ダランベールの名言

ダランベールのプロフィール

ダランベール(ジャン・ル・ロン・ダランベール)。フランスの哲学者、数学者、物理学者。パリ出身。『百科全書』の責任編集者を務めた。百科全書派の中心人物。

ダランベールの名言 一覧

さあ、進むのだ。君が出逢う困難は、前進すればおのずと解決するだろう。進め。そうすれば夜は開け、君の行く手に光はますます明るく輝くだろう。


ダランベールの経歴・略歴

ダランベール(ジャン・ル・ロン・ダランベール)。フランスの哲学者、数学者、物理学者。パリ出身。『百科全書』の責任編集者を務めた。百科全書派の中心人物。

他の記事も読んでみる

桐山一憲

私自身、学生時代は野球に打ち込んでいたので特別な教育を受けたわけでもなければ、英語もできなかった。しかし、P&Gに入社してからは、すばらしい先輩に恵まれ、常に難易度の高い案件を与えてもらいました。そうした環境に育ててもらった結果、いまがあると思っています。


中村久三

社員一人一人が自分の得意分野を生かして会社に貢献する。みんなが「面白いぞ」「面白いぞ」と思って、仕事に没頭できる環境を与えることが、技術革新につながります。


平井伯昌

やる気を維持し続けるには、明確な目標を持つことに加え、「細かなテクニックを疎かにしない」など、自分の中での努力目標を持つことも大事です。努力目標を持てば、大きな目標を普段から忘れることなく練習に集中できる。


岩田彰一郎

我々はロハコで蓄積されるお客様のビッグデータに目を向け、これを開放することにしました。「ロハコECマーケティングラボ」という取り組みを始めました。当初の参加メーカーは12社だけでしたが、現在は第4期を迎え、127社に参加いただいています。のべ400名を超えるメーカーの研究員が在籍していて、分科会活動や毎月の発表会活動などを行っています。このラボの意義は、お客様のものであり、社会のものでもあるデータを我々だけでなく、メーカーさんにも活用いただくというものです。参加しているメーカーのデータは、ほかの参加メーカーにも開放されます。eコマースならではのマーケティングを、データの分析によって研究しています。


俣野成敏

空腹時こそ最大のパワーが出るタイミングです。肉食動物は空腹時に狩りをし、満腹のときは寝転がっていますね。人間も同じで、空腹状態でこそバリバリ働き、満腹時は休んで消化に集中するのが自然なあり方なのです。


羽鳥兼市

(ガリバー創業時に5年で500店舗を目標にしたことは)正確にいうと、500店舗つくるのが目標ではありませんでした。不透明だった中古車業界の仕組みを変革することが目的でした。全国規模で透明な査定と販売を行うシステムを構築する必要があったのです。全国500店舗というのは、それを実現するための手段にすぎません。


平岡昭良

(経営の)フリーハンドを得たうれしさと怖さを実感している。
【覚え書き|三井物産からの出資比率が下がったことに対しての発言】


本庄八郎

直販の営業体制を作ってきたのも、兄と一緒に培った「誠実を売る」というセールスマンとしての鉄則を守るためです。問屋に頼るメーカーからは、我々の売り方はゲリラ戦に見えるでしょうね。広告をさほど打たずに、全国約200の支店で営業員が商品を足で売り込みヒットさせるのですから。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

単純に、単純に、単純に。諸君の問題を百とか千とかではなく、二つか三つにしておきなさい。百万のかわりに半ダースを数え、あなたの親指のつめに勘定書きをつけておきなさい。


西村昭宏(経営者)

これからは鯖江ブランドに頼って下請けで満足していては駄目。スイスの時計ブランドのように、鯖江のなかに独自の眼鏡ブランドがいくつも生まれていくべき。


高杉晋一

世の中の人はそれぞれ思想も好みも違う。部下の意見を好んで聞く人もあれば、聞くのを嫌がる人もいる。人間というものは自分の個性を殺してまで人に迎合する必要はなかろう。なにごとも私心を挟まない限り、正々堂々と自分の意見を述べるのに遠慮はあるまいと思う。


福西七重

経営者の役割は、仕事と報酬を与えて社員が安心できる場をつくることです。


魚谷雅彦

大事なのはコスト削減ではなく、効率的な運営を体質化すること。そのためにもプロセスを変えていく。人員削減ではなく、今いる人が活性化していくことが大切。


長友佑都

ケガもあって、ぽっかり空いた時間で徹底的に自分を見つめ直した。すると11月くらいに気持ちが切り替わり、もやが一気に晴れるように、前向きに考えられるようになった。「体は最悪だけど、メンタルは充実している」状態で臨んだ11月の試合は、ものすごく走ることができ、非常に力強い、良いプレーをすることができました。やっぱり「メンタルは体を支配する」んだ、と思いましたね。


千玄室(15代目)

息子に代を譲りましたが、私から息子にああしろ、こうしろということは一切言いません。言うべきではないのです。企業でもそうでしょう。自分が努力してつくり上げた会社であっても、息子に跡を譲ったら、信じて任せる。未練たっぷりではいけない。人を育てるためには、たとえ難しくても、そうするべきです。


ページの先頭へ