ダニエル・カーネマンの名言

ダニエル・カーネマンのプロフィール

ダニエル・カーネマン。米国の心理学者、行動経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。イスラエルのテル・アヴィヴ出身。エルサレムのヘブライ大学で数学と心理学を学んだ後、イスラエル国防軍に入隊。その後、アメリカに移住し、カリフォルニア大学バークレー校で心理学の博士号を取得。ヘブライ大学、ブリティッシュコロンビア大学、カリフォルニア大学バークレー校、プリンストン大学などで教鞭をとった。ピーク・エンドの法則などで知られている。

ダニエル・カーネマンの名言 一覧

人は多くの時間を無駄にしている。誰もが、時間など無限にあるかのように振る舞っているが、実際には時間こそ限りある資源であり、人はそれを上手に活用していない。


重要な意思決定を求められるとき、いつ思考の速度を緩め、直感に従わず、全体状況を把握したうえで、しっかりと損得を判断すべきか理解する必要がある。


「合理性」が行動を説明するものとして妥当な領域もある。しかし、まったく説明がつかない領域も多い。


私たちは幸せというものについて、多くを学んでいるところだ。このテーマがあれば、余生も十分幸せに暮らせそうだ。
【覚書き|幸福度の研究について語った言葉】


ストレスはGDPの低い国より高い国の方が大きい。うつ、怒り、悲しみ、肉体的苦痛は貧困国の方が多いが、悩みが少ないという点は興味深い。貧しい人々は、豊かな人々より悩まないということだ。


個人投資家は取引しすぎる。個人投資家たちは、自分はものごとをわかったつもりでいるが、実際はそうではない。


ダニエル・カーネマンの経歴・略歴

ダニエル・カーネマン。米国の心理学者、行動経済学者、ノーベル経済学賞受賞者。イスラエルのテル・アヴィヴ出身。エルサレムのヘブライ大学で数学と心理学を学んだ後、イスラエル国防軍に入隊。その後、アメリカに移住し、カリフォルニア大学バークレー校で心理学の博士号を取得。ヘブライ大学、ブリティッシュコロンビア大学、カリフォルニア大学バークレー校、プリンストン大学などで教鞭をとった。ピーク・エンドの法則などで知られている。

他の記事も読んでみる


タムラカイ

メモや記録に、「絵」の要素を入れる「ラクガキノート」は一見ビジネスにはそぐわないようで、実は大きな効用があります。一つは「観察力」が磨かれること。顧客、同僚、時には自分を絵にしようとすることで、それぞれの「本音」と向き合う姿勢が備わります。その結果、「想像力」も磨かれます。相手のニーズを深く考えるので、提案や企画のクオリティも上がります。


芝谷浩

片づけは、時間制限を設けないとダラダラしてしまいがちです。どこを何分で片づけるか、細かく決めて取り掛かりましょう。


宗岡正二

差別化、新商品開発などをきちんとやらないかぎり、我々は生き残れない。


所ジョージ

人生は「完成形」よりも「成長形」が大事。最初から成功のイメージを追いすぎて、何もしないんじゃ面白くないよね。


久代敏男

コア事業と関連の薄いものを中心に、改善の見込みのないものは、早く清算していきます。


鎌田富久

失敗に関して言えば、私はかなり経験していますから敏感です。失敗しそうな施策は大体分かりますし、危険な予兆も察知できる。そういう時には、積極的にアドバイスします。成功には運やタイミングなど様々な要素が関わっていますから、他人の事例はあまり参考になりません。しかし、失敗をするのは大抵同じ理由なので、防ぐことは難しくないのです。


村田昭治

活躍されている経営者に共通していたのは「我々は選んでもらう企業でなくて、選ばざるをえない企業を目指している」という意味のことを明言されたことだった。それには独自の大きな特徴をもつ会社、ビジョンのある会社、価値創造の場を与える会社、イノベーションを断絶なしに実行していく会社でなければならない。


ページの先頭へ