名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ターレス今井の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ターレス今井のプロフィール

ターレス今井、たーれす・いまい。日本の人材コンサルタント。大阪出身。大阪大学大学院(情報工学専攻)修了後、大手IT企業に入社。20代でリーダーに抜擢され数億円規模のビジネス立上げに携わる。その後、キャリッジウェイコンサルティングを設立。共著に『会社とことん活用術』など。

ターレス今井の名言 一覧

日頃から「困った仕事の相談役リスト」を作成しておけばいいでしょう。たとえば、「A先誰は○○分野に強い」「Bさんは○○で結果を出している」などと、相談できそうな先輩社員を、得意分野も併せてリストアップしておくのです。そうすれば仕事で困ったとき、どの先輩に相談すればよいかがすぐわかります。会社ほど相談役に恵まれた環境はないですよ。


後輩や部下にしても、たとえば誰にでもできる仕事を振られるよりも、自分にしかできない仕事で頼りにされるほうが、やる気になるもの。ですから、ただ手が空いている人に頼むというのはやめ、あくまでその仕事が得意そうな人に、「あなただからこそ」という姿勢でお願いすることが大切です。そうすれば、頼まれたほうも悪い気はしないですし、大いにサポートしてくれると思いますよ。


社内の会議室や応接室など自由に使えるスペースは、もっと有効活用すべき。たとえば、社外の講師を招いて講演会を開くのです。場所代もかからないし、企業からの招致なら、講演実績をつくりたい人は安く引き受けてくれるはずです。人事部に相談すれば、会社が経費を負担してくれるかもしれません。


コンサルタントは、業界動向や他社の動きについてわかりやすく説明するプロフェッショナルです。分厚い参考書を読み込まないと理解できないような難しい事象も、コンサルタントなら、「つまりはこういうこと」と、要点を整理して教えてくれるはずです。


どんな会社の営業担当者も、買おうとするお客にもっとも多くの情報を提供するもの。ですから、会社が機器や備品を購入しようとする場合、自分が担当者となって見込み客となり、営業担当者と接するのです。そうすれば、一個人では入手不可能な詳しい新製品の情報や市場動向も、スムーズに聞き出せますよ。


たとえば、人事部に所属する人が、「延べ数万人の採用担当の実績がある」と述べたとします。これは、その会社のスケールメリットがあってこその数字ですが、社外的にも十分通用する実績です。会社の外に出れば自分はどう評価されるか。そう視点をもてば、社内にも利用できる環境はまだあるはずですよ。


社内勉強会をすれば、仕事では接点のない他部署の上役とも個人的つながりができ、普段聞けないような貴重な社内情報も、耳にできるかもしれません。


パソコンソフトなどの修得には、自ら無料講習会を開くといいでしょう。パソコンは、使い方をマスターしたつもりでも、トラブルが起きたときに対処できないなど、体系的なスキルは意外と身についていないもの。そこで、身近なパソコン音痴の人に、一度、仕事で必要なスキルについて無料講習会を開いてあげましょう。すると、自分自身の知識も整理され、他人に喜ばれながらパソコンスキルを高められるわけです。


会社に頼めば、役職とは別に「部長代理」「○○コンサルタント」などの肩書きを付けてもらえるケースがあります。営業マンなどで多くの人と接する人は、肩書きがあるのとないのとでは、多少ですが信用に差が生じます。肩書きがほしい人は、会社に相談してみましょう。


自分が知りたいことや学びたいテーマの情報を効率よく集めたいなら、社内の人同士で社内勉強会を開くといいでしょう。同じテーマに興味がある人に4・5人声をかければ、勉強会は成立します。そして、そのテーマに詳しい人に社内講師をお願いする。会社としても、あくまで仕事のために開いている会ですから、禁止はしないはずですよ。


ターレス今井の経歴・略歴

ターレス今井、たーれす・いまい。日本の人材コンサルタント。大阪出身。大阪大学大学院(情報工学専攻)修了後、大手IT企業に入社。20代でリーダーに抜擢され数億円規模のビジネス立上げに携わる。その後、キャリッジウェイコンサルティングを設立。共著に『会社とことん活用術』など。

他の記事も読んでみる

吉川廣和

伝統、安定、信頼などは歴史ある会社のメリットかもしれない。しかし裏返せば、それは慢心、驕りの温床になる。


宇佐神慎

当社には営業がいませんが、実績により紹介の輪が広がり、今期売り上げも対前期比20%増の見込みです。今後も社員のスキルと人格を磨き、顧客に一層必要とされる企業となれるよう努力します。


村上龍

食べたいのにガマンするのか、それとも、よく考えたら今こんなに食べなくてもいいのではないかと思うのか、やることは同じでも考え方でだいぶ違うような気がします。具体的に、私は、夜食を止め、間食を止め、朝方まで酒を飲んだりすることを止め、運動は続ける、という感じで、少しずつ体重を落としました。


樋口裕一

異なる価値観を持つ人を理解するための訓練に、いろいろな価値観の集積の場である新聞の投書欄を利用することをお勧めします。そこに掲載されている記事を読むだけでも、職業や年齢によってずいぶん違う考え方があることがわかるはずです。さらに思考を深めようと思うなら、自分とは最も遠い意見を選んで、賛成と反対、両方の立場に立ち、それぞれ根拠を2つずつ挙げるということをやってみるといいでしょう。これが自然にできるようになれば、どんな価値観の人の話も正確に聞けるし、自分のことも客観視できるようになります。


