名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ターレス今井の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ターレス今井のプロフィール

ターレス今井、たーれす・いまい。日本の人材コンサルタント。大阪出身。大阪大学大学院(情報工学専攻)修了後、大手IT企業に入社。20代でリーダーに抜擢され数億円規模のビジネス立上げに携わる。その後、キャリッジウェイコンサルティングを設立。共著に『会社とことん活用術』など。

ターレス今井の名言 一覧

日頃から「困った仕事の相談役リスト」を作成しておけばいいでしょう。たとえば、「A先誰は○○分野に強い」「Bさんは○○で結果を出している」などと、相談できそうな先輩社員を、得意分野も併せてリストアップしておくのです。そうすれば仕事で困ったとき、どの先輩に相談すればよいかがすぐわかります。会社ほど相談役に恵まれた環境はないですよ。


後輩や部下にしても、たとえば誰にでもできる仕事を振られるよりも、自分にしかできない仕事で頼りにされるほうが、やる気になるもの。ですから、ただ手が空いている人に頼むというのはやめ、あくまでその仕事が得意そうな人に、「あなただからこそ」という姿勢でお願いすることが大切です。そうすれば、頼まれたほうも悪い気はしないですし、大いにサポートしてくれると思いますよ。


社内の会議室や応接室など自由に使えるスペースは、もっと有効活用すべき。たとえば、社外の講師を招いて講演会を開くのです。場所代もかからないし、企業からの招致なら、講演実績をつくりたい人は安く引き受けてくれるはずです。人事部に相談すれば、会社が経費を負担してくれるかもしれません。


コンサルタントは、業界動向や他社の動きについてわかりやすく説明するプロフェッショナルです。分厚い参考書を読み込まないと理解できないような難しい事象も、コンサルタントなら、「つまりはこういうこと」と、要点を整理して教えてくれるはずです。


どんな会社の営業担当者も、買おうとするお客にもっとも多くの情報を提供するもの。ですから、会社が機器や備品を購入しようとする場合、自分が担当者となって見込み客となり、営業担当者と接するのです。そうすれば、一個人では入手不可能な詳しい新製品の情報や市場動向も、スムーズに聞き出せますよ。


たとえば、人事部に所属する人が、「延べ数万人の採用担当の実績がある」と述べたとします。これは、その会社のスケールメリットがあってこその数字ですが、社外的にも十分通用する実績です。会社の外に出れば自分はどう評価されるか。そう視点をもてば、社内にも利用できる環境はまだあるはずですよ。


社内勉強会をすれば、仕事では接点のない他部署の上役とも個人的つながりができ、普段聞けないような貴重な社内情報も、耳にできるかもしれません。


パソコンソフトなどの修得には、自ら無料講習会を開くといいでしょう。パソコンは、使い方をマスターしたつもりでも、トラブルが起きたときに対処できないなど、体系的なスキルは意外と身についていないもの。そこで、身近なパソコン音痴の人に、一度、仕事で必要なスキルについて無料講習会を開いてあげましょう。すると、自分自身の知識も整理され、他人に喜ばれながらパソコンスキルを高められるわけです。


会社に頼めば、役職とは別に「部長代理」「○○コンサルタント」などの肩書きを付けてもらえるケースがあります。営業マンなどで多くの人と接する人は、肩書きがあるのとないのとでは、多少ですが信用に差が生じます。肩書きがほしい人は、会社に相談してみましょう。


自分が知りたいことや学びたいテーマの情報を効率よく集めたいなら、社内の人同士で社内勉強会を開くといいでしょう。同じテーマに興味がある人に4・5人声をかければ、勉強会は成立します。そして、そのテーマに詳しい人に社内講師をお願いする。会社としても、あくまで仕事のために開いている会ですから、禁止はしないはずですよ。


ターレス今井の経歴・略歴

ターレス今井、たーれす・いまい。日本の人材コンサルタント。大阪出身。大阪大学大学院(情報工学専攻)修了後、大手IT企業に入社。20代でリーダーに抜擢され数億円規模のビジネス立上げに携わる。その後、キャリッジウェイコンサルティングを設立。共著に『会社とことん活用術』など。

他の記事も読んでみる

山本晶(経済学者)

