名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ダライ・ラマ14世の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダライ・ラマ14世のプロフィール

ダライ・ラマ14世。チベット仏教の最高指導者。チベットの国家的支柱。チベットを併合しようとしている中国政府から迫害を受け現在はインドに亡命し、チベット亡命政府を樹立している。世界各国を訪れ、首脳陣たちと交流を続けている。1989年にノーベル平和賞を受賞している

ダライ・ラマ14世の名言 一覧

私たちすべては自由を欲し、個人として己の運命を決定する権利を求めているのだ。これが人間性というものである。


自信を失わず、前を向きなさい。悲しみについて考えすぎてはいけません。悲しいことは、もう終わりです。前を向いて懸命に働きなさい。


覚えておいてもらいたいのは、知恵や心の強さを獲得できる最大の機会は、だいたいが最大の苦境にあるときだということです。


私たちが経験するものごとで、永遠に続く者はまずありません。すべてのことは、変化して朽ちていく運命にあるのだと。どんな悲しみや苦しみも、例外ではないのです。


悲劇や悲運は、必ず私たちの前にやってきます。そのときこそ、叡智と自信を持って、困難に立ち向かわなければなりません。悲劇はより一層の情熱に、力に、決意に転換されなければならないのです。


もし誰かがスーパーに行って「心の平和を売ってください」といったとしたら、その人は笑われるだけでしょう。心の平和というのは、自分自身の努力によって、自分自身でつくり出さなければならなないものなのです。


お金や物では心の中に平和を築くことはできません。お金や物で肉体的なレベルの快適さを得ることはできます。しかし、精神的なレベルでの平和というものは得られません。


大切なのは「心の平和」を築くということです。心と精神を落ち着かせれば、不安や心配も自然とおさまり、もっとずっと幸せな気持ちを楽しむことができます。


たくさんのお金を儲ける、いい家に住む、社会的に高い地位に就く、あるいはよき友を得る。こうしたことは人にある程度の幸福感と満足感を与えてくれるでしょう。しかし、それは外面的な幸せです。精神的な成長を遂げることで得られる内面的な幸福。これが伴わなければ、外面的な幸福は長続きしません。


非常に複雑な現実のありようというものを正しく把握しようと思ったら、ひとつの角度からだけその問題をとらえてはいけません。全体的な視野、様々な角度から問題に光を当てる必要があります。


目を離してみれば、最悪の出来事も無数の側面があり、様々な角度からとらえることができるとわかります。どこから見ても悪い状況というのは、滅多にあるものではありません。


苦しみに対して、それに目を近づけて見ると、視界がふさがれて、やたらとその苦しみは大きく見えるものです。同じ苦しみでも、遠くから眺めるようにすると、自然とまわりのものが見えてきます。たったこれだけのことで、状況は大きく変わるでしょう。


私はいつも、70億人の人類みんなを兄弟姉妹だと思っています。私は行った先々で出会う人たちを「彼らは私たち人類の兄弟だ」と思うのです。私は、簡単に人に対して親密な感情を抱けます。いとも容易に、何の問題もなく。そう、みんな同じ人類だからです。ところが、「この人たちとは文化も違う、言語も違う、信仰も違う」と考えてしまうと、壁をつくってしまいます。すると、頻繁に孤独を感じるようになります。


我と我が身のことばかり思い悩んでいると、苦しみは一層大きくなります。反対に、自分の苦しみを他人の苦しみと関連付けて考えられるようになれば、大抵のことは耐えられない苦しみだとは思われなくなるものです。


私たち人間には叡智というものがあります。叡智のひとつに「ものごとを広く見る」ということがあります。悲劇や不遇に見舞われたとき、他の同じような出来事や過去のもっとひどかった状況を思い出すことが、とても役に立つのです。自分にそうした経験がなければ、他人の経験でも構いません。むしろ、その方がいいでしょう。なぜなら、関心を自分のことだけに集中させるのではなく、他人に向けられれば解放されたように感じられるからです。


起こってしまったことは、どうしようもありません。いつまでも、悲しみに暮れていてはいけないのです。辛いかもしれません。苦しいかもしれません。しかし、前を向いて歩いていくしかありません。


