ダイアナ王妃の名言

ダイアナ王妃のプロフィール

ダイアナ・フランセス・スペンサー。プリンセス・オブ・ウェールズ。イギリスのチャールズ王太子の元妃。イギリス王位継承者ウィリアム王子、ヘンリー王子の母。15世紀から続く伯爵家であるスペンサー家で生まれる。チャールズ王太子と結婚するも、離婚。車で移動中、パパラッチをまこうとして事故死。自由奔放な生き方が多くの人々の心をとらえた。地雷廃止運動などを積極的に行った。

ダイアナ王妃の名言 一覧

私は自由な精神でいたい。私のそんなところを嫌う人もいるけど、それが私という人間なの。


ダイアナ王妃の経歴・略歴

ダイアナ・フランセス・スペンサー。プリンセス・オブ・ウェールズ。イギリスのチャールズ王太子の元妃。イギリス王位継承者ウィリアム王子、ヘンリー王子の母。15世紀から続く伯爵家であるスペンサー家で生まれる。チャールズ王太子と結婚するも、離婚。車で移動中、パパラッチをまこうとして事故死。自由奔放な生き方が多くの人々の心をとらえた。地雷廃止運動などを積極的に行った。

他の記事も読んでみる

森川亮

大学時代にジャズをやっていました。スポーツは負ける人がいますが、音楽は聴く人も演奏する人も一緒にハッピーになれる。ビジネスでも社会でも、同じことができるといいなと。


澤田秀雄

すべてにおいて変化の時代、ベンチャー企業にとっては可能性のある時代の到来ですが、旧来型の変われない企業にとっては危機の時代。


松下幸之助

ほかの企業は諦めて撤退しましたが、松下はやめなかった。諦めた者と諦めなかった者との差が出ているだけ。


川村隆

昨年までは良かったのですが、今は少ししんどくなっています。悪い数字ではないのですが、会社全体に緩みが出ている。「改革疲れ」かもしれません。それがすぐに数字に出てくるのが怖いところです。これは何かのサインでもありますから、注意すべき時です。ここでサボってしまうと、また「沈みゆく巨艦」の時代に戻ってしまいかねません。


徳重徹

20代の社員にそこまで任せて大丈夫かとよく聞かれるけれど、あのソニーだって欧米で事業を立ち上げた1960年代を担ったのはみな20代でした。ところが、今の時代にもっとも優秀だとされる学生は、ほぼ全員が大企業に入ってしまっているんですね。大手の商社や銀行などで必要とされる「優秀な人材」はせいぜい1割か2割。8割以上の社員が本来は非常に優秀でありながら、その能力を活かせない仕事をしている。僕らのような企業がもっとたくさんあれば、その現状を変えることができるはずです。


田中愼一(田中慎一)

世界同時不況で真っ先に削減されたのは宣伝費です。企業によっては前年比3から5割削減も珍しくありません。しかし、共感型コミュニケーションを上手く機能させれば、小さな費用でも大きな効果を上げることができます。


倉田きたみ

リーダーに対するコーチングは、何をするかという「DO」よりも、リーダーとしてどうありたいかという心のあり方に重きを置いた「Be」を扱うコーチングを重要視しています。


泉谷直木

頭で考えてすぐ言葉にできる人は、確かに頭がよく語彙も豊富なのだろうが、言葉に重みがない。ハートを燃やして腹をくくり現場を歩いた人は、言葉に重みと具体性がある。そんなベースの有無が、話を盛り上げられるかどうかに関わってくる。


滝久雄

よりおいしいものをつくるセンスというのは、やはり日本人が一番だと思います。ですから、わたしは日本人がもっと外に出るべきだと思います。少子高齢化で日本はGDPが小さくなりますし、海外に出て和僑になって、インドネシアやタイに住み込むなどして、現地の料理をよりおいしくしたり、日本料理との融合を果たす役割をすべきだと思います。


寺田和正

3手先を行くことによって勝ち残っていける。


藤井隆太

信頼しているからこそ、先方は思い切った提案をしてくれるし、こちらもその提案を受け入れられる。


北尾吉孝

人に「人徳」があるように、会社には「社徳」があると思います。会社の「社徳」には上から下まで徳性の高い、よく磨かれた人が必要です。


井上暉堂

人生の先端(死)を見つめることで、目標が明確になる。今、ここで戦略を立て、「一大事とは本日只今の心」で生きていただければと思う。


千葉智之

異業種交流といっても、初対面の人と夜に飲みに行くのは、ハードルが高い。一晩つぶれるわけですし食事代も高いので、それなりの気合いが必要ですよね。一方、ランチなら時間制限があります。ランチは誰もが食べるものだし、気軽に参加できるのがいい。高級ホテルや料亭でも、ランチなら格安で食べられるのも魅力でした。1年半で17か所。合計で8000人の会員が集まり、おかげで幅広い業種の人と知り合い、人脈が広がりました。そのうち昼休みだけでなく、朝や夜にも集まろうということになり、会員の呼びかけで朝食会のサークルも生まれていきました。


迫俊亮

同じ打率のバッターが2人いるならば、数多く打席に立って、数多くバットを振った者のほうがより多くのヒットを放つことができる。私も動きの速さを肝に銘じています。


ページの先頭へ