名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ダルビッシュ有の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダルビッシュ有のプロフィール

ダルビッシュ有、だるびっしゅ・ゆう。日本のプロ野球選手(投手)。大阪出身。イラン人の父と日本人の母のもとに生まれる。小学校2年から本格的に野球を開始。東北高等学校野球部で甲子園に出場。甲子園でノーヒットノーランを達成。高校卒業後、ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。その後、メジャーリーグに挑戦。テキサス・レンジャーズで活躍した。

ダルビッシュ有の名言 一覧

完成されたピッチャーなんていないから誰もがそれを目指す。


先のことは考えていません。一戦一戦チームの勝利に貢献するということ以外は考えていないですね。明日にどうつなげるかですね。


ダルビッシュ有の経歴・略歴

ダルビッシュ有、だるびっしゅ・ゆう。日本のプロ野球選手(投手)。大阪出身。イラン人の父と日本人の母のもとに生まれる。小学校2年から本格的に野球を開始。東北高等学校野球部で甲子園に出場。甲子園でノーヒットノーランを達成。高校卒業後、ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。その後、メジャーリーグに挑戦。テキサス・レンジャーズで活躍した。

他の記事も読んでみる

鎌田和樹

人によって面白さのポイントはバラバラだと思いますが、あえていうなら、明日も見たくなるかどうか。好きなユーチューバーの動画は毎日見るというのが最近の視聴スタイルなので。


上田準二

トップダウンとボトムアップの情報の流れがスムーズになるように、全国各地で10人くらいの社員や加盟店のスタッフを集めて「社長塾」を開きました。これ、社長が社員に教える場ではないですよ。社員から社長が教わる場ね(笑)。1日をかけて話し合って、夜には一緒に酒を酌み交わす。150回くらいやったでしょうか。すると、社員や加盟店の人たちの意識は目に見えて変わっていきました。売上・利益もどんどん上がっていった。5年がたった頃には企業の基盤ができました。


永野健二

「市場は長期的にコントロールできない」というのが、40年間、証券記者として市場経済の現場を取材してきた私の信念です。資本主義の歴史はバブル経済とデフレの繰り返しです。厄介なのは、バブル経済が将来のデフレの原因をつくり、デフレ対策が将来のバブル経済を誘発する要因を生み出してしまうことです。


岩田松雄

一隅を照らす気持ちで、自分ができることからやってみる、そんな真摯な姿勢は、きっと誰かが見ています。


大塚周一

大きなシェアを持つ顧客企業を懐に抱き込んでおくことは、我々にとって間違いなく必要な取り組みです。ただし、大口取引先がくしゃみした途端、こちらが風邪を引いてしまったのではまずい。需要変動のリスクを最小限にするために、常に取引先を多様化するよう意識しています。


安部修仁

文化人の方々は、吉野家は無機質この上ないとおっしゃるわけですが、築地で生まれた吉野家には、伝統的にかもし出してきたひとつの文化があると思うんです。券売機を置かないのは、その文化を収益が許す限り大事にしていきたいというメッセージでもあるんです。


小川淳司

大切なのは、全員が優勝という同じ方向を向き、選手が自分の力を発揮できる環境をつくることです。


信田さよ子

夫婦がすれ違うのは、間にある距離が原因だと思われがちですが、実際には逆で、距離のある夫婦が一番長持ちします。つまり、「相手は相手、自分は自分」とお互いに違う人間であることを認め、尊重し合うことが、夫婦関係を長持ちさせる一番の秘訣なのです。


高見沢俊彦

僕らはデビューまでは順調だったけれど、そのあとは挫折の連続でした。自分たちの思い通りにいかない。こうすれば好転するだろうと考えても、アテが外れる結果ばかりで、精神的にはタフになりました。


松岡修造

100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まで来ていても途中で諦めてしまう。


若松秀夫

私は仕事でフランスに10年ほど住んでいたことがあったのですが、そのとき現地のショップで売っているバッグを見ても、どれもちっとも欲しいとは感じなかったんです。重たいし、ゴテゴテしているし、スマートじゃなかった。飾っておくぶんには美しいです。でも実用性という点では決して使いやすくない。機能美に関しては、欧米の方が優れているとは思いません。


大嶋信頼

老いも若きもイライラしている現代社会。原因はいろいろありますが、とくに大きな原因の一つになっているのは、「インターネット」です。ニュースサイトや掲示板、SNSなどを見ると、政治経済からスポーツ、芸能人の不倫に至るまで、様々な問題について「良い・悪い」「正しい・間違っている」と裁いている人を大勢見かけます。まさしく「一億総評論家時代」といえますが、これは人間の心に負担をかけます。そうやって、人を裁くことをしていると、自分の心の中に怒りが溜まっていくからです。