名言DB

9412 人 / 110637 名言

ダニエル・カーネマンの名言

twitter Facebook はてブ

ダニエル・カーネマンのプロフィール

ダニエル・カーネマン。米国の心理学者、行動経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。イスラエルのテル・アヴィヴ出身。エルサレムのヘブライ大学で数学と心理学を学んだ後、イスラエル国防軍に入隊。その後、アメリカに移住し、カリフォルニア大学バークレー校で心理学の博士号を取得。ヘブライ大学、ブリティッシュコロンビア大学、カリフォルニア大学バークレー校、プリンストン大学などで教鞭をとった。ピーク・エンドの法則などで知られている。

ダニエル・カーネマンの名言 一覧

人は多くの時間を無駄にしている。誰もが、時間など無限にあるかのように振る舞っているが、実際には時間こそ限りある資源であり、人はそれを上手に活用していない。


重要な意思決定を求められるとき、いつ思考の速度を緩め、直感に従わず、全体状況を把握したうえで、しっかりと損得を判断すべきか理解する必要がある。


「合理性」が行動を説明するものとして妥当な領域もある。しかし、まったく説明がつかない領域も多い。


私たちは幸せというものについて、多くを学んでいるところだ。このテーマがあれば、余生も十分幸せに暮らせそうだ。
【覚書き|幸福度の研究について語った言葉】


ストレスはGDPの低い国より高い国の方が大きい。うつ、怒り、悲しみ、肉体的苦痛は貧困国の方が多いが、悩みが少ないという点は興味深い。貧しい人々は、豊かな人々より悩まないということだ。


個人投資家は取引しすぎる。個人投資家たちは、自分はものごとをわかったつもりでいるが、実際はそうではない。


ダニエル・カーネマンの経歴・略歴

ダニエル・カーネマン。米国の心理学者、行動経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。イスラエルのテル・アヴィヴ出身。エルサレムのヘブライ大学で数学と心理学を学んだ後、イスラエル国防軍に入隊。その後、アメリカに移住し、カリフォルニア大学バークレー校で心理学の博士号を取得。ヘブライ大学、ブリティッシュコロンビア大学、カリフォルニア大学バークレー校、プリンストン大学などで教鞭をとった。ピーク・エンドの法則などで知られている。

他の記事も読んでみる

藤田晋

コメンテーターやアナリスト、社内で評価業務に携わる人など、仕事として批評をしている場合を除き、批評は「百害あって一利なし」だと思います。


植田統

自分でおおよそこういうことだろうな、という6割程度の確信が得られればそれでいいでしょう。日本人は完璧志向が強いから、6割と思っても客観的には8割に達していることが多い。ある程度の大雑把さが必要です。


ゲーテ

結婚生活はすべての文化のはじめであり、頂上である。それは乱暴者を穏やかにするし、教養の高い者にとっては、温情を証明する最上の機会である。


小川賢太郎

世の中の環境もどんどん変わる。とどまっていてはいけない。理念をしっかり継承しつつ、やるべきことをどんどん進めていきたい。


羽生善治

将棋の世界では、AIが新しい発想やアイデアのきっかけになるということが既に起こっているんですよ。今、膨大な数のソフトが日々、対戦しているのですが、その中から創造的な作戦や戦法とかが生まれているんです。


熊谷正寿

上場企業には、情報開示義務があるので経営状態は丸裸ですし、上場企業は有形形のコストがかかります。ですから、上場する価値の無い事業にもかかわらず上場してしまうと、かえっマイナスになって会社が続かないケースもあります。何が何でも上場するという考えは間違っています。


西川りゅうじん

世の中が変化すれば、必ず新しいチャンスが生まれる。たとえば、飲食業を始めるのは店舗開業などの初期費用が高くて難しかった。でも、不況のお陰でいまは数分の1の場合もある。


北島康介

「逆算方式」でスケジュールを立てられるのは土台があるから。10か月のブランクを経て、タイムをどこまで伸ばせるかが予測しづらかった。昨年に限っては、小さな試合を積み重ねて、調子を取り戻すことにしました。自分のやり方で調子をつかむ方法を検証できたのは、何よりの収穫でした。


内村航平

皆で力を合わせて取る金メダルは、個人でとる金とは全く違う喜びがある。互いを信じること、チームでカバーし合うことが大事と実感した。


大竹美喜

経営にとって人づくりは基本中の基本です。ご苦労もあるでしょうが、強い信念を持って取り組んでいただきたい。


窪田良

現状維持は甘えです。世界は進んでいますから、安定していると思って何もしなくなった人は沈んでしまいます。


中畑清

「内に秘めた闘志」もカッコいいですが、「男は黙って」では周りからするとちょっとわかりづらいものです。もっとシンプルにオープンに生きた方がいい。


長谷部誠

チームへ合流直後、チームメートが、新加入してきた僕を見ていることに気づきました。彼らも、どう僕と接するべきか戸惑っているのかもしれない。だったら僕から動き出さないと、何も始まらないと感じたんです。カタコトのドイツ語でどんどん話しかけた。そうやって、仕事をする場を整えていきました。相手が監督であっても、ドイツでは、まずは会話することが求められているんです。


見舘好隆

みなさんの職場では新人を同志として温かく迎え入れ、しかるべき仕事を与えているだろうか。その答えがNOだとしたら、新人の学習機会を棄損したうえ、早く辞めてくれと言っているようなものだ。自分の職場で若手社員の定着が悪い、元気がないと言う前に、成長を実感できる機会をきちんと用意しているのか若手の身になって考えてみてはどうだろう。


籾井勝人

社長に何か言いたいという人は、ネット上で「もみいボックス」という相談コーナーを設けて、メールで直接私に相談できるようになっています。中には、自分の職場の悩みもありますし、会社全体の仕組みの改善提案もある。そういった提案や相談に対して、私も必ず返信するようにしています。