ダグラス・マッカーサーの名言

ダグラス・マッカーサーのプロフィール

ダグラス・マッカーサー。アメリカの軍人。最終階級は元帥。第一次世界大戦に従軍し陸軍士官学校長、陸軍参謀総長などを歴任。第二次世界大戦では極東司令官に就任し、マニラ攻防戦、レイテ島上陸作戦などを指揮した。第二次世界大戦後は連合国最高司令官総司令部(GHQ)最高司令官として進駐した。その後、朝鮮戦争の指揮を執り、戦争後期に更迭され同時に軍を引退した

ダグラス・マッカーサーの名言 一覧

軍人が国家に対してねだるようなことはしてはならない。


諸君が実行不可能としてあげた諸点をひっくり返せば、それだけ奇襲の効果が上がるということだ。【覚書き|朝鮮戦争仁川(インチョン)上陸作戦の戦略会議での発言。仁川上陸が成功すれば北朝鮮の補給線を潰すことができ、戦況が一気に有利になることがわかっていたが、地形上とても難しかった。将校たちができない理由をいくつも挙げたので、上記の発言が発せられた。このあと仁川作戦は成功する】


老兵は死なず、ただ消え去るのみ。
【覚書き|軍引退のセレモニーでの発言。兵士の間で流行っていた風刺歌の一節。ワシントンでの引退パレードには50万人の市民が集まった】


ダグラス・マッカーサーの経歴・略歴

ダグラス・マッカーサー。アメリカの軍人。最終階級は元帥。第一次世界大戦に従軍し陸軍士官学校長、陸軍参謀総長などを歴任。第二次世界大戦では極東司令官に就任し、マニラ攻防戦、レイテ島上陸作戦などを指揮した。第二次世界大戦後は連合国最高司令官総司令部(GHQ)最高司令官として進駐した。その後、朝鮮戦争の指揮を執り、戦争後期に更迭され同時に軍を引退した

他の記事も読んでみる


有馬浩二

危機感はあります。製品開発という上流と、生産を担当する下流が、昔は一緒になってモノ作りをしていました。何かあれば、現場で両方の技術者力議論した。それが、組織が大きくなり、分業化してしまったことで、なかなかできなくなっています。それでも何とかなった時代と、どうにもならなくなる時代。今はその境目です。


菅野誠二

説得をする相手が上司だったとします。上司は会社の上層部を意識しながら仕事をしていることが多いので、「いまウチの部署は、上層部からこんな要求を突きつけられていますよね。でもこうすれば、きっと課題を解決でき、評価を得ることができるはずです」というふうに、自分だけの目線に立って提案するのではなく、上司の一つ上の目線に立つことで共感を示し、提案をするのです。


イングヴァル・カンプラード

私の中の悪魔が「仕事はまだまだあるぞ」とささやきかけてくる。


立石一真

人に褒められて有頂天になり、人にくさされて憂うつになるなんておよそナンセンス。なぜなら、そんなことくらいで自分白身の価値が変わるものではない。


マザー・テレサ

私は親切にしすぎて間違いをおかすことの方が、親切と無関係に奇跡を行うより好きです。


近藤太香巳

ミスを許すことも重要。その社員が成長した後に会社に利益をもたらすようになるかもしれないですから、ミスをしたら絶対に許さないというスタンスで厳しく叱りつけるだけではいけません。たとえそれがどんなに低レベルのミスであっても、上司としてそれを許し、成長させていくことも必要です。


遠山正道

当社では「ファミリー制度」と呼ぶ人材育成の仕組みを取り入れました。1人の社員に対して、お父さん役、お母さん役、お兄さん役、お姉さん役となる社員を決めて、その社員の成長をサポートしようという活動です。当初は新卒が対象で、10人入社すれば10のファミリーを作っていました。ですが、新人ばかりが得をするのは不公平だという声が上がり、現在、ファミリー制度は全社員を対象としています。全社員が集まる会議のくじ引きによって6~7人単位のグループに分け、野球観戦や陶芸などのレクリエーション活動を通じて親睦を深める場にしています。昨年度は特に活動が活発だったグループを「最優秀ファミリー」と表彰し、箱根旅行をプレゼントしました。


ページの先頭へ