人に幸せになってもらいたいと思うなら、思いやりを学びなさい。自分が幸せになりたいと思うなら、思いやりを学びなさい。


これが私のわかりやすい宗教です。寺など必要でありません。難しい哲学も必要ではありません。私たち自身の頭と心が私たちの寺なのです。そしてその哲学とは優しさです。


ダライ・ラマ14世の経歴・略歴

ダライ・ラマ14世。チベット仏教の最高指導者。チベットの国家的支柱。チベットを併合しようとしている中国政府から迫害を受け現在はインドに亡命し、チベット亡命政府を樹立している。世界各国を訪れ、首脳陣たちと交流を続けている。1989年にノーベル平和賞を受賞している

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

危機でも決してひるまず、通常とは逆のことをした。そうしたら社員がよく動いてくれた。その結果、私は社長を辞める決心がついた。もう若手に任せても大丈夫だと。


吉村崇

30歳過ぎて、ちょっとは忙しい感じになりましたけど、忙しいなんていってるうちはダメですね、この世界では。上の人たちは、自分の番組を中心に、スケジュール調整もドーンとしてるじゃないですか。間違っても「いやぁ、忙しくて」なんて、いいませんよ。やりたい仕事を自分のペースでやっているんですから。それも楽しみながら。「ああ、忙しい」なんていっているうちは下っ端なんですよ。


鳥羽博道

相手がデザインのプロだからといって、何もすべてデザイナーの意見を受け入れる必要はない。こちらが店舗デザインに確固たるポリシー、こだわりを持っていれば、お互いのプロ意識が衝突しあって、さらに精度の高い結果を導き出すことができる。逆に言えば、こちらがこだわりを持っていなければ、常に相手の意見を鵜呑みにすることになり、中途半端な仕事でも妥協せざるを得なくなってしまう。


坪田信貴

僕は学生時代を「個人主義の国」と言われるアメリカで過ごしましたが、あの国で学んだのはむしろ、「経済合理性を追求すると個人主義では駄目」ということでした。自分の成功のみを考える個人も企業も、意外に早く限界を迎えるのです。ライバルを蹴落とすような人や組織は、信用されないからです。


小林喜光

一番重要なのは、時代の風を感じ、捨てるものは捨て、果敢に新しいものに乗り換えていく。そういうサーフィンのセンスだと思います。


米濱和英(米浜和英)

野菜の国産化を役員に提案したとき、出てきたのは懸念ばかりでした。野菜を国産に変えることに伴って増加するコストを試算すると、約10億円。当時の業績からすると、かなりの負担です。しかし、10億円分のコストを別に削減すればよいと、最後は独断で決めました。


西内啓

統計分析は単なる現状把握ではなく、「次にどのような行動を取ればいいのか」というアイデアにつながるかが重要なのです。


池上彰

結局、自分なりの働き方改革をしなきゃいけない。会社やまして政府に言われてやるようなものじゃない。自分自身が何をやりたいか。どう生きたいか。そのためにはどう働くべきか。自分なりのストーリーを描くことだと思います。


榊原健太郎

今流行っているサービスの応用版だったり、将来の世の中にとって本質的に必要でないベンチャーは生き残ることはできません。


長島徹

グローバル企業である帝人は、海外のグループ企業と国内のグループ企業がほぼ半数ずつになっています。私は世界中から社長を集めてグローバル・トップ・ミーティングを開催しました。欧米人の社長も中国人の社長もおりますが、彼らからいろいろな質疑が出てきます。質疑に応えながら、何度も摺り合わせをしていくと、だんだん理解が深まっていくのです。その結果、それぞれの社長が何をやるべきかという行動目標が具体化していきました。


岡野喜太郎

銀行は営利法人であるから、ある程度の利益を得なければならないが、非常の場合はとにかく、常に借金をしないで営業することに心がけている。私はいまでも、非常の場合のことを考えずには店舗建築ひとつ、金庫の扉の開閉の仕方、そのほか、営業の雑事に至るまで考えることができなくなってしまっている。


福沢諭吉

人間の力量というものは、ただ読書からのみ得られるものではありません。読書は、学問をするための手段です。学問は、実際に事を行うための手段です。実地に体験して習熟するのでなければ、決して優れた力量は生まれません。