名言DB

9490 人 / 112001 名言

ダニエル・ブーアスティンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダニエル・ブーアスティンのプロフィール

ダニエル・ジョセフ・ブーアスティン。アメリカの文明史家。ジョージア州出身。ハーバード大学、オックスフォード大学卒業。イェール大学で博士号を取得。シカゴ大学教授を25年にわたり務めた。そのほか、スミソニアン博物館国立アメリカ歴史博物館館長、アメリカ連邦議会図書館長などを務めた。著書に『創造者 想像力のヒーローたちの歴史』など。ピューリッツァー賞受賞者。

ダニエル・ブーアスティンの名言 一覧

ダンテと違って、彼は女性に情熱を持たなかった。ジョットやダンテ、ブルネレスキと違って、彼は市民としての忠誠心を持たなかった。教会やキリスト教に対する信仰心もなかった。ボッカッチョやチョーサーのような色事への関心も、ラブレーのような大胆さも、ダンテのような敬虔さも、ミケランジェロのような信仰への情熱も持ち合わせていなかった。彼は持っている情熱をすべて「知る欲求」へと変えた。


ダニエル・ブーアスティンの経歴・略歴

ダニエル・ジョセフ・ブーアスティン。アメリカの文明史家。ジョージア州出身。ハーバード大学、オックスフォード大学卒業。イェール大学で博士号を取得。シカゴ大学教授を25年にわたり務めた。そのほか、スミソニアン博物館国立アメリカ歴史博物館館長、アメリカ連邦議会図書館長などを務めた。著書に『創造者 想像力のヒーローたちの歴史』など。ピューリッツァー賞受賞者。

他の記事も読んでみる

木川眞

宅急便がそうであったように、個々のお客様や社会にとってなくてはならない事実上の標準となったときに、真の意味で勝負に勝ったといえるでしょう。


澤田秀雄

黒字化の基本はコスト削減と売上高の向上、つまりいかにお客を増やすかです。カギとなるのはイベントです。競合の東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンにないオンリーワン、ナンバーワンのイベントをどんどん仕掛ける。そうしないとわざわざ佐世保まで来てもらえない。集客にかなり苦労はしましたが、新規事業を生みだす意味でもハウステンボスを手に入れてよかった。広大な私有地ですから、電気動車やドローンなど自由に試すことができます。スタッフは園内をセグウェイで走っています。


梅野重俊

正直にこれは無理だと思うものもありますが、それでもノーとは言いません。失敗しますが、それで店長は成長します。この過程がないと前には進みませんから。
【覚書き|各店舗で店長たちにオリジナルメニューを考案させていることについて語った言葉】


大坪清

当社も「働き方改革宣言」を行った。いまだに存在する働き方に対する固定観念を、根っこのところから変えていこうというのが働き方改革宣言の目的である。


水尾順一

コンプライアンスは「法令遵守」と訳され、法令に違反する行為を行なわないことばかりに目が向きがちですが、この言葉の元々の意味は、「相手の期待に応えること」です。社員たちが日常的に行なっている「よいこと」をお互いに褒め合い、会社自体も社会に貢献する「よいこと」を率先して行なうことは、相手の期待に応え、企業の倫理観を高めるのに大きく役立つことは、いうまでもありません。


白井一幸

確かに正しい方法や技術を選手に伝えるのは、指導者として非常に重要なのですが、相手はプロ野球選手です。すでに知っていることを繰り返し教えたところで、聞く耳を持ちません。わかっているのにできない選手には、どこに問題があるのかを自分で考えさせ、解決のためのヒントを投げかけることが重要なのであり、それこそがメンタル・コーチングです。


本多均

絶えず新たな事業に挑戦していかない限り、企業は生き延びられない。


和田秀樹

大事なのは、トラブルを適性に見積もること。トラブルを未然に防ぐ、あるいは対処法を想定しておく。いわゆるリスクヘッジの考え方は大事。どれぐらいの確率で起こるかをちゃんと損として織り込む計算ができる人なら、リスクがあることに挑むのも悪いことではありません。


後藤孝洋

会社の生み出すものがお客様の満足をつくり、社員の幸せをつくり、ひいては世の中のためになる。


藤田晋

分からないことだらけでつらいと思いますが、とにかく新卒に戻ったつもりでやってください。
【覚え書き|新しい部署に異動した社員への言葉】


詹國良(ボブ・セン)

法人向け市場で重要なキーワードは「生産性」。お客様は高機能で効率の高いマシンを求めておられます。


小松永門

いま日本から生産基地がどんどんなくなっています。これで本当にいいのだろうか。私は大きな危機感を持っています。
【覚書き|日本国内に工場を集約し、設計からアフターサービスまで行っている理由について語った言葉】