ダニエル・L・ドクトロフの名言

ダニエル・L・ドクトロフのプロフィール

ダニエル・L・ドクトロフ。米国の経営者。金融情報サービス大手ブルームバーグのCEO(最高経営責任者)。大手投資会社で企業買収などの業務を経験したのち、ニューヨーク市副市長として同市最大の経済復興策を指揮し経済開発・再建を担当。その後、社長として米国ブルームバーグに入社。

ダニエル・L・ドクトロフの名言 一覧

料金の引き下げをしないのが当社の姿勢です。その方針は会社設立時から変わっていません。値引きする代わりに、プロダクトやサービスの付加価値を高めることに注力しています。


これまで、世界各国でプロダクト(商品)に対する大規模な投資を続けてきたことも、市場シェア拡大につながりました。一例をあげると、全世界で約100人のリサーチ・アナリストを採用し、分析に必要な情報やデータを集約したダッシュボードのような新規プロダクトを北米で投入しました。これにより、これまでは十分に訴求しきれていなかった、投資銀行やプライベートエクイティなどの新しいタイプの顧客を獲得することができました。


この数年間、金融に対する規制強化の流れが強まっているのは事実です。それによって、関連業界の収益や当社のビジネスは影響を受けるでしょう。一方で、規制や監督が強化されれば、それに付随する情報へのニーズが新たに生み出されるはずです。そうした情報を提供できるように努力しています。


ダニエル・L・ドクトロフの経歴・略歴

ダニエル・L・ドクトロフ。米国の経営者。金融情報サービス大手ブルームバーグのCEO(最高経営責任者)。大手投資会社で企業買収などの業務を経験したのち、ニューヨーク市副市長として同市最大の経済復興策を指揮し経済開発・再建を担当。その後、社長として米国ブルームバーグに入社。

他の記事も読んでみる

伊勢谷友介

「人は何で生きているのか」というところは、教えられることだと思うんです。答えに対し納得するにはすごく時間がかかると思います。でも、そのことを教えられないまま成長した大人自身が、今こそ考える時期なんじゃないかと思っているんですよ。


川崎秀一

ビジネスモデルは時代とともに変わっていきます。一方でモノづくりの原点、技術、心――そういったものは継続・継承していかなければなりません。ここのバランスは常に考えています。企業の永遠の課題なのだと思います。


奥山清行

ある職種のプロであるほど忘れがちになるのは、プロであるほど業界の常識に縛られているということです。つまり、プロの発想は前例の集積になりやすい。しかし、それではまず発案者本人が興奮できません。発案者が興奮できないものに、他人が興奮するわけがないですよね。だから「自分以上」になる道具が必要ですが、僕にとってはそれが「手描きの絵」なんですよ。機械を使って描く図面は非常に正確ですが、発想のはじめから機械で描くと、僕の場合は細かいところの不備が気になって前に進めなくなります。でも、手のスケッチなら、細かいところはコチョコチョと曖昧にしておき、アイデアの核心については力強く描ける。初期衝動の印象をかなりそのまま形にできる道具なんです。しかも、手はなかなか思い通りにはなりません。それで偶然に引いた描線が、自分の意図を越えていいものになる可能性もある。そういう意味で僕にとっての手描きの絵は、本人も興奮できる企画を作るための道具になるんですね。


茂木健一郎

日本はいま、社会的にも経済的にも厳しい状況にあります。従来経済をけん引してきたはずの製造業も、いまは苦しい立場に陥っています。この局面を乗り越えるには、創造性のスキルを身につけることが何より大切になってきているのです。


小松真実

日本の各地域には魅力的なものがたくさんあります。まずは何らかの形で地方に関わりを持って、その魅力を発見して欲しい。そこから何かがきっと変わるし、必ず地方創生にもつながっていく。


中川晶

親は子供のためを思って「あれをしなさい」「これはしちゃダメ」「あなたのためだから」と指導します。親の意見が違うと感じることが出てきても、子供としては「従いたくない自分は親不孝なのではないか」と悩み、従ってしまうのです。これを繰り返し、子供は「親にとって都合のいい子」となり、不満とストレスが蓄積されます。それが元で精神的な病気にかかってしまうこともあれば、ある日突然爆発して、修復不可能な関係になってしまうケースもあります。それを防ぐために、家族であっても「ちょっと遠め」の距離感でいましょう。親としては、子供が悩みを相談したいと言ったら聞いてあげ、何かを教えて欲しいと言ったらアドバイスをする。そうでない限りは見守る、というくらいでちょうどいい。


ヴィットーリオ・アルフィエーリ

人間誰しも過ちを犯すものだが、犯罪に対して感じられる悔恨は、悪人と有徳者を区別する。


永野健

問題がないからと安心するのではなく、その日その日に新しくものを考えながら積極的に対応してほしい。


吉川浩伸

現場に立てば色々な変化にも気付くことができるので、問題を速やかに見つけ出し、改善することができます。だから私は、今でも現場に出ているんです。


渡文明

英語を話すことができるだけでは、国際社会では通用しません。大事なのは、語学力に加えて、中身、すなわち知識と精神力です。


鈴木直道

東京へ職員が行って観光PRをしても全然マスコミに取り上げてもらえなかった。自力で稼いでPRする発想がなかった。それだったら宣伝で飯食っている人と連携したほうが当然いい結果が生まれる。


小池利和

企業も成長しなければ存在意義がありません。余裕がある時こそ、気を緩めず次の一手を打つことが大切です。


松井忠三

低成長時代は仕事を仕組み化しなければ勝てません。個人の経験に頼らず、会社が優れた仕組みを持つことが、その会社の成長を保障する資産となるのです。


中込賢次

リストラをして士気を落とすくらいなら、前向きな効率化をしたほうがいい。


片田哲也

トップの顔が見えないから銀行は悪者にされ続ける。これでは、日本の再活性化へのスタートを切ることはできません。自らの責任による部分、構造的・歴史的な原因、政策の誤り、こうした点をひとつひとつ国民に説明し、理解を求めるべきなのです。説明責任を果たさないから、本当の危機感も醸成されず、いつまでもツギハギの先送り策が取られ、危機の原因が取り除かれない。


ページの先頭へ