名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ダニエル・L・ドクトロフの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダニエル・L・ドクトロフのプロフィール

ダニエル・L・ドクトロフ。米国の経営者。金融情報サービス大手ブルームバーグのCEO(最高経営責任者)。大手投資会社で企業買収などの業務を経験したのち、ニューヨーク市副市長として同市最大の経済復興策を指揮し経済開発・再建を担当。その後、社長として米国ブルームバーグに入社。

ダニエル・L・ドクトロフの名言 一覧

料金の引き下げをしないのが当社の姿勢です。その方針は会社設立時から変わっていません。値引きする代わりに、プロダクトやサービスの付加価値を高めることに注力しています。


これまで、世界各国でプロダクト(商品)に対する大規模な投資を続けてきたことも、市場シェア拡大につながりました。一例をあげると、全世界で約100人のリサーチ・アナリストを採用し、分析に必要な情報やデータを集約したダッシュボードのような新規プロダクトを北米で投入しました。これにより、これまでは十分に訴求しきれていなかった、投資銀行やプライベートエクイティなどの新しいタイプの顧客を獲得することができました。


この数年間、金融に対する規制強化の流れが強まっているのは事実です。それによって、関連業界の収益や当社のビジネスは影響を受けるでしょう。一方で、規制や監督が強化されれば、それに付随する情報へのニーズが新たに生み出されるはずです。そうした情報を提供できるように努力しています。


ダニエル・L・ドクトロフの経歴・略歴

ダニエル・L・ドクトロフ。米国の経営者。金融情報サービス大手ブルームバーグのCEO(最高経営責任者)。大手投資会社で企業買収などの業務を経験したのち、ニューヨーク市副市長として同市最大の経済復興策を指揮し経済開発・再建を担当。その後、社長として米国ブルームバーグに入社。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

覚えておいてほしい。富は、消えてなくなるものではないことを。ただ、誰かから別の誰かの手に渡っていくにすぎない。誰かにとっての「経済的危機」が、別の人にとっては「思いがけない大儲け」になることだって大いにありうる。


澤田秀雄

若い人にどんどん仕事を任せることは、次世代の育成には重要ですが、任せることは放任とは違うんです。適性のない人に任せれば、任せられた人は当然失敗します。まずはその人の素質の有無を、しっかり見極めなければなりません。


ショーンK

スケジューリングに関してですが、たとえば2時間の講演会の直後に、頭を使う別の仕事を入れても、疲れていてなかなか考えがまとまりません。そんなときには「リカバリー」の時間を入れることも重要です。そして、実はこうした空いた時間ほど、いいアイデアが浮かんできたりもするのです。


ロバート・キヨサキ

起業家は、ブランドを築くために、まず自らがブランドにならなければならない。彼らのずば抜けてユニークな性格は、そのビジネスや製品、ブランドメッセージによく反映されている。


山内奏人

中学1年生のときに「It is IT」という団体をつくって、小学生や幼稚園児にプログラミングを教える活動をしていました。保健室登校だった僕が教室に行けるようになったのは、プログラミングやインターネットに出合ってITの魅力を知ったから。それこそがITなんだという意味を込めて、そういう名前にしました。具体的には、スクラッチというプログラミングキットを使って子供向けのワークショップをやって、ゲームのつくり方を教えていました。やめるまでに、トータルで600人くらい教えましたね。僕の同級生も巻き込んで。(教える側は)10人くらいいたかな。


豊田圭一

経験値を積み重ねることで体感したのは、「やったら必ず何らかの成果につながる」ということ。だから多くの経験を得るためにも、「すぐやる」ことが大切。


奥村綱雄

私は右から左へとすぐに間に合う重宝な男ではなかったと思うが、不思議なことに、いざというときに一種の動物的な総合カンが働くようである。そのおかげで、今日までどうやら大道を見誤らずにやってこられたと思っている。


田中和彦

紆余曲折はあったが、振り返れば一本道だった。


藤田紘一郎

私も昔は清潔好きでした。それが大きく変わったのは、熱帯病の研究のためインドネシアのカリマンタンへ行ったとき。あまりの衛生状態の悪さに「もう二度と来たくない」と思っていました。でも、不衛生な川で遊んでいる子供たちの肌はきれいだし風邪もひかない。それはなぜかという疑問が、寄生虫や腸内細菌の研究を始めるきっかけになりました。それに加えて、人格まで変わってしまいました。それまで私は上司の顔色をうかがうタイプだったのですが、どうでもよく思えてきた。以後、学会で詰め寄られたり大学を追い出されたりといろいろありましたが、この生き方を変えることはありませんでした。


石井昌彦

スタートとゴールの間におぼろげに見える線の間に点を打っていく。とりあえず1回、その点に向けて動いてみる。それを繰り返し、成功と失敗を整理しながら点と点をつないでいくことで、最終的なゴールへの線が引かれていく。


佐々木常夫

私が長い会社人生で学んだ教訓のひとつは、「ケンカをしてはいけない」ということです。誰かに不満を持ったとき、それを相手にぶつければ、確かに溜飲は下がるでしょう。しかし、後味が悪いし、間違いなくその人とは険悪な仲になる。ますます自分の悪口をあちこちで言いふらされたりしたら、社内での評判がさらに下がり、仕事がやりにくくなるでしょう。社内の人間と仲違いをしても、良いことなどひとつもありません。


飯田亮

何かを捨てる時には、必ず新しいものが必要になります。