名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

タムラカイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

タムラカイのプロフィール

タムラカイ。日本のデザイナー、ラクガキコーチ、ブロガー。京都府出身。美術系大学卒業後、富士通デザインに入社。インハウスデザイナーとして勤務しながらブログ「タムカイズム」を運営。ラクガキノート術を提唱。

タムラカイの名言 一覧

絵は「伝える力」が非常に高い。文章だけでは素通りしてしまう情報も、絵を添えればポイントが引き立ち、印象が格段にビビッドに。言葉では表現できないニュアンスも伝えられる。


夢や目標を絵で表わすと、感情が乗ります。感情が乗ると、やる気も出ます。先々のイメージが明確になるので、チャンスが来たときの対応も機敏になります。


一番簡単な入口は、メールの「絵文字」を意識すること。「笑顔」「困り顔」「やる気になっている顔」など、いずれもごく単純ですね。これらの表情を描き加えていくだけで、イマジネーションが大きく広がります。


アイデア創造のためには、まず「ゴールイメージ」から絵にすると良いでしょう。たとえばゴールが「顧客満足」なら、喜んでいるお客様の絵。「この店に来てよかった!」といったセリフを添えるとなお良いでしょう。そして、このゴールに至った理由は何かを想像します。スタッフの丁寧な接客なのか、陳列なのか、商品デザインなのか。そこからさまざまな発想が湧き、具体的なアイデアへとつながっていきます。


メモや記録に、「絵」の要素を入れる「ラクガキノート」は一見ビジネスにはそぐわないようで、実は大きな効用があります。一つは「観察力」が磨かれること。顧客、同僚、時には自分を絵にしようとすることで、それぞれの「本音」と向き合う姿勢が備わります。その結果、「想像力」も磨かれます。相手のニーズを深く考えるので、提案や企画のクオリティも上がります。


タムラカイの経歴・略歴

タムラカイ。日本のデザイナー、ラクガキコーチ、ブロガー。京都府出身。美術系大学卒業後、富士通デザインに入社。インハウスデザイナーとして勤務しながらブログ「タムカイズム」を運営。ラクガキノート術を提唱。

他の記事も読んでみる

ジャック・ウェルチ

人事採用の判断においては、自制心を奮い起こして自分の直感を疑い、その直感を再度確認するように部下に言うべきだ。そして、あなた自身もそうすべきだ。候補者の追加データをかき集めること。履歴書だけでは駄目だ。照会の電話をして、ちゃんと聞く耳を持つようにすることだ。プラスとマイナスが入り混じったメッセージだったり、不快な話のときには、とくにしっかりと聞かなくてはならない。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

収入を増やすのはなかなか難しいですが、支出は全て自分にかかっています。支出をコントロールする力は、年金生活に入ってから生活レベルを落とさなければならなくなった時にも威力を発揮しますしね。そういう基礎力が身に付いていれば「老後のために運用しなくては」という強迫観念に駆られる必要はないはずです。普通はね。


中山幸市

問題は、名もない太平住宅に、果たして加入申込者が現れてくれるかどうかだった。事実、過去の実績を示そうにも、建築した家のサンプルがないし、客は「金を払っても、本当に家を建ててくれるのか」と二の足を踏むのが多かった。結局、それを打ち破ったのは、セールスと宣伝であった。はじめの1、2軒が建築されたところで、これを客に見せ、契約をとる。その契約で完成した家をまた次の客へ……。こうして、建築の実績と宣伝の循環方式で加入申込者を開発していった。


夢枕獏

なんとなく字を書いていたら一冊になりましたということはない。本を書こうと思い、言葉を埋めていった人だけが完結させることができる。


阿部サダヲ

僕は役者に憧れていたわけではないんです。高校を卒業した後、家電量販店に就職して普通に働いてました。だから、「大人計画」に入るまで演技経験もなかった。でも、その「知識も経験もないこと」が、いい意味で僕の強みになりました。


一宮忠男

現実に当社の役員は若いです、同規模の他社に比べれば。30代の役員もいますし、40代の取締役が非常に多い。能力のある人をどんどん登用していくためには、公平な人事評価が欠かせません。そのための制度が有資格制度であり、誰でもチャレンジできる。そして、正当な人事評価を受けられます。また、当社には改善提案制度というものがありますが、これも社員のモチベーションを高め、経営参加をしていくという意味から非常に重要なことであると考えています。これらは一例ですが、さまざまな面において、企業理念を具体化していくことが重要ではないでしょうか。


中村天風

特に知っておきたいことは、生活の情味というものは、楽しい事柄のなかにのみあるものではない。悲しいことのなかにもある。


片田珠美

相手の嫌がる言葉を平気で投げつける人には2つのタイプがある。一つは想像力が欠如している人。過去の成功体験や社会的な実績があって、絶対に自分は正しいと信じて疑わない。だから、自分が発した言葉を相手がどう受け止めるのか、どんな感情を抱くのか、想像できないのです。もう一つのタイプは逆で、自分に自信がない人。たとえば学歴にコンプレックスを抱えていたら、さらに下の学歴の人をバカにして、自分が上だと認識する。自分の価値を相対的に上げるために、相手を貶めようとするんですね。


尾崎元規

いまは必ずしも無借金が最善という時代ではないと思います。ある程度の借入金があってもキャッシュフローが厚ければいい。カネボウ化粧品がグループに加わってキャッシュフローは増えました。それを再投資して企業価値を上げ、将来の成長に結びつける経営が大事です。


三田紀房

「徹夜ゼロ、残業ゼロ」を打ち出したことでスタッフ側からも効率化の改善案が出るようになりました。たとえば昼休みの廃止。それまではみんなで決まった時間に昼食をとっていたのですが、各自が好きな時間に休むほうがいいとの意見を採用しました。また、漫画の背景部分を手描きからデジタルに切り替えたのもスタッフの発案です。


中山泰男

社長と常務とでは景色が違う。常務の時も言うべきことは言いましたが、やはり自分のラインを重視していました。社長は気持ちと責任範囲が違います。最後までやり遂げなければなりません。


内藤廣

坂口安吾は『日本文化私観』の中で、たとえ桂離宮や法隆寺がなくなったとしても、日本文化にとってはどうということはない、と言っています。過激な言い方ですが、一理あります。日本の文化は我々の暮らしの中や精神そのものにあるのだから、というわけです。日本人の美意識、何でもない空間に特別な意味を与える発想こそが重要だということです。