ターレス今井の名言

ターレス今井のプロフィール

ターレス今井、たーれす・いまい。日本の人材コンサルタント。大阪出身。大阪大学大学院(情報工学専攻)修了後、大手IT企業に入社。20代でリーダーに抜擢され数億円規模のビジネス立上げに携わる。その後、キャリッジウェイコンサルティングを設立。共著に『会社とことん活用術』など。

ターレス今井の名言 一覧

日頃から「困った仕事の相談役リスト」を作成しておけばいいでしょう。たとえば、「A先誰は○○分野に強い」「Bさんは○○で結果を出している」などと、相談できそうな先輩社員を、得意分野も併せてリストアップしておくのです。そうすれば仕事で困ったとき、どの先輩に相談すればよいかがすぐわかります。会社ほど相談役に恵まれた環境はないですよ。


後輩や部下にしても、たとえば誰にでもできる仕事を振られるよりも、自分にしかできない仕事で頼りにされるほうが、やる気になるもの。ですから、ただ手が空いている人に頼むというのはやめ、あくまでその仕事が得意そうな人に、「あなただからこそ」という姿勢でお願いすることが大切です。そうすれば、頼まれたほうも悪い気はしないですし、大いにサポートしてくれると思いますよ。


社内の会議室や応接室など自由に使えるスペースは、もっと有効活用すべき。たとえば、社外の講師を招いて講演会を開くのです。場所代もかからないし、企業からの招致なら、講演実績をつくりたい人は安く引き受けてくれるはずです。人事部に相談すれば、会社が経費を負担してくれるかもしれません。


コンサルタントは、業界動向や他社の動きについてわかりやすく説明するプロフェッショナルです。分厚い参考書を読み込まないと理解できないような難しい事象も、コンサルタントなら、「つまりはこういうこと」と、要点を整理して教えてくれるはずです。


どんな会社の営業担当者も、買おうとするお客にもっとも多くの情報を提供するもの。ですから、会社が機器や備品を購入しようとする場合、自分が担当者となって見込み客となり、営業担当者と接するのです。そうすれば、一個人では入手不可能な詳しい新製品の情報や市場動向も、スムーズに聞き出せますよ。


たとえば、人事部に所属する人が、「延べ数万人の採用担当の実績がある」と述べたとします。これは、その会社のスケールメリットがあってこその数字ですが、社外的にも十分通用する実績です。会社の外に出れば自分はどう評価されるか。そう視点をもてば、社内にも利用できる環境はまだあるはずですよ。


社内勉強会をすれば、仕事では接点のない他部署の上役とも個人的つながりができ、普段聞けないような貴重な社内情報も、耳にできるかもしれません。


パソコンソフトなどの修得には、自ら無料講習会を開くといいでしょう。パソコンは、使い方をマスターしたつもりでも、トラブルが起きたときに対処できないなど、体系的なスキルは意外と身についていないもの。そこで、身近なパソコン音痴の人に、一度、仕事で必要なスキルについて無料講習会を開いてあげましょう。すると、自分自身の知識も整理され、他人に喜ばれながらパソコンスキルを高められるわけです。


会社に頼めば、役職とは別に「部長代理」「○○コンサルタント」などの肩書きを付けてもらえるケースがあります。営業マンなどで多くの人と接する人は、肩書きがあるのとないのとでは、多少ですが信用に差が生じます。肩書きがほしい人は、会社に相談してみましょう。


自分が知りたいことや学びたいテーマの情報を効率よく集めたいなら、社内の人同士で社内勉強会を開くといいでしょう。同じテーマに興味がある人に4・5人声をかければ、勉強会は成立します。そして、そのテーマに詳しい人に社内講師をお願いする。会社としても、あくまで仕事のために開いている会ですから、禁止はしないはずですよ。


ターレス今井の経歴・略歴

ターレス今井、たーれす・いまい。日本の人材コンサルタント。大阪出身。大阪大学大学院(情報工学専攻)修了後、大手IT企業に入社。20代でリーダーに抜擢され数億円規模のビジネス立上げに携わる。その後、キャリッジウェイコンサルティングを設立。共著に『会社とことん活用術』など。

