名言DB

9412 人 / 110637 名言

ダグラス・マッカーサーの名言

twitter Facebook はてブ

ダグラス・マッカーサーのプロフィール

ダグラス・マッカーサー。アメリカの軍人。最終階級は元帥。第一次世界大戦に従軍し陸軍士官学校長、陸軍参謀総長などを歴任。第二次世界大戦では極東司令官に就任し、マニラ攻防戦、レイテ島上陸作戦などを指揮した。第二次世界大戦後は連合国最高司令官総司令部(GHQ)最高司令官として進駐した。その後、朝鮮戦争の指揮を執り、戦争後期に更迭され同時に軍を引退した

ダグラス・マッカーサーの名言 一覧

軍人が国家に対してねだるようなことはしてはならない。


諸君が実行不可能としてあげた諸点をひっくり返せば、それだけ奇襲の効果が上がるということだ。【覚書き|朝鮮戦争仁川(インチョン)上陸作戦の戦略会議での発言。仁川上陸が成功すれば北朝鮮の補給線を潰すことができ、戦況が一気に有利になることがわかっていたが、地形上とても難しかった。将校たちができない理由をいくつも挙げたので、上記の発言が発せられた。このあと仁川作戦は成功する】


老兵は死なず、ただ消え去るのみ。
【覚書き|軍引退のセレモニーでの発言。兵士の間で流行っていた風刺歌の一節。ワシントンでの引退パレードには50万人の市民が集まった】


ダグラス・マッカーサーの経歴・略歴

ダグラス・マッカーサー。アメリカの軍人。最終階級は元帥。第一次世界大戦に従軍し陸軍士官学校長、陸軍参謀総長などを歴任。第二次世界大戦では極東司令官に就任し、マニラ攻防戦、レイテ島上陸作戦などを指揮した。第二次世界大戦後は連合国最高司令官総司令部(GHQ)最高司令官として進駐した。その後、朝鮮戦争の指揮を執り、戦争後期に更迭され同時に軍を引退した

他の記事も読んでみる

森下洋一

聞く姿勢というのが、衆知の集まる源。


ジャック・ドーシー

何かを作るってことはそれだけで難しい。毎日がチャレンジだ。ビジネスを起こすのは、ローラーコースターのようなもの。すべてがものすごくうまくいっているハイポイントもあれば、急に成長が止まってどうしたものかと考えたり。それは素晴らしい気持だ。


江口歳春

今まではちゃんとFCのシステムを作れば対応できましたが、当社を含め、今後はそうはいかない。なぜなら、社員やアルバイト、パートといった人材の採用が非常に難しくなってきているからです。人がいないと業務が煩雑化して人間関係がギスギスし、店舗の雰囲気が暗くなる。すべて悪循環になってしまうのです。


松下幸之助

私どもはあまり難しく考えず、ごく平易に考えてやっていくことにしています。というのは、甘いものが好きな人には甘いものを食べてもらう、辛いものが好きな人には辛いものを食べてもらう、きわめて平凡な原理と申しますか、そういうことで仕事をしています。


長谷川和廣

企業レベルでも個人レベルでも効率を考えることは重要です。しかし、それが度を越すと、必ず落とし穴にはまります。私が請け負った赤字の再生会社の多くは近道や抜け道を探し、楽に儲けようとして顧客や世間の信用を失っていました。利益を最大化しようと、品質管理の手順を減らして不良品を頻発したり、強引な営業で取引先からソッポを向かれたり、あからさまな帳簿操作で銀行の信用を失ったり。だからこそ、成果をあげるためには抜け道などないと腹をくくり、丁寧に根気よく実績を積み上げることを真っ先に考えなくてはならないのです。


矢野龍

住友林業は1691年から営々と森林を守り、自然環境の保全に貢献していることを誇りに思っています。それ以前には銅山開発、銅製錬で山は荒廃してしまいましたが、大造林計画で100年かけて森林を復元することを決めました。銅山開発で、森林資源を復元したのは世界的にも稀なケースだと思います。


吉永泰之

社員みんながコツコツやってくれたことが花開いている。


北島康介

最初は、経営やマネジメントについて何も分かりません。手探りでしたが、起業する前に所属していたマネジメント会社でお世話になった人たちなどが、共同代表やスタッフとなってサポートしてくれたのは大きかった。同級生などの仲間たちも、「人が作った道ではない道を切り開いていきたい」という僕の考えに賛同してくれて、毎年少しずつですがスタッフは増えています。


古森重隆

競合と対時している戦線で一歩でも相手を押し込む。知恵を振り絞って顧客の要求に応える。各自がそういった意識を持ってやり抜けば、企業の競争力は飛躍的に高まるはずだ。


徳重徹

日本の企業は圧倒的に柔軟性、スピード感が足りません。しがらみだらけで、リスクも取らない。


コロッケ(ものまね芸人)

半ば干されるような状態の中でも、僕がくさらずにいられたのは、母が教えてくれた「あおいくま」という言葉のおかげです。「あせるな」「おこるな」「いばるな」「くさるな」「まけるな」。この頭文字を取って「あおいくま」です。これは実家の台所の柱に貼ってあった紙に書かれていた言葉。母はいつも「人生は、この5つの言葉たい」と言っていました。


下地寛也

大切なのは「発散収束」です。質より量でアイデアを多く出す「発散」と、それを絞る「収束」。これを分けてやるのがコツです。


大塚正富

「ごきぶりホイホイ」は、子供が自ら組み立てて、仕掛けて、「ああ、入ってる入ってる」って喜ぶんです。おもちゃのような家の模様をパッケージに描いたことで、ゴキブリ捕獲器でも人の心を魅了できた。最近は、そんなアートが商品に欠けていると思うんです。自社でも他社でも。


大原孝治

出店しても駄目だと判断したら、すぐに撤退します。最初の1カ月で駄目だと感じたら、2カ月間検証して、撤退を決定します。出店する時にはいけると仮説を立てているのですから、それが違ったなら何が違ったのか、修正すれば対応できるのかを見極めていきます。


寺尾玄

プロ意識は、「個人事業主の意識」と言い換えることもできます。ラーメン屋の店主であれば、客が来なければ全部自分のせいですよね。店を構えた場所が悪くても、仕入れている麺が悪くても、すべて自分で決めたことだからです。会社員の場合、そこまで自分で決めることはできませんし、そうした責任感を持つことは難しいかもしれませんが、一部の人はそれができます。