クチコミをマーケティングに活かそうとするときに注意したいのが、「いいね!」やコメントの数を増やすことに振り回されないことです。デジタルマーケティングの世界では、効果測定がしやすいため、その数字を上げることが目的化してしまいがちです。そうなると、数字をよくしたいばかりに、禁じ手である「やらせ」や「ステマ」などにも手を出してしまいかねません。このような状況を私は「デジタルマーケティング近視眼」と呼んでいます。


菊池武重

国の政道は、皆の話し合いで決めよ。たとえ、この武重が優れた意見を出したとしても、皆の意見がまとまらなかったならば、武重の意見を捨ててほしい。
【覚書き|武重は当主の下に管領という役職を置き、その下に内談衆という役職を数名置いた。当主と管領と内談衆の合議で国政を行った】


菊池廉也

アイデアを生み出すためには、一人ひとりが主体的に動かなければなりません。


金美齢

私は子供たちにこう言ったことがあります。「あなたたちに特別な才能があるなら応援する。でも、絵も描けないし、歌が上手いわけでもない。だったら、普通に勉強して、普通に就職するという道を選ぶしかないでしょ」と。最大公約数的な人間には、最大公約数の人生を引き受けるしかありません。もし、我が子が好きなことしかやりたくないと言って仕事に就かなかったりしたら、「甘ったれるな」と叩きだしているでしょう。


秋草直之

これからの企業にとっては、顧客が期待する問題解決や経験、つまりコトをいかに提案・提供できるかがより重要になってくる。


吉田沙保里

4歳の時、試合で同い年の男の子に負けたことがあったんです。そのまま勝ち進んで優勝した彼が首からぶら下げている金メダルを見て、私は欲しくてたまらなくなった。そして父に、「メダルが欲しい!」と泣きながら駄々をこれました。すると父は「あれはスーパーで売ってないし、勝った選手しかもらえない。そんなに欲しいなら帰って練習しなさい。次の試合で勝ったらもらえるから」と私に言い聞かせた。「金メダルが欲しい」。私はその一心で練習し、1年後の同じ大会で優勝しました。私がレスリングに真剣に取り組んだきっかけは、4歳の頃の「金メダルが欲しい」という思いが始まりであり、その動機はずっと変わっていません。「誰にも負けたくない」「金メダルが欲しい」という強い思いが根底にあったからこそ、必死になってこられた。


出井伸之

ルールブレイカーというのは、アウトローという意味ではありません。古いルールを壊して、新しいルールをつくり上げるのが本当のルールブレイカーです。これはきちんと見分けないといけません。


白川保友

社長就任後、まず取り組んだのが管理職を育てていくことです。それまでも管理職研修はありましたが、訓示や指示など上からの話ばかりで、眠気を我慢しながら聞いているのが実態でした。そこで、外部からコンサルタントを招き、事業計画を立てて、それを実行に移していく訓練を積んでもらいました。グループ営業やチーム営業を根付かせて、部長や課長は後輩を育てないと自分たちの成果も上がらない仕組みに切り替えました。ともすると個人主義に走りがちな管理職の意識改革を図ったのです。


川田修(ライフプランナー)

私は社会に対して、「自分が生まれたときよりも、いい社会にしてバトンを渡す」という思いがあります。それができたらと思うと、いつもワクワクするのです。


林高生

分社化の一番大きな理由は、環境が人を創ると考えているからです。ナンバー2が社長の経験をせずに社長職に就くことは簡単ではありません。やはり、社長は経験者でないと分からないことがたくさんある。


島倉大輔

自分に商売の能力があるかどうか不安な人は、ヤフオクなどで試してみるといいでしょう。思ったように売れなければ、どうすればいいか考えることができますし、思ったように売れれば自信になります。そうやって「0」から「1」を生み出す大変さを知ることは、いいトレーニングになります。


小沼大地

小学1年生の国語の授業である文章の感想を聞かれて、少し変わったことを話しました。すると先生は、模範的な回答をしたほかのクラスの子と僕を討論させた。いまでいうディベートです。最初はクラス40人が半分に分かれて議論していましたが、僕の側は1人減り、2人減りで、最後は1対39に。このまま続けると泣いてしまうギリギリのタイミングで、先生が「はい。小沼君に拍手」といってタオルを投げ入れてくれました。授業の後、友達から「おまえ、意外にやるじゃないか」的なことをいわれました。そこで感じたのは、変わった主張でも、それをいい続けると賞賛されることもあるということ。承認欲求が満たされたことが気持ちよくて、それから人と違っても臆せず自分の意見をいい続けることが僕の軸になりました。