名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ダライ・ラマ14世の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダライ・ラマ14世のプロフィール

ダライ・ラマ14世。チベット仏教の最高指導者。チベットの国家的支柱。チベットを併合しようとしている中国政府から迫害を受け現在はインドに亡命し、チベット亡命政府を樹立している。世界各国を訪れ、首脳陣たちと交流を続けている。1989年にノーベル平和賞を受賞している

ダライ・ラマ14世の名言 一覧

私たちすべては自由を欲し、個人として己の運命を決定する権利を求めているのだ。これが人間性というものである。


自信を失わず、前を向きなさい。悲しみについて考えすぎてはいけません。悲しいことは、もう終わりです。前を向いて懸命に働きなさい。


覚えておいてもらいたいのは、知恵や心の強さを獲得できる最大の機会は、だいたいが最大の苦境にあるときだということです。


私たちが経験するものごとで、永遠に続く者はまずありません。すべてのことは、変化して朽ちていく運命にあるのだと。どんな悲しみや苦しみも、例外ではないのです。


悲劇や悲運は、必ず私たちの前にやってきます。そのときこそ、叡智と自信を持って、困難に立ち向かわなければなりません。悲劇はより一層の情熱に、力に、決意に転換されなければならないのです。


もし誰かがスーパーに行って「心の平和を売ってください」といったとしたら、その人は笑われるだけでしょう。心の平和というのは、自分自身の努力によって、自分自身でつくり出さなければならなないものなのです。


お金や物では心の中に平和を築くことはできません。お金や物で肉体的なレベルの快適さを得ることはできます。しかし、精神的なレベルでの平和というものは得られません。


大切なのは「心の平和」を築くということです。心と精神を落ち着かせれば、不安や心配も自然とおさまり、もっとずっと幸せな気持ちを楽しむことができます。


たくさんのお金を儲ける、いい家に住む、社会的に高い地位に就く、あるいはよき友を得る。こうしたことは人にある程度の幸福感と満足感を与えてくれるでしょう。しかし、それは外面的な幸せです。精神的な成長を遂げることで得られる内面的な幸福。これが伴わなければ、外面的な幸福は長続きしません。


非常に複雑な現実のありようというものを正しく把握しようと思ったら、ひとつの角度からだけその問題をとらえてはいけません。全体的な視野、様々な角度から問題に光を当てる必要があります。


目を離してみれば、最悪の出来事も無数の側面があり、様々な角度からとらえることができるとわかります。どこから見ても悪い状況というのは、滅多にあるものではありません。


苦しみに対して、それに目を近づけて見ると、視界がふさがれて、やたらとその苦しみは大きく見えるものです。同じ苦しみでも、遠くから眺めるようにすると、自然とまわりのものが見えてきます。たったこれだけのことで、状況は大きく変わるでしょう。


私はいつも、70億人の人類みんなを兄弟姉妹だと思っています。私は行った先々で出会う人たちを「彼らは私たち人類の兄弟だ」と思うのです。私は、簡単に人に対して親密な感情を抱けます。いとも容易に、何の問題もなく。そう、みんな同じ人類だからです。ところが、「この人たちとは文化も違う、言語も違う、信仰も違う」と考えてしまうと、壁をつくってしまいます。すると、頻繁に孤独を感じるようになります。


我と我が身のことばかり思い悩んでいると、苦しみは一層大きくなります。反対に、自分の苦しみを他人の苦しみと関連付けて考えられるようになれば、大抵のことは耐えられない苦しみだとは思われなくなるものです。


私たち人間には叡智というものがあります。叡智のひとつに「ものごとを広く見る」ということがあります。悲劇や不遇に見舞われたとき、他の同じような出来事や過去のもっとひどかった状況を思い出すことが、とても役に立つのです。自分にそうした経験がなければ、他人の経験でも構いません。むしろ、その方がいいでしょう。なぜなら、関心を自分のことだけに集中させるのではなく、他人に向けられれば解放されたように感じられるからです。


起こってしまったことは、どうしようもありません。いつまでも、悲しみに暮れていてはいけないのです。辛いかもしれません。苦しいかもしれません。しかし、前を向いて歩いていくしかありません。


