名言DB

9429 人 / 110879 名言

ダライ・ラマ14世の名言

twitter Facebook はてブ

ダライ・ラマ14世のプロフィール

ダライ・ラマ14世。チベット仏教の最高指導者。チベットの国家的支柱。チベットを併合しようとしている中国政府から迫害を受け現在はインドに亡命し、チベット亡命政府を樹立している。世界各国を訪れ、首脳陣たちと交流を続けている。1989年にノーベル平和賞を受賞している

ダライ・ラマ14世の名言 一覧

私たちすべては自由を欲し、個人として己の運命を決定する権利を求めているのだ。これが人間性というものである。


自信を失わず、前を向きなさい。悲しみについて考えすぎてはいけません。悲しいことは、もう終わりです。前を向いて懸命に働きなさい。


覚えておいてもらいたいのは、知恵や心の強さを獲得できる最大の機会は、だいたいが最大の苦境にあるときだということです。


私たちが経験するものごとで、永遠に続く者はまずありません。すべてのことは、変化して朽ちていく運命にあるのだと。どんな悲しみや苦しみも、例外ではないのです。


悲劇や悲運は、必ず私たちの前にやってきます。そのときこそ、叡智と自信を持って、困難に立ち向かわなければなりません。悲劇はより一層の情熱に、力に、決意に転換されなければならないのです。


もし誰かがスーパーに行って「心の平和を売ってください」といったとしたら、その人は笑われるだけでしょう。心の平和というのは、自分自身の努力によって、自分自身でつくり出さなければならなないものなのです。


お金や物では心の中に平和を築くことはできません。お金や物で肉体的なレベルの快適さを得ることはできます。しかし、精神的なレベルでの平和というものは得られません。


大切なのは「心の平和」を築くということです。心と精神を落ち着かせれば、不安や心配も自然とおさまり、もっとずっと幸せな気持ちを楽しむことができます。


たくさんのお金を儲ける、いい家に住む、社会的に高い地位に就く、あるいはよき友を得る。こうしたことは人にある程度の幸福感と満足感を与えてくれるでしょう。しかし、それは外面的な幸せです。精神的な成長を遂げることで得られる内面的な幸福。これが伴わなければ、外面的な幸福は長続きしません。


非常に複雑な現実のありようというものを正しく把握しようと思ったら、ひとつの角度からだけその問題をとらえてはいけません。全体的な視野、様々な角度から問題に光を当てる必要があります。


目を離してみれば、最悪の出来事も無数の側面があり、様々な角度からとらえることができるとわかります。どこから見ても悪い状況というのは、滅多にあるものではありません。


苦しみに対して、それに目を近づけて見ると、視界がふさがれて、やたらとその苦しみは大きく見えるものです。同じ苦しみでも、遠くから眺めるようにすると、自然とまわりのものが見えてきます。たったこれだけのことで、状況は大きく変わるでしょう。


私はいつも、70億人の人類みんなを兄弟姉妹だと思っています。私は行った先々で出会う人たちを「彼らは私たち人類の兄弟だ」と思うのです。私は、簡単に人に対して親密な感情を抱けます。いとも容易に、何の問題もなく。そう、みんな同じ人類だからです。ところが、「この人たちとは文化も違う、言語も違う、信仰も違う」と考えてしまうと、壁をつくってしまいます。すると、頻繁に孤独を感じるようになります。


我と我が身のことばかり思い悩んでいると、苦しみは一層大きくなります。反対に、自分の苦しみを他人の苦しみと関連付けて考えられるようになれば、大抵のことは耐えられない苦しみだとは思われなくなるものです。


私たち人間には叡智というものがあります。叡智のひとつに「ものごとを広く見る」ということがあります。悲劇や不遇に見舞われたとき、他の同じような出来事や過去のもっとひどかった状況を思い出すことが、とても役に立つのです。自分にそうした経験がなければ、他人の経験でも構いません。むしろ、その方がいいでしょう。なぜなら、関心を自分のことだけに集中させるのではなく、他人に向けられれば解放されたように感じられるからです。


起こってしまったことは、どうしようもありません。いつまでも、悲しみに暮れていてはいけないのです。辛いかもしれません。苦しいかもしれません。しかし、前を向いて歩いていくしかありません。


