タムラカイの名言

タムラカイのプロフィール

タムラカイ。日本のデザイナー、ラクガキコーチ、ブロガー。京都府出身。美術系大学卒業後、富士通デザインに入社。インハウスデザイナーとして勤務しながらブログ「タムカイズム」を運営。ラクガキノート術を提唱。

タムラカイの名言 一覧

絵は「伝える力」が非常に高い。文章だけでは素通りしてしまう情報も、絵を添えればポイントが引き立ち、印象が格段にビビッドに。言葉では表現できないニュアンスも伝えられる。


夢や目標を絵で表わすと、感情が乗ります。感情が乗ると、やる気も出ます。先々のイメージが明確になるので、チャンスが来たときの対応も機敏になります。


一番簡単な入口は、メールの「絵文字」を意識すること。「笑顔」「困り顔」「やる気になっている顔」など、いずれもごく単純ですね。これらの表情を描き加えていくだけで、イマジネーションが大きく広がります。


アイデア創造のためには、まず「ゴールイメージ」から絵にすると良いでしょう。たとえばゴールが「顧客満足」なら、喜んでいるお客様の絵。「この店に来てよかった!」といったセリフを添えるとなお良いでしょう。そして、このゴールに至った理由は何かを想像します。スタッフの丁寧な接客なのか、陳列なのか、商品デザインなのか。そこからさまざまな発想が湧き、具体的なアイデアへとつながっていきます。


メモや記録に、「絵」の要素を入れる「ラクガキノート」は一見ビジネスにはそぐわないようで、実は大きな効用があります。一つは「観察力」が磨かれること。顧客、同僚、時には自分を絵にしようとすることで、それぞれの「本音」と向き合う姿勢が備わります。その結果、「想像力」も磨かれます。相手のニーズを深く考えるので、提案や企画のクオリティも上がります。


タムラカイの経歴・略歴

タムラカイ。日本のデザイナー、ラクガキコーチ、ブロガー。京都府出身。美術系大学卒業後、富士通デザインに入社。インハウスデザイナーとして勤務しながらブログ「タムカイズム」を運営。ラクガキノート術を提唱。

他の記事も読んでみる


宮嶌裕二

当社はリアルとの融合をテーマに、スマホを使った新しいユーザー体験の実現を目指しています。ユーザーが増えれば増えるほど、旅行や街歩きが増えるので地方観光にも貢献でき、地方創生にも役立つサービスになっています。


鈴木貴博(コンサルタント)

知識の幅を広げるポイントとしては、他業種の事例、エンターテイメントやスポーツなどビジネスとは別の世界の事例、外国の事例にアンテナを張ることです。とくに、ヨーロッパや新興国について知っておくのがお勧めです。日本と米国のことはよく知っている人が多いのですが、ヨーロッパや新興国についてよく知っている人は少ないからです。


國貞克則

勉強の目的は、何も知識を増やして視野を広げるだけではありません。勉強することの最大の効用は論理性を高めることです。論理性がないと、コミュニケーション能力が向上しません。また、世の中や仕事の複雑な仕組みも理解できないのです。


アンソニー・メイヨー

私は経営哲学が絶対に必要であるとは思っていません。なぜなら、これらがなくても成功した企業の事例は世界中に数多くあるからです。ただし、哲学があれば社員を導き、鼓舞するための大きな助けになると思う。哲学は、すべての従業員に主体的な目標を与えるからです。


丹羽宇一郎

あくまでも一部の出来事にすぎず、だからこそメディアが取り上げる。現場を自分の目できちんと確認することです。自分で判断を下す人には、とくにこれが必要でしょう。
【覚書き|マスメディアが流す情報が現場と乖離していることがよくあり、実際に現場に行かないと本当のことはわからないという趣旨の発言】


落合寛司

経済が悪い、政治が悪い、デフレでは無理だ、といった具合にうまくいかない理由を探すことは簡単。でもそれでは何も解決しない。そうではなく、自責の心で考える。うまくいかないのは自分に責任がある。だったら自分を変えればうまくいくはずだ。そう考えていくと解決策も見つかりますし、何をやるべきなのかが見えてくる。我々の業績が伸びているのは、その結果です。


藤原作弥

万物は流転し、その中で君子も豹変する。西洋と東洋の哲学を合わせて考えるのが中央銀行だと記者時代から感じていました。


ページの先頭へ