他の記事も読んでみる

高橋秀明

肩書や年功序列、社内のしきたりや部門間の壁……。これらが無言の圧力となり、社員の個性や創造力を抑圧してるのではないか。もちろん、日本的経営の良いところは残すべきですが、経営者は余程気をつけなくてはいけない。


宇治則孝

思い出深いのは日本IBMとの共同出資会社やテレフォンカード事業です。銀行や商社、メーカーなど外部の人たちと議論を重ねました。彼らがよく使うFS(フィージビリティー・スタディー=事業化調査)という言葉を当時私は知りませんでした。毎年予算を立てて計画経済的に事業を進めるNTTには、FSの発想がなかったのですね。他業種の人々との接触は新鮮な驚きの連続でした。


兼子勲

5・6年前から、あえて不具合をホームページに出しています。とくに技術部門の人というのは、トラブルがあると自分で何とか解決策を見出したいと思って閉じこもることがあるんです。だからそうじゃないと。悪いことをみんなで共有しよう、外に開示しようということをやってきたわけです。


ジェイ・エイブラハム

あなたがお金を得ることを目的にしている限り、決してあなたがお金持ちになることはない。仕事を通して、あなたと接する人に何かしら価値を届けることで、少しずつ豊かになっていく。


ヨルゲン・ランダース

重要なのは誰の立場から物事を見るかでしょう。


熊平美香

自分のの世界観だけを頼りにせず、会社あるいは部門全体から自分の仕事をとらえることが大切です。会社や部門にはビジョンやミッションがあり、それを実現するための戦略があり、それを形にした経営計画があります。それに紐づいてあなたの部の今期目標があり、それを達成するために個々の仕事があるのです。その全体像をまず把握したうえで、あなたの上司はどんな役割を担っているのか、あなたは何を期待されているのかを考えてみましょう。期待に応えていると自由を与えられるようになり、自分のやりたい仕事もできるようになります。


山口絵理子

いくら夢や希望を熱く語っても、当社は製造・小売業なのですから、結果を出せるスキルがなければ戦力にはなりません。


井上英明

自分の貴重な人生を、会社の求める成果やノルマのために消費するのはもったいない。自分の成長を軸に考えるなら、成果に重きを置くのではなく、成果を達成するプロセスの中で何を学ぶかが重要でしょう。成果が達成できなければ、自分の何かが未熟だということだから、どこを変えれば成績が上がるかを考える。そうすれば、仕事を通して学ぶことができるでしょう。


ジン・コー

当社の強みは、日本の職人のプライドとシステムの合理性を組み合わせ、サンフランシスコのエンジニアが仕組みを作り運営していること。


尾山基

スポーツは1人でやろうが、チームでやろうが、ファイティングスピリットがなかったら無理です。なんぼ上がチャレンジしろと言ったって、本人の気持ちが最初に行かなくちゃ、チャレンジもできません。


兼元謙任

よくトップアスリートがプラスの言葉を意識的に使うようにしているじゃないですか。あれは、言葉には一種の自己暗示効果があり、本当にその通りになっていくことを、彼らがよく知っているからなんです。


三木田國夫

取引先の満足が当社の売上高になり、利益となります。それが当社の伝統です。


森川亮

人脈づくりで一番大事なのは、自分に何らかの価値がないといけない、ということ。相手にとって、自分とつき合うことに何かメリットがないと、次につながらない。自分の価値を高めることが、人脈を広げるスタート。


佐々木正悟

気の重い作業でも、その作業のすべてが苦手というケースはそう多くないはずです。ひとつの作業の中には様々な要素が含まれているものです。たとえば「引出しの中を整理する」といった項目ならば、その中に「名刺を整理する」「不要になった書類を捨てる」などといった要素があります。それをひとつひとつリストアップするのです。ひとつの作業が5分以内に完了するくらい細分化するのが望ましいですね。そして完了したところからチェックマークを付けていきます。


宮内義彦

一流の人の言葉は値千金です。一冊の本を読むよりはるかに少ない時間で、何倍もの有益な情報が得られます。


ページの先頭へ