名言DB

9412 人 / 110637 名言

ダグ・ハマーショルドの名言

twitter Facebook はてブ

ダグ・ハマーショルドのプロフィール

ダグ・ハマーショルド。スウェーデンの官僚。外交官、財務次官、外務次官、第二代国連事務総長。世界経済を専門とし、広く活躍した人物。ウプサラ大学卒。国連事務総長在任中、コンゴ動乱の停戦調停に行く際に飛行機の墜落事故で死亡。没後にノーベル平和賞を授与された

ダグ・ハマーショルドの名言 一覧

大衆を救うために勤勉に働くより、一人の人のために全身全霊を捧げる方が気高い。


ダグ・ハマーショルドの経歴・略歴

ダグ・ハマーショルド。スウェーデンの官僚。外交官、財務次官、外務次官、第二代国連事務総長。世界経済を専門とし、広く活躍した人物。ウプサラ大学卒。国連事務総長在任中、コンゴ動乱の停戦調停に行く際に飛行機の墜落事故で死亡。没後にノーベル平和賞を授与された

他の記事も読んでみる

タムラカイ

一番簡単な入口は、メールの「絵文字」を意識すること。「笑顔」「困り顔」「やる気になっている顔」など、いずれもごく単純ですね。これらの表情を描き加えていくだけで、イマジネーションが大きく広がります。


家本賢太郎

社員の力を発揮できる場を見つけてあげることが会社の一番の責任です。それが最もモチベーションアップの効果があると思います。


川野澄人

体を動かせば五感も活発に働く。


永井浩二(経営者)

私が営業をしていた時と、今の営業スタイルは若干違うと思いますが、例えば自分がお勧めしたものが結果が逆になった時には、どうしても逃げたくなるんです。しかし、そういう時こそ、お客様にお会いして、会話をすることが大事だと思ってやってきました。


中山雅史

僕は試合も練習も、先頭に立って走りました。最年長の選手が先頭に立てば、「年下のおまえらがやれないわけないだろ」というプレッシャーになるんです。そういう役割を担うことも、チームに必要とされる部分なんだと思ってやってきましたね。


古川裕倫

上司も自分ができないことは「できない」と言えばいい。わからない問題は「わからない」と答えていい。その代わり、進歩する努力を見せる。ひたむきに学ぶ姿勢を持ってる人は、部下から尊敬されますよ。資格の勉強をしたり、ビジネス書を読むなど、なんでもいい。


佐藤益弘

投資に絶対はありません。利益が出るか、損失を被るかは、いわば確率論。確率を上げる一つの方法は、「分子を増やす」こと。つまり、数多くの経験を積んでいくこと。


矢野香

大人の話し方とは、どのような話し方でしょうか。私が考える大人の話し方の定義は、「確実性、信頼性を重視し、落ち着いた、重みのある話し方」「自分が公人であることを意識した、責任感のある言動」です。このような話し方をしていれば、顧客や部下などから信頼を得ることができます。


永持孝之進

社内での実験結果は貴重な財産であり、成功・失敗にかかわらず記録を残しておくことで明日への糧となります。


村上恭豊

手帳を使うようになったのは、創業者の父に、「仕事で気づいたことは何でも手帳にメモしなさい」と言われたからですね。


眞鍋かをり(女優)

私は思い立ったらすぐにやらないと気が済まない「早速さん」。


小山昇

経営というのは、幹部をはじめとした全社員が社長の言ったことをきちんとやることだ。社長は絶対だ。


高碕達之助

フーヴァー氏から習ったものだが、事業の目的は第一に人類の将来を幸福ならしめるものでなければならぬ。第二に事業というものは営利を目的とすべきではない。第三に世の中は進歩しているから現状維持は退歩である。第四に事業の主体は従業員でなければならぬ。
【覚書き|フーヴァー氏とは第31代米国大統領ハーバート・クラーク・フーヴァーのこと。大統領になる前から面識があった】


齋藤勇(齊藤勇)

人間の能力は有限です。自分の限界を知って、断るべきときに断れる人の方が最終的に信頼されると思えば、ノーと言う勇気も湧いてくるはずです。頼まれた仕事をやる時間がないなら、「できません」とストレートに告げるのではなく、「いまこの作業をしている最中です。頼まれた仕事に手を付けるのはそのあとですが、どうしましょうか」と説明します。スケジュールが間に合わなければ相手は依頼を控えるし、相手がいまの作業のあとでもいいというなら、順次取り組めばいいだけです。


藤田晋

AbemaTVでは、ニュースを1チャンネル目に持ってきていますが、これは報道ニュースを軸に据えているからです。報道ニュースをAbemaTVの最大の特徴にしようと考えています。ネットは規制が緩いと言われますが、我々としては「立派なメディアをつくる」ということを目標に置いています。ですから、モラルが低いことやコンプライアンスに外れることはやるつもりは全くありません。むしろ、報道として信頼できるものをつくりたいと。