人に幸せになってもらいたいと思うなら、思いやりを学びなさい。自分が幸せになりたいと思うなら、思いやりを学びなさい。


これが私のわかりやすい宗教です。寺など必要でありません。難しい哲学も必要ではありません。私たち自身の頭と心が私たちの寺なのです。そしてその哲学とは優しさです。


ダライ・ラマ14世の経歴・略歴

ダライ・ラマ14世。チベット仏教の最高指導者。チベットの国家的支柱。チベットを併合しようとしている中国政府から迫害を受け現在はインドに亡命し、チベット亡命政府を樹立している。世界各国を訪れ、首脳陣たちと交流を続けている。1989年にノーベル平和賞を受賞している

他の記事も読んでみる

午堂登紀雄

人間は思考力の有無で二通りに分かれます。自分の頭で考える人は消費を仕掛ける。自分の頭で考えない人は、財布を開かされる側で終わる。


石田智子

私はもともとスタートが得意ですが、それは脚が短く、脚の外側の筋力が強いので低い姿勢で前に飛び出せる、という身体的な資質によるもの。でも、資質だけでは限界がある。その先は技術が重要になってきます。スターティングブロック(足を置く台)をうまく使って、いかに重心を低く抑え、前方に力を出せるか、という技術です。技術がないと、力が上にいき、体が立ち上がってから走るので、遅れてしまうんです。


川越達也

ちょうど40代に入った現在は、いろいろなところで自分を変えなければならない時期だと思っています。40代というのは、まだまだチャレンジャーの年代だという意識が自分としてはあります。


前川正雄

対話において、日本人は「私」を捨てて相手の話を聞き込み、一体化することができます。これは多神教の強みでしょう。みんなの話が混ざり合った先に、「跳ぶ」ような感覚を体験する。あれは一体、誰が跳ばしているのか。誰がやっているわけでもない。そういう、共同体における神秘的な体験の中に、日本人は「神」を見ている。


島田裕次(工学博士)

セキュリティ対策では「入り口」「出口」「内部」それぞれの対策を構築しておくことも大切です。かつてセキュリティ対策というと入り口部分が重視されましたが、いまやそれだけでは不十分。具体的な方法は専門会社などと検討することになるでしょうが、出口や内部の対策も欠かせないことは知っておくべきです。


大塚寿

40代以降のビジネスマンに人生を振り返ってもらうと、多くの人が「マジメだけではうまくいかなかった」と答えています。マジメさだけでは人生は好転しない。必要なのは、人生を変えるための一歩を踏み出すことなんです。


梶村尚史

朝、目から光が入ると、その信号が網膜を通じて脳内の視床下部にある視交叉上核に届きます。すると体内時計がリセットされます。そこから「約16時間後に眠くなる」というタイマーが動き出します。16時間後に寝て、また翌朝同じ時間に光を浴びる。この繰り返しでリズムを保てます。


鍵山秀三郎

世の中には、大切なことでも見捨てられ、見過ごされ、見逃されていることがたくさんあります。なぜか。ひと言でいえば、よいことだとは思っても、「なんだそんなことか」という見解で片づけてしまっているからなのです。けれども一見些細な「なんだそんなことか」というようなことに対しても、おろそかにしないで真剣に取り組んでみる。そうすれば、必ず成功するかどうかは分かりませんが、成功の元になると思うのです。


永守重信

企業というものは、一体いつから弱くなるのだろうか。それは、成長の過程で社員が創業の精神や理念を忘れて官僚化が始まるときからだろう。


イセオサム

経験上、メモは見返さない。すぐ発信し、有効活用を心がけています。


大倉忠司

均一価格の利点は、お客様を感動させる仕掛けを施せることです。均一価格のコツは、一言でいえば原価率にメリハリをきかせることです。妥当な内容の商品ばかりが並んでも、お客様は喜んでくれない。しっかりと利益を確保する商品も用意する一方で、思い切って原価を高めて「これが280円か!?」とみんなが感動してくれるメニューを作る。均一価格だからこそ、中身の違いをお客様が敏感に感じ取ってくれる。ノウハウってそこなんですよね。


成田裕

東南アジアではヤクルトレディーは主婦を中心に採用しています。まずは社員が家庭を一軒一軒訪問し、商品の紹介をしながらヤクルトレディのリクルートを行います。家の中を観察し、管理が行き届いていれば、仕事を任せられるというある程度の目安になります。これはという人がいれば、仕事の内容や、社会的意義も含めて説明します。多くの地域では、女性が働くことが一般的ではありません。本人だけでなく家族の同意が大変重要です。