名言DB

9490 人 / 112001 名言

ターレス今井の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ターレス今井のプロフィール

ターレス今井、たーれす・いまい。日本の人材コンサルタント。大阪出身。大阪大学大学院(情報工学専攻)修了後、大手IT企業に入社。20代でリーダーに抜擢され数億円規模のビジネス立上げに携わる。その後、キャリッジウェイコンサルティングを設立。共著に『会社とことん活用術』など。

ターレス今井の名言 一覧

日頃から「困った仕事の相談役リスト」を作成しておけばいいでしょう。たとえば、「A先誰は○○分野に強い」「Bさんは○○で結果を出している」などと、相談できそうな先輩社員を、得意分野も併せてリストアップしておくのです。そうすれば仕事で困ったとき、どの先輩に相談すればよいかがすぐわかります。会社ほど相談役に恵まれた環境はないですよ。


後輩や部下にしても、たとえば誰にでもできる仕事を振られるよりも、自分にしかできない仕事で頼りにされるほうが、やる気になるもの。ですから、ただ手が空いている人に頼むというのはやめ、あくまでその仕事が得意そうな人に、「あなただからこそ」という姿勢でお願いすることが大切です。そうすれば、頼まれたほうも悪い気はしないですし、大いにサポートしてくれると思いますよ。


社内の会議室や応接室など自由に使えるスペースは、もっと有効活用すべき。たとえば、社外の講師を招いて講演会を開くのです。場所代もかからないし、企業からの招致なら、講演実績をつくりたい人は安く引き受けてくれるはずです。人事部に相談すれば、会社が経費を負担してくれるかもしれません。


コンサルタントは、業界動向や他社の動きについてわかりやすく説明するプロフェッショナルです。分厚い参考書を読み込まないと理解できないような難しい事象も、コンサルタントなら、「つまりはこういうこと」と、要点を整理して教えてくれるはずです。


どんな会社の営業担当者も、買おうとするお客にもっとも多くの情報を提供するもの。ですから、会社が機器や備品を購入しようとする場合、自分が担当者となって見込み客となり、営業担当者と接するのです。そうすれば、一個人では入手不可能な詳しい新製品の情報や市場動向も、スムーズに聞き出せますよ。


たとえば、人事部に所属する人が、「延べ数万人の採用担当の実績がある」と述べたとします。これは、その会社のスケールメリットがあってこその数字ですが、社外的にも十分通用する実績です。会社の外に出れば自分はどう評価されるか。そう視点をもてば、社内にも利用できる環境はまだあるはずですよ。


社内勉強会をすれば、仕事では接点のない他部署の上役とも個人的つながりができ、普段聞けないような貴重な社内情報も、耳にできるかもしれません。


パソコンソフトなどの修得には、自ら無料講習会を開くといいでしょう。パソコンは、使い方をマスターしたつもりでも、トラブルが起きたときに対処できないなど、体系的なスキルは意外と身についていないもの。そこで、身近なパソコン音痴の人に、一度、仕事で必要なスキルについて無料講習会を開いてあげましょう。すると、自分自身の知識も整理され、他人に喜ばれながらパソコンスキルを高められるわけです。


会社に頼めば、役職とは別に「部長代理」「○○コンサルタント」などの肩書きを付けてもらえるケースがあります。営業マンなどで多くの人と接する人は、肩書きがあるのとないのとでは、多少ですが信用に差が生じます。肩書きがほしい人は、会社に相談してみましょう。


自分が知りたいことや学びたいテーマの情報を効率よく集めたいなら、社内の人同士で社内勉強会を開くといいでしょう。同じテーマに興味がある人に4・5人声をかければ、勉強会は成立します。そして、そのテーマに詳しい人に社内講師をお願いする。会社としても、あくまで仕事のために開いている会ですから、禁止はしないはずですよ。