人に幸せになってもらいたいと思うなら、思いやりを学びなさい。自分が幸せになりたいと思うなら、思いやりを学びなさい。


これが私のわかりやすい宗教です。寺など必要でありません。難しい哲学も必要ではありません。私たち自身の頭と心が私たちの寺なのです。そしてその哲学とは優しさです。


ダライ・ラマ14世の経歴・略歴

ダライ・ラマ14世。チベット仏教の最高指導者。チベットの国家的支柱。チベットを併合しようとしている中国政府から迫害を受け現在はインドに亡命し、チベット亡命政府を樹立している。世界各国を訪れ、首脳陣たちと交流を続けている。1989年にノーベル平和賞を受賞している

他の記事も読んでみる

大橋悦夫

興味のあるテーマの原稿なら一気に書き上げることもできますが、ときには苦手なテーマの原稿も頼まれます。そういう仕事ほど細かく分割して、「もう4分の1終わった」「もう半分終わった、俺ってすごい!」と、達成感を何度も味わいながら少しずつ進めていくのが、やる気を起こす秘訣です。


遠藤功

今の20代、30代を海外に送り込んで、そこでとにかく苦労させるというのが最大の人材育成。海外には修羅場の経験をさせるだけのチャンスがあるからです。


藤田晋

ありきたりな感じを受けるかもしれませんが、やはり素晴らしいものは素晴らしい。誰もが認めるだけの理由があります。


梶川貴子

ものには適正納期や適正価格があります。私たちが手掛けているスパのビジネスは、人間が人間らしくあるために使ってもらうサービスです。うちが無理を言って納期を早めてもらったため、取引先が週末も休めないで働くことになったとしたら本末転倒です。お互いのビジネスが成り立つスケジュールや予算をきちんと組んで、無理なことは要求しないというのが基本です。


芳川裕誠

コンピューター産業でグローバルスタンダードと言われる技術のほとんどは米国で生まれている。最初からグローバルなマーケットを攻めようと考えた時、米国での起業は自然な結論でした。中でもシリコンバレーを選んだのは、ビジネスの「エコシステム(生態系)」がしっかりしているからです。


松川孝一

私の仕事の中で最も時間がかかり、リスクになりえるのは、予定している事業やプロジェクトに合わせて人材を調達育成することですが、適任者を見つけるのに半年から一年を見込んで行動します。もっとも、すぐに適任者が見つかった場合、プロジェクトスタートまでにタイムラグが生じるという危険性もあります。しかし、採用した人物が優秀ならばその間も仕事が回ってきますし、回ってこなければこちらからその人のためにプランを用意しておけばいいのです。


新川義弘

私はスタッフになるべく頭ごなしに注意せず、自分で考えさせるようにしています。「あなたがお客様で、自分と敬語で話していたウェイターが、裏で上品とはいえない言葉で盛り上がっているのを聞いたらどう思う?」と聞くわけです。


荒木香織

私は今、大学で教えています。学生がとんでもないレポートを提出してくることがあります。そんなとき、自分が何を求めているかを伝え切れていなかったことを反省して、伝え直します。そのように、できない部下に苛立つのではなく、そう育ててしまった自分の指導力やリーダーシップを見直すべきです。


堀江貴文

東大に合格したという実績は、ベンチャーを起業するうえでも大いに役に立ちました。僕は在学中に起業しましたが、東大生であるというだけで、少なくともいかがわしい人間ではないと認識してもらうことはできました。これは得でした。もしも、僕が名もない大学の卒業生だったら、起業するのは難しかったでしょう。もっと言ってしまえば、人間の能力は平準化すれば、学力とほぼ比例します。つまり、学歴が低い人がベンチャーを起業しても、失敗するケースが多いと思います。


出口汪

記憶を定着させる5つのステップ

  1. 知識の全体像をつかんで、その核となることをしっかりと理解する。
  2. 核の周辺の知識も理解できるようになる。完全に覚えようとせず、「自力では思い出せないけれども、目にすると『あ、知っている!』とわかる」くらいのレベルを目標とする。
  3. 反復学習をすることで、「自力で思い出せる」レベルに持っていく。
  4. ときどき覚えているかどうかをチェックし、「前に覚えたことがあるぞ」のレベルに落ちていれば、再び反復学習をして、「自力で思い出せる」レベルに戻す。
  5. 知識は使わなければ意味がない。日々の仕事の中で覚えたことを活用し、記憶を血肉化していく。