川村益之

私は誰もが「あのクライアントは無理だ」と言うような客先にも、進んで営業に行きました。今でもよく覚えているのは、あるメーカー様から初めて契約をいただいた時のこと。社長のご学友が経営する旅行代理店が、その会社の社員旅行やイベントをすべて請け負っていたので、弊社の営業は誰もが諦めていたのです。しかし私は7年かけて、そこを開拓しました。最後の最後は直談判でした。情報を集めるうち、実際に決定権を持つのは副社長だとわかったので、会議がある日を聞き出して、廊下で待ち伏せしたのです。会議室から出て来た副社長に直接話しかけ、名刺と企画書をお渡ししたら、「そこまで言うなら担当の部長を紹介するよ」と言ってくださって、そこから契約を勝ち取ることができました。あとでご本人から、「約束なしで会いに来るなんて失礼だよ」と叱られましたけれどね。でも、このときは私の情熱を感じてくださったのでしょう。以来、その会社とはおつきあいが続いています。これぞ仕事の醍醐味ですよね。


ビル・ゲイツ

学校では教えてくれない人生で役に立つ11のルール

  1. 人生は公平ではない。それに慣れよ。
  2. 世界は君の自尊心を気にかけてはくれない。君の気分に関係なく世界は君が仕事を終わらせることを期待している。
  3. 高校を出てすぐ6万ドルの年収を稼ぎはしない。携帯電話(当時は高かった)を持った副社長にもならない。自分で両方を稼ぎ出すまでは。
  4. 先生が厳しすぎると思うなら、上司を持ってみろ。
  5. ハンバーガーを引っくり返すということは沽券(こけん)にかかわることではない。君たちの祖父母はハンバーガーを引っくり返すことを別の表現を使った。それはチャンスと呼ばれた。
  6. 君が失敗したらそれは両親のせいではない。文句を言わずに学べ。
  7. 君らが生まれる前は、君らの両親は今のように退屈な人たちではなかった。そんな風になったのは、君らのために支払いをし、服を洗い、君らがどんなにいけてるか、という自慢を聞いているうちにそうなったのだ。親の時代から生存する寄生虫から森を守る前に、自分の洋服ダンスのダニ駆除から始めよう。
  8. 学校は勝者・敗者を決めなくなったかもしれないが、人生は違う。学校によっては君が落ちこぼれないようにしてくれたり、正しい答えが導き出せるまで、何度でも機会をくれる。実際の人生とは全く似ても似つかない。
  9. 人生は学期ごとに分けられていない。夏休みは無いし、ほとんどの雇用主は君が自分を見出すことに興味を持たない。それは自分の時間にやれ。
  10. テレビは本当の人生ではない。 現実では、人は喫茶店にいつまでもいられるわけはなく、仕事に行かなくてはいけないのだ。
  11. オタクには親切にしよう。彼らの下で働く可能性が高い。

【覚書き|上記はビル・ゲイツの創作ではなく、チャールズ・J・サイクスの著書「Dumbing Down Our Kids」から一部を引用したものと言われている。】


小原芳明

ある時、私が芸術系の教員とSTEM(科学・技術・工学・数学)教育の話をしていると、彼が「これからの玉川では芸術は軽視されるのではないか」と言って寂しそうな顔をしました。でも、そこで彼と話したのは、どんなに製造業が発達したとしても、その器に美的センスがなければ世界で勝負できないということでした。今の日本の工業製品が苦戦しているのはまさにそれが原因で、性能ははるかにいいのに単なる器になってしまっているために、人気のある海外製品のように、感性をくすぐるものがないのです。だから、やはりアートは必要です。


梅原勝彦

私は、自分の子どもたちには会社の仕事をさせませんでした。それは子どもの出来が悪いからではなく、私が子煩悩で、社員と同じように厳しく接することができないと思ったからです。ただし、できるなら世襲のほうがいい。他人を経営者に育てるには、余計な手間がかかるからです。それが二代目、三代目なら、錦の御旗があるので社員もついていきやすい。だから、同じかちょっと劣る程度の能力があるなら、世襲のほうがいいと思います。たとえば会社が経営難に陥ると、他人なら放り出してしまうこともありますが、子どもならがんばれる。ただ、この場合も、いつでも他人に継げるいい会社にしておくという条件つきです。


樋口泰行

従来通り、優れたコアプロダクツを開発する一方で、そこに新しい要素技術やサービスを組み合わせたソリューションとして、より高い付加価値をお客様に提供していく。これには、商品ありきのプッシュ型発想からの脱却が必要。


村尾信尚

三重県知事選投票日まで、まだ2か月もあるのに、「ああ、これでは勝てないな」と感じた瞬間、はじめて「心が渇いていく」というのを覚えましたね。「お前、いったい何のために選挙に出たんだ?」という声が自分の中から聞こえてきたんですよ。「知事になりたいからか? ちがうだろう。世の中を変えたいからだろう」って。「知事になるのは『世の中を変えるため』の手段であって、目的じゃないんだから。仮に選挙に負けても、その志を貫けば、明日に道がつながっていくんじゃないか」という内なる声を聞いたら、もの凄い元気が出てきたんです。


能町光香

毎朝オフィスに足を踏み入れたときに「挨拶」と「観察」を忘れないことも大事です。一人ひとりと言葉を交わし、表情を確認しましょう。仕事が問題なく進められているか、困っていることはないかを見て取り、必要に応じて「最近調子どう?」と声をかけましょう。「あなたをきちんと見ています」という態度は、必ず相手の心に響きます。


西野精治

24時間営業のコンビニや飲食店、街のネオンでまるで不夜城。「眠らない」街は、「眠れない」日本人を多く生み出している。大人の睡眠時間減少に引きずられ、子供の睡眠時間も減っています。満員電車はイライラとキレる大人であふれ、学校では情緒不安定や居眠りし続ける子が増えている。うつ病や不登校などの問題も、睡眠と無関係ではありません。