ターレス今井の経歴・略歴

ターレス今井、たーれす・いまい。日本の人材コンサルタント。大阪出身。大阪大学大学院(情報工学専攻)修了後、大手IT企業に入社。20代でリーダーに抜擢され数億円規模のビジネス立上げに携わる。その後、キャリッジウェイコンサルティングを設立。共著に『会社とことん活用術』など。

他の記事も読んでみる

山口智充

全部をリアルに用意された環境は、僕にとっては「恵まれていない世界」かもしれない。がんじがらめに感じてしまう。むしろ「好き勝手にどうぞ」と丸投げされたほうが恵まれた環境。


佐久間庸和(一条真也)

確かに経営においては数字も大切ですが、私が最も大切にしているのは『人間尊重』という考え方です。


宮本勝文

ワイルドナイツ監督就任当初、我がチームの選手たちは、口では「勝ちたい」と言いながらも、本心では「どうせ日本一は無理だ。こんなもんだろう」と考えているように見えました。「絶対に勝ってやる」という強い気持ちが薄く、すぐ諦めるような空気がありました。そこで、目標を「日本一あるのみ」へと一気に引き上げました。三洋は一度も日本一になったことがありませんでした。でもそれは言い訳にはなりません。選手たちには「先発メンバー全員が日本代表になれるチームを目指したい。お前たちにはそれができる」と檄を飛ばしました。


泉谷直木

いつも扉を開けっ放しにしている社長室には、合計10面分の大判ホワイトボードが置いてあります。僕自身がマーカーで図表や文を書き込んでいます。これも僕にとっての手帳です。「当社の現状と将来に向けた成長ストーリー」と「新商品・新ビジネスのアイデア」を書いています。


石川泰彦

社員一人一人が主体性を持って仕事をし、「自分がソラストを支えている」という意識を持ってほしい。そうなった時、私たちの目標は自ずと実現しているはずです。


加谷珪一

常に先、先を考えて行動する。先につながると思うから楽しいのです。目的もなく過ごしているから、つまらないし、疲れる。


菊地敬一

最初はこんな店ありえないってさんざん言われましたよ(笑)。本屋なのに『主婦の友』も『週刊ポスト』も『女性自身』も置いてない。いわゆる売れ筋のベストセラー本もまったくない。おまけに駐車場には車が二台しか入らない。店にはビリヤード台とアメリカの図書館をイメージしたハシゴがあって、裏山のイチョウの葉をかき集めて店中にバラ撒いたこともありました。掃除のおばちゃんに「誰、こんなところにゴミ捨てたのは!」って怒られたりして(笑)。理性ある経営者のやり方とは違うけど、僕は、僕の店をいいと思って、ほかの店の前を素通りしてうちに来てくれる人が必ずいると信じて疑わなかったんです。高ぶっていましたからね。


中山マコト

ビジネスのターゲットを決める際、属性(年齢、性別、年収、職業など)から考えるのは失敗のもと。属性で見ることは塊で見ること。すると個人を見失ってしまう。そうではなく、「あなたのスキルや強みで誰が助かるのか」「誰が喜ぶのか」そして「誰に喜んで欲しいのか」のかをイメージする。それがターゲットであり、同時にビジネスの目的や使命感に結びつくのです。


田坂広志

ミッションとは、与えられた人生において、己のためだけではなく、多くの人々のために、そして世の中のために、大切な何かを成し遂げようとする決意。


田中良和(GREE)

たとえ同じ戦略であっても早くやればできる。だから相手より早くやるしかない。


大久保真一

私どもは世の中にないようなものは行っていません。米国で成功した事例を、いち早く日本に持ってくるので、失敗がないのです。


馬渡晃

起業直後の小さな失敗は、その後の「致命的な失敗」を防ぐための糧でもあるのです。たとえば、売上の回収ができなかったら、取引先の選び方や回収の方法を変更することで、解決できるかもしれません。思うように集客できないのなら、宣伝方法や価格設定を見直して、一定期間だけテストしてみるのもいいでしょう。