名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ダレン・ヒューストンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダレン・ヒューストンのプロフィール

ダレン・ヒューストン。カナダ出身の経営者。日本マイクロソフト社長。カナダのブリティッシュコロンビア州出身。カナダ・トレント大学経済学部卒業、ブリティッシュコロンビア大学で経済学修士、ハーバード大学で経営学修士(MBA)を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーおよびスターバックス・コーヒーを経てマイクロソフトに入社。日本マイクロソフト社長を務めたのち、米国本社で上級副社長コンシューマー&オンライン インターナショナルグループ担当に就任。

ダレン・ヒューストンの名言 一覧

私たちのミッションは、世界中のすべての人々やビジネスの可能性を最大限に引き出すための支援をすることです。


重要なのは、オープンな競争の中で、当社製品を採用することによる合理的なメリットを伝えていくことです。


重要なのは、ITによって自身の可能性を広げる人々が増えることです。そして、それは社会に変革をもたらすことにつながると考えています。


成否はパートナーとの協業により、ウィン・ウィンの関係が築けているかどうかで測るべきだと考えています。当社はすでに富士通やシャープ、東芝、NECなど、数多くの日本企業とパートナーシップを結んでいます。当社が触媒になることで、日本企業の成長に貢献することを目指しています。


当社は単に製品を売るだけでなく、日本に根付いた企業になることを目指しています。具体的には「日本における投資の拡大」「政府や教育機関、産業界とのより深く明確なパートナーシップ」「企業、コンシューマー双方における技術革新の促進」という3つの柱を掲げています。


現在、日本でもデジタル・デバイド(情報格差)の拡大している分野があります。PCの世界に革命をもたらした企業のひとつとして、その解消に向けてなんらかの貢献をするのは当社の義務だと考えています。


当社はNPOや教育現場に対してITの活用をうながしたり、高齢者や障害者がITを活用できるように支援する活動を行っています。それによって当社のユーザーが増えるのは確かですが、投資対効果の高い事業では決してありませんし、そもそも目指すところが違います。


社会への貢献には、寄付などのチャリティとして行われるものもありますが、私たちの企業市民活動の中心はそうではありません。当社のミッションは「人々が持つ可能性を最大限に引き出すための支援をすること」です。その目的に向けて当社の経験や強みを生かした活動を行い、社会に貢献していきます。


ダレン・ヒューストンの経歴・略歴

ダレン・ヒューストン。カナダ出身の経営者。日本マイクロソフト社長。カナダのブリティッシュコロンビア州出身。カナダ・トレント大学経済学部卒業、ブリティッシュコロンビア大学で経済学修士、ハーバード大学で経営学修士(MBA)を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーおよびスターバックス・コーヒーを経てマイクロソフトに入社。日本マイクロソフト社長を務めたのち、米国本社で上級副社長コンシューマー&オンライン インターナショナルグループ担当に就任。

他の記事も読んでみる

羽鳥兼市

会社なら、将来有望な企業や事業に何百億円もの投資をします。それくらい「投資」というのは重要なものです。なのに、自分自身はケチって投資しないというのは、おかしいですよね。


吉越浩一郎

自分でデッドライン(締め切り)を決めて、それをきっちり守れば、「仕事をやらされている」感覚がなくなります。自主的に仕事ができるようになり、失敗した仕事についても「会社のせい、上司のせい」などと考えなくなります。失敗を正面から受け止めれば、改善ができます。人として成長するためにも、自らデッドラインを決めることが大切です。


清野智

入社以来、一貫してお客様の命をお預かりしているという意識に変化はありません。夜中の間違い電話にも(何かあったのではないかと心配になり)寿命が縮まる思いです。


隈研吾

建築家として大成するかどうか、それはコミュニケーションの能力のような気がしますね。建築家と言えど造形力やセンスじゃないような気がする。例えばクライアントが何を望んでいるか、使い手が何を望んでいるかということが見えるかどうか。さらに言えば、日々の生活の中からも、今世の中が求めているものは何か、分かるわけです。それをちゃんとキャッチし続ける敏感さ、繊細さが求められます。造形力だけでは、僕は建築家は大成しないと思いますね。


牛島信

人が働くことで、自分なりに世の中へ尽くし、見返りとしていくらかのお金をもらう。そういう社会と対等の関係を保つことが人の生きている誇りとなり、生きがいにもつながります。


安野モヨコ

もちろん、悩んで悩んであれこれ考えたことを切り貼りしたような回もあるけれども、そういう苦しいときにも、何とか調子がいいときと同じぐらいのレベルにまで、何と言うのかな、「自分の気の済むレベル」にまでは持っていくというのが大事かな、と思っていました。


福原義春

日本は経済成長の中で豊かな生活を実現してきました。どんどんお金を儲けて、どんどんいい家に住みたいと。その先に何があるかというと、もう自分は豊かになったのだけれど、なにか気持ちとして豊かではない。もっと豊かなものがあるはずじゃないかというふうに思い始めている人が出てきたというのが私の心の底にあるわけです。


田中仁(経営者)

ヨーロッパで成功している「無印良品」さんの成功理由を考えた時、思うのは、企業のDNAや企業姿勢をきちんと消費者にコミュニケートできているのだと思います。我々のDNAは何で、どんなことをメッセージとして発信していくべきかという「ブランドビジョン」をあらためてブラッシュアップしなければならない時期にきていると思います。米国に進出し成功を収めるには、そこまで準備を整えることが必要です。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)

周りの人が中途半端な仕事しかしないのに、自分が徹底的に仕事をしたことで、大儲けした人は実際少なくない。ビジネスで成功するには強い野心とエネルギーと努力が欠かせない。


ジャック・ドーシー

私は肩書に大した興味はない。むしろ日々の生活の中で今後これがしたい、あれがしたいというものを見つけ、それを具現化することに興味がある。


上昌広

言い古された表現だが、「組織はトップ次第」だ。トップに人望がなければ、部下や共同研究者はついてこない。だからこそ、トップの人事は大切だ。


村上憲郎

間に合わないにしてもとにかく学び始めるのと諦めるのとでは大きな差がつくはずです。