名言DB

9412 人 / 110637 名言

ダニエル・ウェブスターの名言

twitter Facebook はてブ

ダニエル・ウェブスターのプロフィール

ダニエル・ウェブスター。19世紀アメリカの政治家、法律家。ダートマス大学卒業後、何人かの政治家の事務所で働く。その後、ポーツマスに法律事務所を開く。弁護士として活躍し、連邦党の指導者になる。合衆国下院議員となる。所属政党は、連邦党(フェデラリスト党)、国民共和党、ホイッグ党。原子力潜水艦の名前にもなっている

ダニエル・ウェブスターの名言 一覧

失敗の大半は資本の欠乏よりも、エネルギーの欠如から起こる。


国民の政府は、国民のために造られ、国民によって造られ、国民に適するように造られる。


信頼は強制によって作られるものではない。人間に信頼を強いることはできない。


価値のあるものに新しいものはなく、新しいものに価値のあるものはない。


虚言は真実でないばかりか、常にその内に争いをはらんでいる。


ダニエル・ウェブスターの経歴・略歴

ダニエル・ウェブスター。19世紀アメリカの政治家、法律家。ダートマス大学卒業後、何人かの政治家の事務所で働く。その後、ポーツマスに法律事務所を開く。弁護士として活躍し、連邦党の指導者になる。合衆国下院議員となる。所属政党は、連邦党(フェデラリスト党)、国民共和党、ホイッグ党。原子力潜水艦の名前にもなっている

他の記事も読んでみる

武藤潤(経営者)

社風は生物のDNAのように変えられないものではない。社風も企業文化も自分たちで必要なものをデザインして、それに向かって進んでいくことができるはず。様々な意見を持つ人が議論を戦わせて、自分たちの進む方向を共有することが大事。


最上悠

お互いの言いたいことがちゃんと伝わっているか、細かく確認することが大切です。若い人が黙って説教をニコニコ聞いていたとしても、本当ははらわたが煮えくり返り、コミュニケーションが断絶していることもあるのです。


勝間和代

上司や同僚に進捗状況として報告し、周りの人にどうするべきか意見を聞くべきです。そうすることで自分とは違う視点で問題点をとらえられるので、早く答えにたどり着くことができます。


角田晃広

俺はネタ中に気が散ることはないですね。必死なんですよ。長いセリフが多い割に、覚えが悪いので。(相方)二人は余裕があるんでしょうね。俺はもうガッチガチでやってるから。一生懸命です。


上野和典

ブレーンストーミングのあと、ひと眠りすると、何を話し合ったか忘れてしまいます。だから、どんなプランが出て、どんな反対意見が出たのかをきちんと書きとめておく必要があります。


ジェイ・エイブラハム

業界内だけ、会社だけの生活を繰り返していては、井の中の蛙から脱せません。自分の現在地も把握できません。あなたの自己イメージは、あなたの育った家庭環境や、仕事の数名の上司によって形成されてしまったに過ぎない場合が多い。


江上治

どのような話をすれば相手のためになるのか、相手はメリットを感じてくれるのか。事前に相手のことをリサーチして根回ししておくのが、稼ぐ人のやり方です。


石浦章一

意外に忘れやすいのが他者に評価してもらうことです。自分では慎重なタイプだと思っていても、他人からは軽率と評価されていることもあります。その場合、他者の評価の方が大事です。自己評価と他者評価に落差がある人ほど、自分のことがわかっていないのです。


張本勲

私は非常に「臆病」でしたから。「今日は打てたけど、明日は打てないかもしれない」といつも自分を疑っていた。毎日素振りを300回、コツコツと続けることで開き直れたのです。「俺はここまでやったから打てる」と、自分に暗示をかけるための儀式だったのでしょう。


佐藤可士和

仕事を依頼されると、僕はまずクライアントから抱えている問題や社会に伝えたいことなどを徹底的にヒアリングします。そしてその内容をきちんと整理すれば、目指すべきゴールイメージが必然的に見えてくるのです。


谷原誠

無口な人や話し下手な人でも、その人が食いついてくる話題は必ずある。様々な話題を振って当たりをつけていくことも大事。


長谷川滋利

頭に血が上っていた状態では、いくら弁明してもこじれてしまう。誤解を解くには互いに冷静になること、誤解を受けた側が真摯に言葉を尽くすことが大事。


菊池誠一(投資)

投資を始める前に、しっかりと貯蓄しておくことが肝心。


バートランド・ラッセル

自制の効用は、列車におけるブレーキの効用に似ている。正しい方向に進んでいるときは害になるばかりだ。


楠木建

誰かがつくった戦略の分析ならばスキルで何とかなる。分析フレームワークもたくさんある。しかし、すでに存在している戦略を分析するということと、自らオリジナルな戦略ストーリーをつくるというのは、まるで違う仕事である。