名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

タッド・バッジの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

タッド・バッジのプロフィール

L・タッド・バッジ。アメリカ生まれの経営者・銀行家。東京スター銀行会長。米国カリフォルニア州出身。ブリガムヤング大学で経営学・日本語を専攻。卒業後はペイン・アンド・カンパニー日本法人、シティバンク、エヌ・エイ東京支店などを経たのち、GEキャピタル日本法人のCEOとなる。その後、東京スター銀行CEOに就任。同行を3年で東証一部上場企業にした経営者。

タッド・バッジの名言 一覧

私の目標の達成率は、いつも70%くらいです。でも、計画的に行動していなければ、おそらく達成率は10%にも満たなかったはずです。たとえ100%でなくても、目標に近づいたことに大きな意味があるのです。


たとえば友人から映画に誘われたのに、「その時間は読書の予定だから無理なんだ」と断るのは、あまりにも馬鹿げています。目標や計画は絶対的なものではなく、あくまで自分の人生を豊かにするためのものです。その目的から外れていなければ、柔軟に対応すべきでしょう。


月に一回は必ず静かな時間を確保して、計画の進捗状況をチェックします。それに合わせて目標の数値を変更したり、目標や計画を修正することもあります。


私は27歳のとき、ルーズリーフにライフ・ミッションと、価値基準を書いて、それをいまでも大切に持っています。それをもとに毎年、クリスマス休暇に次の年の目標を決めています。ライフ・ミッションは変わらないので、分野が多岐にわたっても、軸がぶれない目標が設定できます。


「仕事」「人間関係(家族・友人)」「社会活動」「自分」の4つの分野に25%ずつ時間をかける必要はありません。4つの目標を天秤にかけてつり合いを取ろうとすると、そこばかりに気を取られて逆に負担になってしまいます。私がイメージしているのは、ボールのジャグリングです。ボールにっよって空中に投げている時間が違ってもいいから、とにかくボールを落とさないようにすることが重要です。


仕事の目標しか持たないと、結局は仕事にも悪影響が出ます。毎日深夜まで仕事をしてばかりいたらパワーが続かないし、家族との関係が悪くなれば仕事にも集中できなくなります。大切なのは、「仕事」「人間関係(家族・友人)」「社会活動」「自分」の4つの分野でうまくバランスを取ることです。


行き当たりばったりで毎日過ごしたほうが気楽だという人もいますが、無計画なビジネスマンは結局仕事に忙殺されてやりたいことを達成できなくなり、ストレスをためるというパターンに陥ってしまいます。充実した人生を送るためには、個人レベルの計画が必要不可欠です。


タッド・バッジの経歴・略歴

L・タッド・バッジ。アメリカ生まれの経営者・銀行家。東京スター銀行会長。米国カリフォルニア州出身。ブリガムヤング大学で経営学・日本語を専攻。卒業後はペイン・アンド・カンパニー日本法人、シティバンク、エヌ・エイ東京支店などを経たのち、GEキャピタル日本法人のCEOとなる。その後、東京スター銀行CEOに就任。同行を3年で東証一部上場企業にした経営者。

他の記事も読んでみる

津賀一宏

伸びている人は、まずしがらみにとらわれない人。自らを枠にはめないということ。そういう意味ではチャレンジ精神があるということ。


森川亮

日本の企業は、平等主義と年功序列によって、「みんなで一緒に上に上がりましょう」という風土があります。しかし、ビジネスの厳しい競争を勝ち抜くには、できる人に思い切り投資した方が投資効率がいい。それが最も成功につながる方法。


中山讓治(中山譲治)

第一サントリーファーマ社長時代、製品の回収を経験しました。そのとき、回収になった原因を検証してみると、製品設計の段階でこういう視点を持っておけばよかった、営業が速めに情報収集をしておけばよかった、生産プロセスでこんなことに気づいておけばよかったと、たくさんの反省点が出てきました。要は、日ごろから連携して仕事をしていれば、回収という事態は回避できたのではないかということです。


小野田寛郎(小野田少尉)

火種は下、薪は上。反対にしては火はつかない。


宮永俊一

私たちは自分たちの分野で必要となる総合的なシステム機能を設計するのが得意なんです。実際のシステム開発は専門の会社にお願いしますが。たとえば、サイバーセキュリティーでは我々が防御装置のコンセプトを設定し、NTTデータにシステムソフトウエアを作ってもらっています。これが一つのモデルですね。ITが本業の企業と真っ向から戦う気はありません。パートナーシップを結び、上手にITを使いこなしたいと思っています。


藤田田

人生は希望を6割達成できればまあまあいい。7割いけば上出来である。8割できれば感謝すべきなのである。


椿進

世界に通用する日本企業は製造業が多い。モバイルやエンターテインメント業界から日本発の世界企業を生み出すことが私の目標です。インデックス・ホールディングスに入ったのは、この会社が世界に一番近いと考えたからです。


安河内哲也

英語は楽しい素材を使って勉強すること。受験英語のイメージが強すぎるのか、英語の勉強というと「難しい素材と真面目に向き合わなくてはいけない」と思い込んでいる人が多すぎます。だから、パーティーで外国の人たちがスポーツや音楽について楽しく会話しているのに、日本人だけが真面目な話をして場をしらけさせてしまう。もっと外国のカルチャーに触れて、楽しみながら英語を学べばいいのです。楽しい素材の代表例は、映画やドラマです。ただ、全編を英語で聴き取るのは難易度が高いので、好きなシーンだけを繰り返し観て、セリフを聴く方法をお勧めします。同じ表現でも、教科書的な朗読を聴くよりは、トム・クルーズの迫真の演技を聴いて覚えたほうが楽しいに決まっています。


宇都宮恒久

「単なる運送業ではなく、サービス業としてのタクシー会社をつくろう」と、この会社を創業しましたが、今ではおもてなしをするサービス業から一歩進めて、「お客さまの人生に触れ、安全を守る仕事である」との使命感を持って取り組んでいる。


吉田穂波

リスニングの勉強としては、英語の格言が入ったCDを繰り返し聴きました。気づきを促したり、励ましを与えたりする内容なので、聴く力だけでなく、やる気のアップにも役立ちました。


富田直人(経営者)

常にチャレンジャーだという意識を持って、これからも会社を成長させていきたい。


坂根正弘

従業員をうまく使いこなすのが経営者や管理職の役割。