名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ダグ・ハマーショルドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ダグ・ハマーショルドのプロフィール

ダグ・ハマーショルド。スウェーデンの官僚。外交官、財務次官、外務次官、第二代国連事務総長。世界経済を専門とし、広く活躍した人物。ウプサラ大学卒。国連事務総長在任中、コンゴ動乱の停戦調停に行く際に飛行機の墜落事故で死亡。没後にノーベル平和賞を授与された

ダグ・ハマーショルドの名言 一覧

大衆を救うために勤勉に働くより、一人の人のために全身全霊を捧げる方が気高い。


ダグ・ハマーショルドの経歴・略歴

ダグ・ハマーショルド。スウェーデンの官僚。外交官、財務次官、外務次官、第二代国連事務総長。世界経済を専門とし、広く活躍した人物。ウプサラ大学卒。国連事務総長在任中、コンゴ動乱の停戦調停に行く際に飛行機の墜落事故で死亡。没後にノーベル平和賞を授与された

他の記事も読んでみる

鈴木眞理

域課題の解決には、多様な人々の力を結集できる核となる人物が必要になります。そこで求められるのは人間的魅力に加え、何か一分野で秀でた能力です。それが周囲に対する求心力となります。


中原淳

不確実で変化の速い社会になってくると、誰も正解はわかりません。にもかかわらず、あなた自身が答えのない環境において何を成すかを問われます。


小林喜光

振り返ると、リーマン・ショックは、ある意味でピンチがチャンスになったと言えます。赤字事業をクローズし、売上高は減り、赤字も出しました。


南壮一郎

私はメジャーリーグの球団オーナーになるという夢があります。その夢を実現するため、以前、メジャーリーグの全球団に手紙を送ったことがあります。すると一通返事があり、ある球団のジェネラルマネージャーが会って話を聞いてくれました。そうやってひとつひとつ、不可能だと思うことでもトライし、経験を積んでいけばいいのです。


東山彰良

渾身の力作と思って出した『ブラックライダー』。これで世界をひっくり返してやるぐらいの勢いだったんですけど、思ったほどひつくり返りもせずっていうか、世界はびくともせずで(苦笑)。次は能天気に、ただ自分が楽しむためだけに書いてやろうと思ったのが『流』なんです。もしかしたら、その開き直りが良かったのかもしれないです。


村口和孝

いかなる成功も、経済の世界が変わる潮に乗らないと実現は出来ない。だから変化に注目する事が大切だ。


加藤進(住友商事)

グローバル人材に求められる中身が大きく変わってきている。世界では地球規模での産業構造の変化に加えて、経済成長が先進国から新興国にシフトする、いわば地軸の変化が起きている。そこで求められるグローバル人材とは、総合力を有し、国境を越える人材である。


岡野雅行(岡野工業)

人と同じようにすることが、世渡りのコツだなんて勘違いはするなよ。世渡りにとって変わってるってことは、これ以上ないアドバンテージなんだ。美徳と言ってもいいね。


松下正幸

一般に、人の話をよく聞くことは非常に大切なことと言われていますし、幸之助は聞き上手と言われることも多くありました。確かに聞き上手といえば聞き上手でしたが、私はちょっと別のとらえ方をしています。幸之助は聞き上手だったのではなくて、聞くことに人一倍の好奇心を持っていた、また、学びたいという意欲が人よりもはるかに大きくあったと思っているのです。幸之助みずからが言っていますように、自身は体系的な学問を学校で習うことはありませんでした。したがって会う人会う人、どんな人でも自分より知識が豊富に違いない、その人の知識をできる限り吸収したい、そういう好奇心にあふれていました。


津田大介

通常のマスメディアは、政策審議が国会に行った段階でアレコレ言いますが、国会はプログラムでいえば「バグ取り」くらいの役割しかありません。それでは遅すぎる。国会でもまれる前の政策決定過程で、世論を巻き込み、騒ぐことが重要です。


中村天風

第三者の不健康や不運命に対して同情することは、人間として最も尊いことですから、同情はしなければなりません。けれども、ここに注意すべき大きな問題がひとつあるのは、同情を乗り越えて、相手と同様に悩んだり、あるいは悲しんだりしている人が往々にあることであります。これはとんでもない誤りというよりも、むしろ滑稽ですよ。なぜ滑稽かというと、一人の人間の不健康、不運命で二人の人間あるいは三人の人間が、そこに同じような哀れな状態をつくる結果がくるからであります。そういうときこそ、断然積極的な心持ちで相手の落胆しているのを勇気づけてやったり、失望しているのを鼓舞してやるという気持ちにならなければいけないのです。それが本当の同情という心の態度なんですからね。


鳥越俊太郎

ツラいとか、イヤだ、なんて苦境に立たされても「俺、これからどうなるんだろう」とワクワクする。予定調和じゃないから、逆境を乗り越えると今までにはない知識やアイデアが身につく。閑職に追いやられても、ガンになっても「面白そうだな!」と好奇心むき出しでぶつかってきた。だから今でもピンピンで、ジャーナリストとしてしぶとく生きていられるんだよ。