番よくないのは、あんなことをやっても効果なんて出るはずがないと傍観を決め込むことです。よく、「努力してもできない人」と「努力しないでできない人」とでは、後者の方が可能性を秘めているような言い方をしますが、あれは嘘っぱちです。努力しないでできない人は、努力したのにできない自分を直視するのが怖いか、もともと新しいことに挑戦する習慣がないかのどちらかです。いずれにせよ、一生努力しない確率が高いでしょう。


山崎将志

よくある残念な努力は、「余計なことは考えずに、目の前のことを一生懸命やろう」とすることです。もちろん、一生懸命であることは美徳ですが、努力と成果が比例しないことが少なくありません。端的に言えば、やらなくていいことまで一生懸命にやってしまうのです。


坂東眞理子

親というのは、心を鬼にして子どもの失敗を見守らなければなりません。小さな失敗体験をたくさんすることで、子どもは等身大の自分を把握していきます。


高橋英樹(俳優)

私もね、昔から「人生には笑うことや好奇心が大切だ」とシンプルに考えてきたわけではありません。変わったのは、30代後半。きっかけは結婚です。それまでは目を吊り上げ、眉間に皺を寄せ、緊張でピリピリした状態で生きていました。それこそ針で突いたら、そのままパンと弾けてしまいそうな緊張感で自分を固めて。ガラスで作られた尖った山みたいな人間だったのが、いまはもう真ん丸の石になりましたから。結婚と子供。これによって私は大いに変わりましたね。


柴山政行

利益拡大ばかりに目が行きがちな経営者は、とかく損失から目を背けたがる。本来、どこまで損失が累計したら撤退するのか損失確定のルールを定めておかなくてはならないのだが、ほとんどの経営者はできていない。


松沢幸一

私はちょっとした時間があれば、これといった用事がなくても社内をウロウロしています。そのとき、いろいろな情報を得ることができます。社員の声、つまり現場の第一線の声は、とても有益です。いろいろな人たちの話を聞くために、本社内だけでなく、グループ・関係会社などにも、できるだけ出向くように心がけています。


松沢幸一

第三のビールへの流れは止まりません。それがお客様の意向です。「のどごし<生>」は味のバージョンアップを試みて、さらにお客様の指示を伸ばします。さらに、別の魅力を持った商品も出していきます。


山本寛斎

私はこれまで、一貫して自分が日本人であることを意識し、作風でもかたくなに日本にこだわってきました。


松本晃(経営者)

私がマネジメントを本格的に学び始めたのは、39歳で(伊藤忠商事の)子会社に出向したときのことです。潰れそうな会社の立て直しを任されました。そのために自分でやれることは何でもやりました。45歳までの6年間は非常に勉強になりました。そのとき、実際の仕事で学ぶと同時に、多くのことを本から学びました。


斉藤惇

基本は、規制はない方がいいと考えています。本当に害になるようなことに対しては何らかの規制が必要でしょうが、原則は大きな幅をもって考える。たとえば新幹線が1分も遅れずに来るのは美しいですが、2、3分の幅があってもいいくらいの感覚で臨めば、もう少し他の分野でも幅を持った取り組みができるのではないでしょうか。いまは遊びの部分がまったくありません。ガチガチの規制の中でビクビクしながらやっている。