名言DB

9412 人 / 110637 名言

タムラカイの名言

twitter Facebook はてブ

タムラカイのプロフィール

タムラカイ。日本のデザイナー、ラクガキコーチ、ブロガー。京都府出身。美術系大学卒業後、富士通デザインに入社。インハウスデザイナーとして勤務しながらブログ「タムカイズム」を運営。ラクガキノート術を提唱。

タムラカイの名言 一覧

絵は「伝える力」が非常に高い。文章だけでは素通りしてしまう情報も、絵を添えればポイントが引き立ち、印象が格段にビビッドに。言葉では表現できないニュアンスも伝えられる。


夢や目標を絵で表わすと、感情が乗ります。感情が乗ると、やる気も出ます。先々のイメージが明確になるので、チャンスが来たときの対応も機敏になります。


一番簡単な入口は、メールの「絵文字」を意識すること。「笑顔」「困り顔」「やる気になっている顔」など、いずれもごく単純ですね。これらの表情を描き加えていくだけで、イマジネーションが大きく広がります。


アイデア創造のためには、まず「ゴールイメージ」から絵にすると良いでしょう。たとえばゴールが「顧客満足」なら、喜んでいるお客様の絵。「この店に来てよかった!」といったセリフを添えるとなお良いでしょう。そして、このゴールに至った理由は何かを想像します。スタッフの丁寧な接客なのか、陳列なのか、商品デザインなのか。そこからさまざまな発想が湧き、具体的なアイデアへとつながっていきます。


メモや記録に、「絵」の要素を入れる「ラクガキノート」は一見ビジネスにはそぐわないようで、実は大きな効用があります。一つは「観察力」が磨かれること。顧客、同僚、時には自分を絵にしようとすることで、それぞれの「本音」と向き合う姿勢が備わります。その結果、「想像力」も磨かれます。相手のニーズを深く考えるので、提案や企画のクオリティも上がります。


タムラカイの経歴・略歴

タムラカイ。日本のデザイナー、ラクガキコーチ、ブロガー。京都府出身。美術系大学卒業後、富士通デザインに入社。インハウスデザイナーとして勤務しながらブログ「タムカイズム」を運営。ラクガキノート術を提唱。

他の記事も読んでみる

奥井規晶

原稿執筆などは、土日に手を付けることもありますが、それは仕事と思っていません。楽しみのひとつとしてやっているから続くのだと思います。


ホルスト・シュルツ

従業員は顧客と対等です。自分に誇りを持ちエクセレンス(卓越したレベル)を実行している限りは。


川村隆

私自身は、電力システムの事業を担当している頃、世界各地でGEやシーメンスなどと競争し、彼らの強さを肌で感じていました。後任の中西宏明社長も米国でハードディスクドライブ事業の経営を担い、世界ナンバー1やナンバー2の競合たちとぶつかり合っていましたから、私同様に、自分たちがいかに世界レベルの強さを身につけるかという点に強い思いを持っています。ところが国内が主戦場である事業部門の人たちと話をしていると、なかなかそういう話題にならない。しかし、日本の市場はだんだん縮小していくわけで、この後世界でいろいろなことをやっていかなければ、きっと負ける。それこそが日立の今後の改革の重要な眼目なのです。


九鬼政人

突き詰めてみれば、「お金」と「時間」こそが、人間誰もが持っている資源だと言えるのではないでしょうか。


富野由悠季

体感することなくして情報を手に入れるということは、人を誤らせるのです。インターネットにアクセスするのは、よほど大人にならないとやってはいけないと思います。分別がつかない子供の段階でパソコンを使うこと、また率先してパソコンを授業に導入している学校が多いようですが、肝心の教師がネット上での倫理問題などに関してそもそも知らないのですから、情報の怖さを知らない子供たちにうかつにそういうことをさせるのは危険なことです。


野村忠宏

私は決して最初から才能があったわけでなく、周囲の支えがあってここまで成長でき、今なお競技を続けることができています。自分にとって財産になる人との出会いや言葉を大切にし、その道をとことん追求することが、成功へのカギなのかもしれません。


村尾隆介

ホンダって、そもそもマーケティング部ってないんです。全員マーケッターであって当たり前という考え方で、営業とマーケティングを常に兼ねるんです。そして、その中でも僕は、いわゆるアラブ諸国の担当でした。イスラム教に詳しかったわけでもないんですけど。あっちって、基本的にお酒を飲まないじゃないですか。僕もお酒を飲まないので、「こいつはイスラム諸国の担当いけそう」と思われたみたいです(笑)。


丸山茂樹(プロゴルファー)

渡米にあたっては、ジャンボ(尾崎)さんの存在も背中を押してくれました。日本でプレーを続けても、ジャンボさんの通算113勝という大記録を超えるのは不可能だと思った。であれば、あのジャンボさんでも成し遂げられなかった米国での勝利に挑もうと視点を変えたんです。


小野裕子(ファイリング・コンサルタント)

使わなくなった書類はすべて捨てましょう。「必要な書類だけが手元にある状態」がゴール。片づけ下手のビジネスパーソンならば、机にある書類の半分近くは捨てることになるでしょう。


小寺春樹

社長業はこんなものだと思ったら終わり。


尾山基

鬼塚(喜八郎、アシックス創業者)さんも言っていた「頂上作戦」をやっています。頂上とは、日本ではオリンピック選手だし、世界でいくと世界記録を出している選手ですね。このトップラインは、ナイキもアディダスも勝てるかどうかの難しい世界ですよ。そこで選手のニーズをくみ取って、徹底的に技術と商品を磨く。頂上がとれれば、その後で中間層も追随します。そうやって商品は浸透するんです。


小川仁志

哲学書でも、いきなり古典を読もうとすれば、1年はかかります。まずは入門書で予備知識を得てから古典に進めば、1か月程度で読めるでしょう。2冊も読むのは効率が悪いと思うかもしれませんが、途中で挫折せず思考を深めるには、入門書から入るのがお勧め。


福田健(話し方)

謝罪しなくてはならない状況になったとき、これ以上のマイナスを食い止め、場合によってはプラスに転ずるチャンスをつかむことは可能。謝り方次第では、互いの人間関係が強化され、かえって信頼関係を深められる可能性が見えてくることもある。


宮根誠司

まず、一緒に番組を作っている出演者、スタッフが仕事をしていて「いま、めっちゃおもろいわ」と感じてくれることが大事。みんなで一緒に温泉へ行こうと企画したり、率先してチームで動くように心がけてます。遊ぶ時は一緒に弾けるし、ADもプロデューサーも関係なく、面白がる。それはひとつ、仕事のルールにしていることですね。


酒巻久

重要なのは、ドラッカーの言う「選択と集中」です。まさに、選択しなければなりません。ただ、日本の企業が間違っているのは、選択できない人に選択させていることです。選択できる人を育成する必要があります。