名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

タナカノリユキの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

タナカノリユキのプロフィール

タナカノリユキ。日本のアーティスト、アートディレクター、映像ディレクター。「タナカノリユキアクティビティ」代表。東京芸術大学美術学部卒業、東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。幅広い分野で活躍した。

タナカノリユキの名言 一覧

私は仕事をする上で、「価値を変換する力」を大事にしています。ユニクロのときもファッションと生活文化の新しい価値を創るつもりでブランディングをしていました。価値の変換に立ち会えるというのは、代え難い体験ですよ。


僕は裏があるような企業さんとは仕事をしません。以前、10年間ほどユニクロのブランディングをしましたが、そのときも、「現地の労働条件を確かめるために、中国の工場を見せてほしい」と社長の柳井正さんに言って、何カ所も現地の工場を見てきました。


社会は、自分達だけが儲かればいい、じゃないですよね。利他主義や共存共生というか、まずは人のために、というスタンスが企業のカタチとして新しいと思います。そんな企業じゃないとみんな応援しないし、極端に言うと株も上がらない。社員の方々のモチベーションも、そこにあるのでしょうね。


タナカノリユキの経歴・略歴

タナカノリユキ。日本のアーティスト、アートディレクター、映像ディレクター。「タナカノリユキアクティビティ」代表。東京芸術大学美術学部卒業、東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。幅広い分野で活躍した。

他の記事も読んでみる

荻原規子

生きていくためには現実に絡め取られない何かがすぐ隣にあるということを想定したほうが世界のすべてに絶望した時にも、まだ残るもの何かを抱えていられると思う。


平塚俊樹

少しでも似ていれば、商標登録されていようがいまいが喧嘩を売られるのが世界標準。海外の法廷での訴訟に加え、報道機関へのリークも含めたありとあらゆる手段で攻め立てられる。懲罰的賠償を上乗せする国もある。


高橋是清

どんな失敗をしても、窮地に陥っても、自分にはいつか強い運が向いてくるものだと気楽に構え、前向きに努力した。


橋本治

いまの若い人たちが絶望的になりやすいのは、今日がどうやって明日につながるかについては考えないまま、「あんまり変わらない明日しかないよ」と思い込んで「さらに、じゃあ」と10年後や20年後を見てしまうからなんでしょうね。でも、そもそもそんなふうに未来の虚無みたいなものを見てしまうのは自分の現在に立脚できていないからであって、今日できることをやることが、少しずついい明日をつくっていくことにつながるんじゃないの、と思うしかないわけです。


吉村崇

30歳を目前にして、学歴もない、手に職もない。いったい、どうすりゃいいんだ……って。いや、危なかったわぁ、ホント、危なかった(笑)。たまたまフジテレビの「(株)世界衝撃映像社」の「ホームステイin部族」という企画で注目されて、なんとか生き残ることができましたけどね。不思議なもんですよ、なにが縁で売れたりするのか。それまで売れる一番の近道って、漫才だったり、コントの大会で優勝することだったんです。当時は、「キャラクターだ」「リズムネタだ」と流行がおこると、芸人がみんな、石が飛んだ方向を向く時代だったけど、まさか「部族」とは誰も思わないでしょ(笑)。難しいですよ。


廣瀬禎彦

ビジネスマンに勧める2つの情報収集法。

  1. 一般的な情報を定点観測する。
    科学技術や経済の動きについて、オピニオン(意見)が定まった雑誌を読むのがいいでしょう。オピニオンが定まっていないと定点観測にならず、状況の変化に気づきにくいからです。
  2. テーマとしていることに特化した情報を、専門書から得る。

この2つをしていれば、論理思考に必要な情報は、ほぼ揃うだろうと思います。


澤上篤人

先行して自助努力を重ねた企業は、どんどん成果を上げだす。一方、大多数の企業はただただ口を揃えてビジネス環境が厳しい、政府は何とかしてくれと言う。マスコミはそれを見て景気は腰折れだとか言って騒ぐ。そのうち、先行した企業に煽られてようやく前向きに動き出す企業が増え始める。モタモタしていると、どんどん差をつけられ、下手すると脱落を余儀なくされる。その恐怖感から、しぶしぶ自分も頑張ろうとなる。この段階に入って、ようやく景気上昇のピッチが速まり始める。これまでは他人任せで何もしてこなかった企業が、置いてきぼりを食らってはマズイということで、1社また1社と動き出す。その動きが広がることで、景気全体を大きく押し上げることになる。その辺りからだ、マスコミはじめ国民の多くが景気の回復基調を実感しだすのは。景気回復の初期段階はいつもこんな感じ。そこから先は早い。気が付いたら全員参加型の景気回復となってしまっている。


星野佳路

日本のおもてなしとはなんでしょうか。たとえば、日本の地方を訪れる人にとって、その地方で体験したいことが明らかなわけではありません。むしろ、迎え入れる側の人が、「この地方に来たらぜひこの料理を食べてほしい」と「押しつける」のが日本のおもてなしであり、日本旅館のやり方だったはず。それを海外でも展開すべきだと我々は思っています。つまり、「バリらしさ」をニューヨークやロンドンの本部で考えるのが西洋ホテル流だとすれば、地域の魅力を一番よく理解している現地スタッフが「バリらしさ」を考えるのが日本旅館流。


稲垣浩之

もちろん、不動産投資もリスクはゼロではありません。空室や滞納、家賃相場の下落など、いくつかのリスクは想定できます。ただし、「自分はなんのために不動産投資をするのか」という目的を明確にし、それに合った手法でリスクとリターンのバランスをとれば、リスクコントロールは十分可能です。


永江朗

私は別に尊敬する上司など、いなくてもいいのではないかと思います。ブッダが繰り返し語った言葉に、「犀(サイ)の角のようにただ独り歩め」があります。これは群れずに単独行動する犀になぞらえた言葉で、「犀の一本角のように、独りで自らの歩みを進めなさい」と説いた言葉です。仕事や人生における重要事については、他人に意見を求めるより、自分でとことん考えて結論を出す意識こそが必要なのではないでしょうか。


石田宏樹

ずるをしない人は、困難な状況でも課題に正面から取り組む。そして着実に成長していきます。


蝶野正洋

いまの不況は異常事態だと思っている人が多いけど、むしろいまが普通なんだよ。バブルや高度成長期というのは、みんなが上りのエスカレーターに乗っていて、黙っていても上がっていくことができた異常な時代。いまは、そのエスカレーターが階段に変わっただけ。上にいく方法自体がなくなったわけじゃないから、自分の足で登っていこうと思っているヤツはいまでも十分上がっていけるはず。